マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

四国遠征2018夏 1日目(2) 高知県東部河川

前回の記事→四国遠征2018夏 1日目(1) 徳島県港湾部

skk43.jpg
たぶん中岡慎太郎像

室戸岬でごく軽く観光した後、今夜竿を出す予定の高知東部の河川を目指すことにした。
しかしこのあたりって、四国の内陸部を除くと最も行きにくい地域ですね・・・
高速道路が一切無いため、延々と下道を走って行くしかありません(泣)

skk44.jpg

そして11:30頃、今夜竿を出す予定の高知県東部の中規模河川河口付近に到着!
ここに来るのは今回が初めてで、今回はここでアカメを狙ってみたいと思ったからです
ネットで簡単に調べてみたらこの川の名前が出てたのと、Googleマップの航空写真で見た感じ良さそうだったので来てみました。

第一候補は上の写真を撮った場所で、流れ込みもあって変化が多くてなかなか良さそうな感じだ。
しかし急深そうなのでレンジが絞りにくいことと、「目に見えるポイント」なのでアングラーが入ってしまう可能性が考えられる。
このポイントはとりあえず置いておいて、夜まで十分な時間があるのでポイントを探索してみることにした。

車を走らせ色々回ってみたところ、流芯から外れてはいるががあって、流れが当たるポイントを発見。
ちょうどド干潮だから見えてるけど潮位が上がったら完全に見えなくなる、「目に見えないポイント」の典型ですね。
ただこの場所だと、おそらく下げ5分くらいまでは厳しいかもしれないけど・・・
しかしここならアングラーが入ってくる可能性は低そうなので、今夜はここで竿を出すことにした。

skk45.jpg

しかしこの川、海側に目をやると激しい高波が押し寄せてて、サーファー多数なのに・・・

skk46.jpg

すぐ上流側に目を向けると鮎釣りらしき人が竿を出してて、もうこれわけわかんないです!!!
同じ場所からサーファーと鮎釣りの両方が見れるなんて・・・

とりあえず暗くなるまで車中で寝ようかと思ってシートを倒すが、前日十二分に寝だめしていたため眠れない(汗)
昨日家を出てからほとんど休んでないので疲労困憊なんだけど、眠ることはできないという・・・
仕方なくスマホをいじったりして、体だけ休めて夜を待つことにした。

skk47.jpg

そして日が落ちかけた19:00頃、釣りを開始する。
案の定、第一候補だった「目に見える」ポイントにはアングラーが複数人入ってしまっていて、避けたのは正解だったようだ。
この日の満潮は19:15頃で、まだ潮は緩やかに上がっている状況だ。
本当はウェーディングしたかったけど思ったより深くて無理そうなので、岸から竿を出すことにした。

ちなみに今回は今年購入したスカイロード962Mを使用し、PEライン2号リーダー8号にして、万が一アカメがかかった時のことも考えてます
まあ、アカメは釣れないは思うけど念のためです(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メジャークラフト(Major Craft) スカイロード SKR-962M
価格:16065円(税込、送料別) (2018/8/15時点)


ベイトはボラの稚魚がそこそこ居るようで、まずはプガチョフコブラで沖の流芯付近を探ってみるが、全く反応が無い。
たまに岸際をコイが泳いでいくのが見えるが、もう海の間近なんですけど(笑)
コイに見えて実はアカメ・・・ということも期待したけど、たぶん違うでしょう


パシュッ!


そこそこ暗くなった19:30頃、岸からほど近いところでセイゴっぽいボイルが発生!
急いでその付近にルアーをキャストしてみるが、全く反応しない(泣)
その後も何度かボイルは出るんだけど、何やっても反応しない・・・
いわゆる「食わないボイル」の典型例のようです

やむなく状況が変わるまで、自身の休憩も兼ねつつ竿を休めてみるが、特に状況は変わらない。
まだ潮位が高いし、しばらくはこの状況が続くだろうなあ・・・

ailesb105f_02.jpg

このまま下げ5分までボーっとするのも何なので、ここでルアーをアイルマグネットSB 105Fにチェンジ。
ちなみに今回はランカーも念頭に置いてるので、フックが大きい(強い)、2連フックの大き目のルアーを優先的に選んでます。
大きいルアーでも3連フックのやつだと、フックが#6だったりして弱いですからね・・・

アイルマグネットSBを適当に沖にキャストし、カポカポ言わせながらリトリーブしてみる。


パコッ!


!?

今まで何を通しても反応が無かった、ボイル頻発地点でバイト発生!
これで期待が持てたのでアイルマグネットSBのキャストを繰り返すが、後が続かない(泣)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス(TACKLE HOUSE) K2F122 122mm 102 パール×チャート
価格:2232円(税込、送料別) (2018/8/15時点)


この後、K2F122のピックアップ直前でセイゴがバイトしてきたがやっぱり乗らずで、反応もやっぱりそれっきりとなってしまう。
うう~ん、アカメはともかく初場所でいきなり釣り上げるのは虫が良すぎる話か・・・?

時間は22:00となり、だいたい下げ5分くらいとなった。
休み休みとはいえもう3時間弱も釣りをしてるので、かなり疲れてきた・・・
この潮時で何の変化も無かったら、もうやめようか・・・


パゴッ!


日中に目をつけていた沖合のの付近で、ボイルが発生!考えは間違ってなかった!!!
しかし瀬の位置はかなり遠くなかなか届く距離ではないため、今年購入したこのルアーを使用することにした。

popopen1.jpg

ジャンプライズの、ポポペン95Fというペンシルベイトです。
実は何も考えずに、後方重心で飛距離が出そうなペンシルベイトというだけで購入したルアーです。
てっきりオフショア用のペンシルだと思って買ったのですが、後から調べたらヒラスズキ用だったらしいです
ちなみにフックサイズは#4にして、淡水域でも浮くようにチューンしてます。

ポポペンを、50m以上先の沖合の沈み瀬付近にフルキャスト。
たまにポーズを入れつつ、高速ドッグウォークしてくる。


ガポッ!


!!!

ポポペンに、ヒット!
そこそこ引くけど、ミディアムロッドだしPE2号なので寄せるのには苦労しなかった。
しかし寄せてきたら激しくエラ洗いやテイルウォークを何度も繰り出してくるので、全く気が抜けない。
少しおとなしくなってきたところで、タモでランディングする。


hs02_58.jpg

釣れたのは、58cmのヒラスズキでした!!!
体高があるので、同サイズのマルスズキよりはよく引いたので面白かったですね。
さずがポポペン、ヒラスズキ用のペンシルベイトなだけあります!
ヒラが釣れたのもうれしいですが、やっぱりトップで釣れると本当に楽しいです。

しかしボイルはそれっきりとなってしまい、ポポペンでもこれ以上反応が出なかった。
時間は22:30となりかなり疲れてきたので、そろそろ上がろうかな・・・


最後に、本日徳島のサンジョイで購入したばかりの、ローリングベイト88でシメとすることにした。
ローリングベイトはいつも、河川の釣りではシメに77サイズを使用してますが、88サイズは今まで使ったことがありません。

ローリングベイト88を瀬の付近にキャストし、ファストリトリーブすることを繰り返してみる。


ググンッ!


ローリングベイト88に、ヒット!
サイズはさっきと同じくらいだったけど、水面でエラ洗いした時にフックを曲げられてバラシ!!!(泣)
ローリングベイトってどのサイズも、弱いフックがネックだと思いませんか・・・?
あとST-46じゃなくてST-41TNだったら、曲げられてバレることも無かったと思います。

この後は反応が無くなってしまったので、23:00頃に終了することにした。

vlcsnap-2018-08-15-02h43m37s911.jpg

アカメが釣れなかったのは残念ですが、ヒラは釣れてボウズじゃなかったので、初場所としてはまあ上出来?でした
これで四国で開拓できたポイントがまた一つ増えましたが、本当に行きにくい場所なんだよなあ・・・

この次は高知市内で竿を出すべく、また北西へ向けて車を走らせることにした。

四国遠征2018夏 2日目 高知港湾部~四万十川につづく

本日のタックル
ロッドスカイロード SKR-962M(メジャークラフト)
リール16セルテート 3012H(ダイワ)
ラインラピノヴァX マルチゲーム 2.0号32.8lb(ラパラ)
リーダーVARIVAS VEP ショックリーダー 8号30lb(モーリス)
ルアーポポペン95F(ジャンプライズ) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Cpost】ジャンプライズ ポポペン95F #07 小サバグリーン
価格:1658円(税込、送料別) (2018/8/15時点)


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/08/16(木) 01:12:54|
  2. 遠征釣行記
  3. | コメント:4

四国遠征2018夏 1日目(1) 徳島県港湾部

さてようやく盆休みがやって来ましたが、地元のポイントは正直言って壊滅状態です。
水温はついに32度を超えてしまい、ほんと過去に経験したことが無いほどの高水温です
前にホームポイントに行った時、なんか水面にモヤがかかってる・・・
どうやら夜の気温より水温の方が高いため、水面から湯気が出ている状態だったようです(大汗)
冬の朝だったらそういうこともあるかもだけど、まさか真夏にこんな事態になるとは・・・

そんなわけで地元は期待できないので、今回もまた四国に遠征することにしました。
長期連休のたびに行ってるので、最近はほんともう「遠征」という感じが希薄になっちゃってますが・・・

vlcsnap-2018-08-14-21h48m21s637.jpg

8/11の22:00頃に自宅を出発するが、東名阪の亀山付近で恒例の大渋滞に遭遇する(泣)
ほんと、伊勢湾岸道と新名神の接続を、ただでさえ交通量の多い東名阪にしたのはアホとしか思えません・・・
週末になるとサンデードライバーが必ず事故るし、早いとこ何とかしてほしいところです。

しかし盆休みの帰省時期といえど、深夜帯にここまで渋滞するのは過去にも経験がありません。
これは「盆休み初めのETC休日割引無し」の影響で、深夜割引狙いの交通量が増えたことが原因かと思います。
あのさあ・・・混雑回避が目的だったらさ、盆休み中すべて休日割引にすればいいだけの話だろ・・・

東名阪の大渋滞で大幅に時間を食ってしまったので、休憩もせずにひたすら四国へとむけて車を走らせ続ける。
交通量は多かったものの新名神以降は渋滞することも無く、明石海峡大橋経由でわりとすんなり四国へ上陸。

vlcsnap-2018-08-14-23h31m52s324.jpg

しかし相変わらずすごい高速料金です!(泣)
ほんと日本って公共交通機関も高いけど、高速料金もクッソ高いよなあ・・・
ちなみに私の車はハイオク仕様で燃費もリッター7~9kmくらいなので、ガソリン代も半端ないです。
正直こんな贅沢(?)、年に何回もできません!!!


skk38.jpg

そして予定より30分以上遅れた2:30頃、徳島のポイントに到着!
もう感覚がマヒしてて、徳島だと「近い」と思ってしまいますね・・・
このポイントは一昨年見つけたポイントで、明暗部にセイゴがびっしり着いててバイトも何度も拾ってるんですよね。
とりあえず四国に来たからにはボウズだけは避けたいので、最初にここでランガンしてボウズ逃れをしようかと(爆)

後から調べたらわりと人気のポイントらしいんだけど、上げ潮なのでやっぱり先行者は無しだ(笑)
上げ潮なのに潮がぶっ飛んでいて、三河湾エリアの下手な下げ潮より速いです

タックルをセットしていると、明暗の境で「バシャッ!」とボイルらしき音が発生!
急いでタックルをセットしてTDペンシルをキャストしてみるが、全く反応が無い。
ルアーをチョーサンやローリングベイトに代えて探ってみたりしても、全く反応がない。
うう~ん、スレてるのだろうか・・・?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ モアザン ソルトペンシル70F
価格:1399円(税込、送料別) (2018/8/14時点)


ボイルはごくたまに発生してたが、30分ほどしたらボイルも無くなってしまう。
ここは手前の橋脚が近すぎ、また潮も速すぎるので、明暗を探りきれないんだよね・・・
3:00頃、あきらめて本命ポイントに移動することにした。

skk39.jpg

潮下にある、過去2回シーバスを釣り上げた実績のある橋下明暗部に移動してみるが・・・
なんと、肝心の手前側と橋の真ん中の2つの街灯が消えてしまっている!(死)
マジかよ・・・これでは全く期待できない
数回投げてみたがやはり全く反応が無かったので、次のポイントに移動することにした。

skk40.jpg

3:30頃、さらに潮下にある橋下明暗部に到着。
ここは一昨年、明暗部じゃなくてもボイルが出まくってたポイントで、同じ状況になればかなり期待が持てるかと・・・

ちなみに一昨年初めて来たとき地元の人に聞いたのですが、ザ・フィッシングでチニングポイントとして放送されたらしいです。
テレビを滅多に見ない私もたまたまその回は見てたんですが、ここだとは思ってませんでした
どうりで、あの時はアングラーが多かったわけだ・・・今日は誰も居ないけど(笑)


ボシュッ!


!!!

潮下側の明暗の境で、ボイルが発生!
明暗部のシーバスは潮上側の明暗に居るのが普通だけど、上げ潮の時は潮下側に居ることも多いのだ。
ただこの場合、明暗部に流し込んで釣ることが不可能なので、ほんとに攻め方に困ります・・・

取り急ぎ橋下から潮下明暗に向けてペンシルベイトをキャストしてみるが、全く反応が無い(泣)
ほんと攻め方が難しいなあ・・・まあ、ベイトが多いので、ルアーには反応しにくいこともあるだろうけど。
攻めやすい潮上側の明暗の境ではボイルはほとんど出ないため、ほぼ手詰まりとなってしまう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュオ(DUO)タイドミノー 145SLD-S ABA0047 チャートヘッドアカキン
価格:1458円(税込、送料別) (2018/8/14時点)


下のレンジも探ってみようと思い、高知の河川で使用する予定だった、タイドミノー145SLD-Sのアカキンにチェンジ。
照明の色がオレンジ色なのでアカキンがいいかと思って、このルアーを選んだのはただそれだけの理由です(笑)
こんなでかいルアー、もし三河湾の港湾部で使ったら120%何の反応も無いだろうけど・・・

明暗の境付近にキャストし、橋下の暗がりに流し込むようにしてミディアムリトリーブしてみる。


グンッ!


!?

タイドミノー145SLD-Sにチェンジして、キャスト一発でバイト発生!しかし乗らず。
う~ん、レンジが少し下だったか・・・しかしこの後は、見切られたのか反応が無くなってしまう(泣)
この場所に移動した時、大場所なので小さいルアーは車に置いてきてしまったので、シンキングミノーはこれしか入ってないのだ。
うう~ん、ルアーセレクト失敗した・・・

skk41.jpg

ボイルはたまに出ていたけど、時間が経つにつれてボイルの頻度が下がってきてしまう。
だんだん東の空も明るくなってきてしまったので、そのせいかもしれないけど・・・
一昨年に来たときはむしろ明るくなってきた時のがボイルが多かったけど、今回はそうならないみたいだ(泣)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス ローリングベイト77#12【ゆうパケット】
価格:1458円(税込、送料別) (2018/8/15時点)


シンキングミノーはほとんど無いけど、ローリングベイト77なら持ってきていたので最後にローリングベイトにチェンジしてみることにした。
まあこれで釣れなければ、あきらめるしかないでしょうね・・・
ローリングベイトを明暗の境にキャストし、少し沈めて明暗部に流し込みつつファストリトリーブしてみる。


グン、グンッ!


!!!

ローリングベイトでも、バイト発生!しかもまたもや乗らず(泣)
どうしてこうまでも乗らないのか・・・活性が低くて、食い込みが浅いのだろうか???

その後、ローリングベイトでもう一回だけバイトを拾うがそれっきり。
明るくなるとボイルは全く無くなってしまい、5:00頃終了することにした。
うう~ん、徳島でボウズ逃れする予定だったのに・・・(泣)


vlcsnap-2018-08-15-00h27m04s557.jpg

そしてここから、次の目的地である高知東部の河川を目指して、徳島から南下してゆく。
途中、徳島のサンジョイに寄ってルアーとフックを調達する。
サンジョイは珍しく、カツイチ(デコイ)のフックを大量に扱ってるので、徳島に来たときはほとんど寄ってます!
http://sunjoy.biz/

skk42.jpg

そして今回は、昨年来たときは駐車場が満車で入れなかった、室戸岬にも寄ってみました!
まあ荒磯の光景なら伊○湖岬とか和○でも見られるので何の感動も無いわけですが(笑)、来てみたので一応・・・
観光はそこそこにして、ここからまた北西に向けて車を走らせ、次の目的地を目指すことにした。

四国遠征2018夏 1日目(2) 高知県東部河川につづく


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/08/15(水) 00:48:57|
  2. 遠征釣行記
  3. | コメント:2

シマノ ピットブル12 インプレ

さて私は、過去に色々なPEラインを試してきて、簡易的なインプレは使用したPEラインの評価という記事でまとめてます。
しかし今まで、「これだ!」と言えるPEラインには出会ってないんですよね。
最高評価は今のところ東レのシーバスPEパワーゲームですが、8本撚りで高価なこともあって常用するには至ってません

さて逆に、今まで使ったPEラインの中で最低評価のラインは・・・

duel_smooth.jpg
↑これと思われた方、惜しいです!これはワースト2位です(爆)
古くからのシーバスアングラーの間で伝説となったス○ーズを上回るほどの酷いPEラインが、実は過去に存在したんですよね・・・

dura_arc.jpg

それはシマノのデュラAR-Cで、ここまで酷いPEラインは今まで使ったことありません!
実は某インプレサイトでやたらと評価が良くて、それを信じて購入してみたんですが・・・
今思うとあれはステマだったんでしょうね

実際、釣具も色々なところでステマされているのは間違いありません。
怖っ、と思ったのは、昔デ○エルのス○ーズの批判的記事を書いてるブログがありました。
するとそのブログ記事にデ○エルの人からコメントが来てて、そんなはずないからその製品を送ってくれとかなんとか・・・
おそらくメーカーの人も、釣りブログとかを頻繁にチェックしてたりもするんでしょうねえ。
もっとも、メーカー社員自らじゃなくても、契約テスターの人とかに宣伝とか批判潰しとか、色々書いてもらってる可能性も考えられますね。
そういえば俺のところにも、アー○ードF+のインプレ書いたらなんか変なコメント来てたっけ(爆)

まあ話をデュラAR-Cに戻しますが、100mで3,000円もする当時としても高価なラインでした。
しかし締め込みでブチッ!ガイド絡みでブチッ!おまけにコーティングも早々に落ちてしまい、バックラッシュ多発・・・
たぶん後にも先にも、ここまで酷いPEラインに出会うことは無いでしょう(泣)
あ、剛○Xもかなり悲惨だったという話を聞いてますが、私は地雷と思って使わなかったのでわかりません

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ パワープロZ イエロー 150m
価格:1710円(税込、送料別) (2018/7/30時点)


その後、初代パワープロおよび4本撚りとなったパワープロZが出てきたので、どちらも発売されてすぐに飛びつきました。
初代パワープロは1号以下は3本撚りということもあって糸鳴りや糸ヨレが激しかったですが、安定性はまあまあ良かったです。
ところが、期待して購入したパワープロZに至っては、締め込みでブチッ!ガイド絡みでブチッ!
安定性がかなり低く、まさにデュラAR-Cの悪夢を思い出しました・・・ふつう、進化するはずなのにまさか退化するとは・・・
シマノはその他にもブチブチ切れるヘラブナ用ハリスにも当たったことがあり、もうラインについては全面的に信用していませんでした。


そんなわけで「シマノのラインなんか二度と買うか!」と思っていたのですが、今年シマノからこんなラインが新発売されました。

pitbull12.jpg

ピットブル12というラインで、なんと12本撚りという非常に豪華なラインです
実は今年の3月にはもう購入していたのですが、しばらく使ってみないとインプレできないので書いてませんでした。
ちなみに名古屋港シーバス がっ釣りブログ!!のネモさん押しのラインなので、信用して買ってみました(笑)

ところで「ピットブル」というと、古くからのシーバスアングラーならプエブロのピットブルの方を連想すると思います。
いったい、商標とかどうなってるんでしょうかね・・・大企業のシマノなのでなんでもありなのでしょうか?(爆)


プエブロ ピットブル90F

さてピットブル12は12本撚りにも関わらず、価格が安いのが特徴です。
ふつう多本撚りのPEラインは非常に高価で、例えば8本撚りのシーバスPEパワーゲーム、WX8、マックスパワーなんかは3,500~5,000円くらいはしてしまいます。
しかしピットブル12は150m巻きで2,300~3,500円くらいと、8本撚りラインより安くなっています!
これはシマノさん、商売成り立つんでしょうか・・・?

↓送料抜きならamazonより楽天のが安かったです
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ ピットブル12 サイトライム 150m 0.8号 18.3lb(8.3k...
価格:2246円(税込、送料別) (2018/7/30時点)


価格が安くても性能が悪かったら意味が無いのですが、ピットブル12はかなりの高性能です。
12本撚りのラインの上にコーティングが施されており、コーティングが残っている間はやや張りがあります。
コーティングが落ちてきてもすべすべのPEライン本体が出てくるので、糸鳴りとは無縁のラインとなってます。

特筆すべきはバックラッシュが非常に発生しにくいということで、3ヶ月以上使ってまだ一度もバックラッシュ・キンクが発生していません。
主にバチ抜けシーズンに使用してたので、引き抵抗の小さいシャローランナーやシンペンを多用していたのですが、それでも全く大丈夫でした。
これはバックラッシュに悩まされている方々には、かなりおすすめできるのではないかと思います!

pitbull12_2.jpg

私が購入したのは0.6号の150m巻きでした。
本当は0.8号が欲しかったのですが、3月の時点では150m巻きしか売ってませんでした。(今は200mもあります)
シマノのC3000Sスプールだと0.8号は100m強しか巻けないので、やむなく150mぴったり巻ける0.6号にしたんですよね(泣)
シマノさん、どう考えてもC3000Sスプールは浅溝すぎます・・・

しかし0.6号を選んだのは結果的には正解で、0.8号4本撚りのPEと比較して飛距離がかなり向上しました!
0.6号という細さでもラインブレイクしたことは一度も無く、安心してシーバスを寄せることができます。
もちろん、デュラAR-CやパワープロZみたいに締め込みで切れるようなことはありません

3ヶ月くらい使用したんですが、特にささくれることもなく、色落ちもあまりなく耐久性はけっこう高いのではないかと思います。
念のため10mくらいは切って捨てましたが、このペースなら来年まで使えてしまいそうな気が・・・(笑)

pitbull12_3.jpg

さてほとんど欠点が無いラインなんですが、ちょっとだけ残念だったところがあります。
それは初期コーティングの滑りが悪いというところです。
なんかややゴム質っぽいコーティングで、そのままだとガイド通りが若干悪いんですよね・・・
過去にデ○エルのス○ーズを使ったことがある方ならわかるかと思いますが、あんな感じのコーティングです。
もちろん、あそこまで酷くはありませんが・・・

しかしこれは、コーティングスプレーを使用することで劇的に改善します。
ほんと全く別物かというくらいに改善するので、コーティングスプレーは是非にも使用することをおすすめします!
私は安いシリコンスプレーを使っていますが、もちろん「PEにシュッ!」とかでもいいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エーゼット AZ】HSシリコーンスプレードライ 420ml 22
価格:320円(税込、送料別) (2018/7/30時点)



ピットブル12は非常に気に入っていて、シマノのラインで初めて「素晴らしい!」と思いました
しかし私の港湾部メインラインはいまだにラピノヴァX(マルチカラー)で、ピットブル12に乗り換えるには至ってません。
というのもやはり港湾部では護岸とかカキ殻とかにPEラインが触れてしまうケースがあるので、根ズレに弱い多本撚りはメインにしにくいんですよね・・・
なのでピットブル12を使うのは、根ズレとかの心配が無い比較的オープンな場所が多いです。



あとラピノヴァXマルチカラーは10mごとの色分けラインなので、お得な200m巻きを買って100mずつ分けて使えるのでコスパ最強です。
今のところピットブル12は単色のみなので、こういった使い方はできないんですよね・・・(タナトル8ならある)

しかし価格は安いし使い心地は最高なので、もしライン管理のしやすい色分けライン(タナトル12?)が出たら、完全に乗り換えるかもです。
PEラインについてやや辛口な私が褒めるのだから、おすすめ度はかなり高いです!(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ ピットブル12 PLM62R サイトライム 0.8号 200m / PE...
価格:3385円(税込、送料別) (2018/7/30時点)


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/08/04(土) 03:01:02|
  2. ライン
  3. | コメント:6

かなり状況悪いけど・・・[2018/07/28(Sat) 三河湾エリア]

前に書いた通り仕事が忙しくあまり釣りに行けてませんでしたが、最近ちょっと落ち着いてきました。
そんなわけで2回ほど仕事帰りに短時間竿を出してみましたが、かなり状況悪いですね・・・
私のホームでは水温が31.5度にもなってて、猛暑の悪影響がかなり大きいです
例年ならこの時期でもセイゴくらいは釣れるんですが、その反応も無く結局釣れませんでした。

さてそんなこんなでようやくまともに釣りに行ける週末が訪れましたが、大潮なので下げ潮だと先行者ありの可能性大。
まあ、もっとも下げ潮だと釣れないことは確認済みですけどね
そんなわけで台風が来る前に、上げ潮時を狙って釣行しておくことにしました。


日時:2018/07/28(Sat)
場所:三河湾エリア・港湾部
潮汐:大潮 (満潮 5:45)
:北西 2~3m/s
天候:曇り


mpm372.jpg

1:30頃、三河湾エリア港湾部のホームポイントに到着。
週末で大潮なんだけど、上げ潮なので誰も居なかった(笑)
ほんとどうして、下げ潮の時しか来ないアングラーがほとんどなのはなぜなんでしょうか・・・?

状況としてはベイト(ボラの稚魚)はここ最近のうちでは良く入っているけど、やはり例年と比べると少ない。
ボイルも出てないし、ボラの稚魚も全く警戒しておらずの状態で、相変わらず悪いままのようだ・・・
ただ大潮の上げ潮ということもあって流れは緩やかながらも出てるし、ここ最近では一番状況としてはいいはず。

まずは極小ペンシルベイトのパルダムで、岸際にあるストラクチャーまわりを探ってみるが、全く反応が出ない。
例年なら必ずチビセイゴくらいは着くんだけど、今年はこの時期に至ってもノーバイト
例年の常識は通用しないのかもしれないなあ・・・


岸際は期待薄なので、まだ潮位が低いけどドシャローエリアへ移動してTDペンシル70Fで探ってみる。
しかしこの時期めっぽう強いはずのTDペンシルでも全く反応が無い。
やむなく竿を休めて、回遊してくるのを待ってみることにした。

しかし、30分、1時間経過してもボイルも起こらず、ベイトも落ち着いたまま(泣)
これではトップで出る気はしないし、ちょっと攻め方を変えてみるか・・・

rb55_02.jpg

ここでルアーを、ローリングベイト55にチェンジ。
ローリングベイトのいいところは、高速でリトリーブしても動きが破綻しないことと、ドシャローでも使えることです
私はむしろ、水深のあるポイントではローリングベイトで釣れたためしがないです(笑)

ドシャローの向こうのブレイクにキャストし、少し沈めてから竿を立ててファストリトリーブしてみる。


グン!


!?

ボイルも何もなかったのに、ヒット!
したけど、エラ洗いでバラシ!!!(泣)
まあ、40cm台の感触だったからまあいいけど・・・

しかし少し下のレンジに居ることはわかったので、しつこくブレイク周辺にキャストを繰り返してみる。


グッ!


ほどなくして、またヒット!
今度も小さく、足元まで寄せて見たら40cmあるかないかだけど、久しぶりの地元シーバス。
念のためタモでランディングしようと用意していたら、フックアウト!!!(死)
うう~ん、即座にブチ抜いていればバレなかっただろうに・・・

mpm139.jpg

この後は反応が無くなってしまい、少し深場に移動してバイブレーションで探ってみるも、全く反応が無い。
上げ潮なのにバイブで出ないとは、やっぱり状況が悪いとしか言いようがないなあ・・・
時間は3:00を過ぎてしまい、帰る前にもう一度さっきのドシャロー周辺を探ってみることにした。


ここでルアーは、邪道のスーサンにチェンジ。
スーサンかアスリート7Sで釣れなければ、完全に居ないものとして安心して帰れます

スーサンを先ほどと同じく、ブレイクの向こうにキャスト。
小さなトゥイッチを入れつつ、ややスローにリトリーブすることを繰り返してみる。


クン!


スーサンのボウズ逃れ作戦、成功!


m344_20.jpg

なんとか釣れたのは、20cmちょいくらいのチビセイゴでした。
まあこんなのでも、久しぶりの地元シーバスなので少しうれしいです

その後は全く反応が無く、雨も心配になってきたので3:30頃終了することにした。

mpm082.jpg

さて今回はトップでは全く反応が無く、シンキングのローリングベイトとスーサンのみしか反応がありませんでした。
またシーバスは居たのに、表層のボラの稚魚は落ち着いていました。
これらのことから、ひょっとしたらシーバスのターゲットが小ハゼに移行してるかもしれないとも思えます。

そうなると、例年のように秋口までトップをメインで攻めるのは、難しくなってしまったかもしれません・・・
どうせ釣るならトップで釣りたいんですけどね~

本日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ76ML(がまかつ)
リール12セフィアCI4+ C3000HGS(シマノ)
ラインラピノヴァX マルチカラー 0.8号17.8lb(ラパラ)
リーダートヨフロンLハード 4号(東レ)
ルアースーサン(邪道) 他


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/07/29(日) 03:01:07|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:4

富山滋賀プチ遠征2018夏(2)

前の記事→富山滋賀プチ遠征2018夏(1)

vlcsnap-2018-07-16-21h03m26s761.jpg

神通川(富山)とかで竿を出した後、石川、福井の河川に心惹かれながらも、一気に北陸道を西進する。
というのも、次の目的地はなんと滋賀県です!
行きと帰り同じ道を通って帰るのが嫌いということもあって、北陸道で帰るのは予定内ではあるけど・・・
もちろん滋賀県は海が無いのでシーバス狙いではありません。

DSC_0015_2.jpg

そして7/16の2:30頃、滋賀県内のとある河川に到着。
東海北陸道の一件もあって余裕をもって早めに出てきたけど、今度は早く着きすぎた・・・

このポイントにどうしても寄りたかったのは、先月も琵琶湖に行く前に来てるけど、釣果はニゴイ1尾のみ。
ここでナマズが釣れなかったのが心残りだったんですよね
ただ正直、少なくとも地元ではナマズは産卵後で低活性の時期にあたるので、釣れるかどうかはわからないけど・・・
ちなみにタックルは神通川の時と同じ、95MLのシーバスロッドとリールダイワ3000番台をそのまま使ってます(爆)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガイア ぬし撃 15g #01 レッドヘッド
価格:583円(税込、送料別) (2018/7/16時点)


最初に使うルアーは、ガイアの「ぬし撃」をチョイス。
どう見てもジッターバグの型コピーなんですが(笑)、ひどく浮き姿勢が前傾になっててダメダメです・・・
イーグレット バスノイジーもそうだったけど、こういうパクリ品ってどうして同じ欠点を抱えてるんですかね???
たぶん、中国の同じ会社でコピー品作ってるんでしょうね・・・

ここは橋下明暗部になってるので(笑)、明暗の境付近にルアーをキャスト。
カポカポリトリーブしながら、明暗の境に流し込んでゆく。


ジョポッ!


キャスト一発目から、バイトが発生!しかし乗らず。
その後も何度かキャストしてみるが同じで、ミスバイトばっかりで全然乗らない。
ペンシルベイトに代えてみても同じで、本当に捕食が下手だなあ・・・
まあ、たぶんアイツなんだろうけど・・・

sfour11_02.jpg

ここでルアーを、エフテックのエスフォー11にチェンジ。
シーバスルアーの上にイワシカラーですが(爆)、このルアーは水面で激しくウォブリングします。
ペンシルベイトのドッグウォークに近い効果が得られるので、トップが苦手な人にはおすすめです!

エスフォーを明部に着水し、竿を立ててリトリーブしながら明暗の境に流し込んでみる。


パコッ!


ようやく、ヤツがヒット!!!
かなり引きが強く暴れまわるが、9'5"ミディアムライトのシーバスロッドなので苦労するほどでもない(笑)
けっこう重量があるので、ブチ抜きは危険と思いタモでランディングする。


nigoi12.jpg

はい、狙い通り?のニゴイ58cmでした
しかしニゴイは良く引きますね・・・こんなの、ショボいバスタックルなんかで掛かったら大変でしょうねえ。

ニゴイはもういいので(笑)、ジッターバグに戻して下流側の明暗を探ってみるが、全く反応が無い。
う~ん、季節的にナマズはもうダメなのかな・・・
もう一度、先ほどニゴイを掛けた上流側の明暗部に戻ってみることにした。

g670_02.jpg

ここでルアーを、ジョインテッドジッターバグ5/8oz(G670)にチェンジ。
本当はラトル入り(G675)の方がいいんだけど先日ロストしてしまい、これしか売ってなかったのでやむなく購入しました。
その代わり腹にブレード(コロラド)を装着して、リトリーブするとカンカンうるさく鳴るようにしてます
ジョイントは重量があるので、普通のジッターバグより遠くを攻めたいときには重宝しますね。

また同じように明暗の境付近にキャストし、リトリーブしてみる。


バコッ!


!!!

乗らなかったけど今のバイトはニゴイじゃなくて、明らかにナマズのバイト!
期待を込めてキャストを繰り返してみるも、後が続かない。
もしかして見切られたか・・・?ルアーを交換して対応してみようか・・・

ailesb105f_01.jpg

ここでいったん車に戻って、シーバス用に持ってきたデュエルのアイルマグネットSB 105Fに交換してくる。
インプレ記事の方でも書いてますが、このルアーはシーバスルアーですが、動きはまさにジッターバグです!
実際ナマズの釣果もありますし、このブログのタイトル画像のとおりシーバスの釣果もあります(笑)

アイルマグネットSBをフルキャストし、明暗の境付近をリトリーブしてみるが、出ない。
うう~ん、これでもダメなのか・・・?


ボコッ!


!?

ピックアップ直前、足元でナマズがヒット!!!
まあまあのサイズっぽいけど足元でヒットしたこともあって、寄せる手間はほとんどなかった。
そのまま一気に竿でブチ抜いてしまう。


n76_61.jpg

サイズは61cmで、久しぶりに良型釣りました!
たぶん明暗の境からずっと追いかけてきて、ピックアップ直前に慌てて食いついてきたんだろうなあ・・・
デュエルさん、今はやりのナマズ釣りにも有効なので、ぜひにもこのルアー復活させましょう!

さすがに明暗の境は叩き切ってしまったので、ナマズの反応はもう出なかった。
しかし明暗の上流側ではベイトが騒がしいので、そちらを探ってみることにした。


ルアーは再びジョイントジッターバグ(G670)にチェンジ。
明暗の上流部の暗い付近に、キャストを繰り返してみる。


ガポッ!


!!!

まだ、ナマズが居た!?
今度は遠方でのヒットなので寄せてくる必要があったけど、95MLのシーバスロッドなので楽勝だ(笑)
寄せたところで、竿でブチ抜き。


n77_59.jpg

今度はさっきより少し小さい59cmでしたが、重量があってナイスコンディションのナマズでした!
いや、最近は色々ナマズルアー出てますが、やっぱりオリジナルのアーボガストジッターバグが一番いいですね~
今のところジッターバグを超えるルアーは、私の作ったウッド製のノイジーのみです

その後再び、明暗をジッターバグで探ってみる。


ポコンッ!


nigoi13.jpg

再び、50cm台のニゴイ。
う~ん、コイツらが邪魔しなければもっとナマズ釣れそうなんだけど・・・恐ろしいほどの魚影の濃さです(笑)

時間は4:00前となり、少しずつ東の空が明るくなってきた。
ここで完全にニゴイ狙いに切り替えるべく(爆)、このルアーをチョイスする。

sl14_02.jpg

ニゴイキラーの(笑)、ダイワのショアラインシャイナーSL14 F-Gにチェンジ。
いやニゴイだけじゃなくて、ビワコオオナマズもイワトコナマズもケタバスも掛けてる、淡水魚には異常に強いルアーなんですよね
もちろん、前回の記事でシーバスを掛けてますし、本来の用途でも強いルアーなんですが・・・
比重が淡水だとサスペンドになるので、そのあたりが淡水で強い理由なのかもしれません。

SL14を明部にキャストし、ミディアムリトリーブで明暗の境付近を通してみる。


グンッ!


nigoi14.jpg

ただ巻きであっさりと、60cm弱のニゴイをゲット
ミノーを使うと、本当に簡単に釣れますね・・・なんでブームにならないんでしょうか?(笑)

ところで今回初めて、16セルテートで引きの強い魚を何回か掛けました。
しかしドラグはほとんど締まったままで、ラインが出て行ってくれません・・・
前回の記事でシーバスバラしてるのも、素直にラインが出てくれなかったATDのせいかもしれません。
だからといってドラグを緩めるとズルズル出て行ってしまいまくるし、ATDは何がいいのかわかりません・・・(泣)

nigoi15.jpg

この後もう1尾追加するが、その後は反応が悪くなってしまう。
たぶん完全に夜が明けたらもっと釣れると思うんだけど、これだけ釣れればもう十分だ。
近くにバサーもやってきたみたいだし、完全に夜が明ける前の4:00過ぎに終了することにした。

vlcsnap-2018-07-16-22h44m37s258.jpg

今回のプチ遠征は、シーバスは1尾だけでショボかったですが、ナマズは2尾釣れたのでまあまあでした
しかし遠征はガソリン代も高速代も掛かるし、そうそう行けるわけでもありません・・・
やっぱり普段は矢作川みたいな人ばっかり多くて全然釣れない河川で、釣りをするしかないようです(泣)

本日のタックル
ロッドモアザンブランジーノ95ML WADING CUSTOM(ダイワ)
リール16セルテート 3012H(ダイワ)
ラインアバニシーバスPE マックスパワー 1号18.1lb(モーリス)
リーダートヨフロンスーパーL・EXハイパー 5号(東レ)
ルアージョインテッドジッターバグ5/8oz G670(フレッドアーボガスト) 他


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/07/19(木) 23:53:25|
  2. 遠征釣行記
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (197)
ナマズ釣行記 (27)
遠征釣行記 (35)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
その他の釣り (3)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (34)
タックル (51)
ロッド (11)
リール (20)
ライン (5)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (14)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR