マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

ラピノヴァXのインプレ(今さら・・・)

以前ピットブル12のインプレを書きましたが、そういえばメインで使ってるラピノヴァXのインプレはまだ書いてませんでした
もう発売されて何年も経ってて「今さら・・・」という感じですが、ググってみてもラピノヴァXのインプレは案外少ないです。
なので何かの参考になるかと思い、長年使ったインプレを書いてみようかと思います(笑)



ラピノヴァX マルチゲームが発売されたのは、2009年頃だったかと思います。
しかしアングラーの激増に嫌気がさしてシーバスフィッシングを3年間休止してたので、2012年まで買ったことが無かったんですよね。

シーバスフィッシング休止前までメインで使っていたのは、バークレイのファイヤーラインEXTというラインでした。



ファイヤーラインEXTはファイヤーラインオリジナルほどガチガチコーティングではなく、軽めのコーティングが施されていたラインでした。
耐久性はイマイチでしたが、ファイヤーラインオリジナルのようにブチブチ切れることも無く、なかなか良いラインでしたね。
ところがシーバスフィッシングを再開した頃にはほどなく、生産中止に・・・
そんなわけで、似たような性質っぽくて価格も安い、ラピノヴァXに白羽の矢が立ったのでした。


◇ ラピノヴァXについて

さてラピノヴァXですが、4本撚りのPEラインにコーティングが施されたラインです。
この廉価帯のPEラインはポリエステルとのブレイドライン(ハードコアX4など)が多いんですが、ラピノヴァXにはその旨の表記がありません。
なので純PEにコーティングをしたラインじゃないかと思います。たぶん

↓ハードコアX4も悪くないラインなので、そのうちインプレしたいです。

なおラピノヴァXはかつて、「ダイニーマ100%」との表記がありました。
(ダイニーマは東洋紡の登録商標で、PEラインの原糸のことです。)
ところが最近発売されているラピノヴァXからは、「ダイニーマ100%」の表記が無くなっているのが気になります・・・
まあだからといって弱くなったと感じることも無いので、問題ないかと思います。


◇ ラインの性質

ラピノヴァXのコーティングは比較的厚めですが、ファイヤーラインオリジナルほどではないです。
新品時にはそこそこ張りがあって硬い印象を受けますが、1ヶ月ほど釣行したらほとんど落ちてしまうのであまり意味が無いです(笑)
色落ちも、わりと速い方かと思います。

4本撚りということもあって、8本撚りPEラインより1本1本が太いので、根ズレなどには比較的強い方です。
わりとハードな私のホーム周辺では、4本撚りのラインをメインにせざるを得ません・・・


◇ 安定性

rpnv02.jpg

強度の安定性ですが、実はFGノットの締め込みの時にブチッと切れたことが2回ほどありました
しかしここ数年間は締め込みで切れたことは全く無いので、その時はハズレにでも当たったんでしょうかね・・・?

ルアーが根掛かりした時はラインを引っ張ってフックを伸ばそうとしますが、私の常用する0.8号ではラインが切れることが多いです(泣)
やはり引っ張り強度ということでは、ノンコーティングの純PE(シーバスPEなど)にはかなわないようです。
しかし他社の4本撚りラインと比較した場合はむしろ相対的に強い方で、特段弱いということも無いです。
実際、ラピノヴァXを使用していてシーバスにラインブレイクされたことは一度もありません。


◇ 耐久性

コーティングはわりと早く落ちてしまうと書きましたが、コーティングが落ちてしまっても普通のPEラインとして使えます(笑)
この価格帯のラインの割には耐久性はある方で、下巻きや逆巻きを駆使すれば、100m巻きでも半年以上は持つかと思います。
なお、コーティングスプレーは安いシリコンスプレーでもいいので、やっておいた方がいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AZ エーゼット H,Sシリコーンスプレー ドライ 420ml 022
価格:313円(税込、送料別) (2018/10/1時点)


ただ気になるのは、FGノットの付近が妙に傷みやすいということです・・・
コーティングが落ちてほつれてくるのが原因かわかりませんが、気づいたらPE2本でつながってるだけになってたりします
なので釣行のたびにノット付近をチェックし、ほつれが大きかったらノットを組み直すことをおすすめします。


◇ 耐ライントラブル性

バックラッシュやキンクなどのライントラブルは、比較的起きにくい方かと思います!
ただこれは、PEラインを10年近く使ってきた私が言うことなので、初心者の方にはあてはまらないかもしれません。
私であっても、引き抵抗の小さいルアーで気の抜けたキャストを繰り返していると、バックラッシュすることはあります
どうしてもライントラブルを起こしたくないのであれば、コーティングが落ちてしまった部分は早々に切り取っていくといいかと思います。


◇ コストパフォーマンス

ラピノヴァXの特長と言ったらやっぱり、その価格の安さかと思います。
今でこそ1,000円台のPEラインも珍しくありませんが、発売当時はPEラインは2,000円以上するのが当たり前だったのに、この価格設定には驚きました。
良くも悪くも、ラピノヴァXはPEラインの価格破壊をもたらしたのかもしれません(笑)

rpnv01.jpg

私は主に、0.8号200mのラピノヴァX マルチカラーの方をもっぱら購入してます。
港湾部ではルアーを飛ばしてもせいぜい70mくらいなので、100mずつ分けてリールに巻いてます。
視認性は良くないですが、10m単位で色分けされてるのでライン管理が非常にしやすいです。
ラインが傷んできたら下巻きして傷んだ部分を切り取り、80mを切ったら逆巻きしてまだ使います(笑)
この使い方だったら、200m巻きだと1年半は持つのでコスパは最強クラスです!
(ただし河川やサーフでは100m以上飛ばすこともあるので、普通にリールに150m巻いてます。)


◇ 総評

強度・安定性という点では多本撚りなどの高価なラインには全然かないませんが、コストパフォーマンスという点では最強クラスかと思います。
同価格帯の安いPEラインはデ○エルのス○ーズとかで痛い目にあってきましたが(笑)、その点ではラピノヴァXの性能は価格以上のものがあると思います。
私のような貧乏人にとっては、大きな味方です!


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/01(月) 21:46:01|
  2. ライン
  3. | コメント:6
<<三河湾概況(2018年10月第1週) | ホーム | フローティング・ジグミノー?[2018/09/21(Fri) 三河湾エリア]>>

コメント

ラインは消耗品と割り切ってやっているワタクシにとって
コスパはかなり重要視します。
最近、ラインを交換するのに古いラインを巻き取ってくれる
アイテムを購入しました。
これがまた超便利♪
頻繁にライン交換するのでラインのコスパ、ラインリムーバなど、欠かせない存在です!
ちなみにワタクシの結束はオルブライトノットです(笑)
簡単で多少の暗闇でもバッチリ結べます^^
  1. 2018/10/01(月) 23:42:04 |
  2. URL |
  3. 幸 #-
  4. [ 編集 ]

糸は悩ましいです。最近使っていた弾丸ブレード(4本撚りですが)は、安いのですが直ぐにコーティングが剥がれてしまい、向かい風とかで投げているとエアノットが出やすくて困りました。謎の部分での糸切れも有り買い置きの物に巻き替えたら収まるとか、まだ製造ロット変動が有るのかもしれません。ピットブル(4ですが)は来年使う事になると思います。暫くは在庫品として眠ってますね。
ラピノヴァXは1.5号をサーフで使っていますが今の所、問題無いです。ここも弾丸ブレードとランダム使用ですが太くなると差が分かり難くなりますしサーフは、ブレイクラインの段差で糸が摺れ毛羽立つし重いルアーを投げるので先端は適時チョキチョキ切ってゆきますので安いに越した事は無いです。ただ、1.5号でもmakerで太さが随分違うので太すぎると、あまり巻けないという不都合が有ります。200m巻きたいんですが,,, という事で、
よつあみG-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号 というのがスプールの表示が200m位なら200m巻けるらしいと聞いたので次回は、これを試してみようと思っています。八本撚りになると多少飛距離伸びるかな、と。
今回の台風で河川も大荒れでゴミだらけでしょう。サーフはリセット状態。今週も駄目ですね。また次の台風も来るらしいので今年は黒潮の大蛇行に続発する台風で散々です。辛抱するしかないですね。
  1. 2018/10/02(火) 10:24:30 |
  2. URL |
  3. 東三河担当 #-
  4. [ 編集 ]

幸さん、こんばんは。
私も港湾部で使うPEラインは、できるだけ安いものをできるだけ早く交換してます。
まあその割には、けっこう長期間使ったりしてますが・・・(^^;

私もルアーを始めるよりずっと前から、第一精工の高速リサイクラーを愛用してます。
エサ釣りで使うナイロンラインはPEラインよりはるかに劣化が早いので、こまめなライン管理が必要なんですよね。

FGノットは強力なんですが、手間がかかるのが問題なんですよね・・・
なのでライントラブルが起きたら、たいてい即座に替えスプールに替えてしまってます。
万が一、替えスプールでもトラブったら・・・急ぎなら電車結びですね(^^;
でもFGノットをおぼえてから他のノットをおぼえる気も無くなったほど強力なので、おすすめしますよ!
  1. 2018/10/02(火) 21:55:08 |
  2. URL |
  3. bara #eHEs5UOk
  4. [ 編集 ]

東三河担当さん、こんばんは。
コーティングで糸質を保ってる安いラインは、コーティングが落ちると激しく劣化するのが問題ですね・・・
ファイヤーラインやスムーズなんかもそうでしたが安定性も低くて、どこで切れるかわからない怖さがありました(泣)

ラピノヴァXは正直、他者のPEライン平均よりちょっと太めの感じはしてます。
私はあまり細いのも好きじゃないので、ラピノヴァXの0.8号という太さはちょうどいいですね(笑)
なお、よつあみとバリバスはPEの太さにはわりと正直(?)なので、スプール表記の糸巻き量に合います。
ただ東レとか他メーカー全般で太めのところのが多いので、相対的によつあみとバリバスは「細い」ということになってしまってます(^^;

X8は私は使ったことがありませんが、評判は比較的良いみたいですね。
ポリエステルとの8本ブレイドなので、若干硬さがあるような感じかと思います。
X8と同じようなラインでキャストアウェイPEというのがありますが、これはトラブルも少なくて使いやすかったです。

8本撚りにするとガイド抵抗が若干減るので、飛距離も若干伸びます。
それに引っ張り強力が高くなるので、4本撚りよりワンランク細いラインを選択できるのが強みです!
根ズレには、激烈に弱くなりますが・・・(^^;
  1. 2018/10/02(火) 22:07:02 |
  2. URL |
  3. bara #eHEs5UOk
  4. [ 編集 ]

ラピノヴァ・・・私には合いませんでした・・・。
と、言うよりか、ハズレを引いてしまったのかもしれません。

結局、よつあみのアップグレードに落ち着きましたが、今はピットブル8を使ってます。どちらも1号。
ピットブルの方が若干固めですが、割と印象は似てますね。
アップグレードの時も200mを買い、先をカットしつつ痛みが多くなったら反転(下巻も増やして)して使います。
この使い方だと私の場合は1年は持ちますので経済的。(^-^;

ノットはFGで、釣り場で急いで結束したい時は、3回巻のサージェンスノット(+ハーフヒッチ)を使ってます。ただ、これだとノットが大きくなるのでガイド内に巻き込みが出来ませんけども・・・。
  1. 2018/10/03(水) 21:20:33 |
  2. URL |
  3. togusa #jHPWH3wA
  4. [ 編集 ]

togusaさん、こんばんは。
ラピノヴァXはたぶん、製品のバラつきがあるんじゃないかと思えますね・・・
私は安いから使ってますが、あれで高かったら買わないです(^^;;;

私は10年くらい前、当時5,000円弱もしたWX8を買ったんですが、これがハズレ品でした(死)
それがトラウマで以来、一切よつあみのPEラインは買ってないんですよね・・・
X8も気にはなっているので、いつか試してみたいと思います。
ちなみに中・大河川ではシーバスPEパワーゲームやマックスパワーを使ってますが、釣行が少ないので2年以上使えます(爆)

釣り場でノットを組む場合、時間があったらFG、時間がなかったら編み付けを少なくしたSFノットですね。
SFノットはリーダーの結び目がガイドにガツッと当たるのが嫌なんですが、緊急用としてはまあまあです(^^;
現場で組むことは滅多にないですが、同行者がトラブったら代わりに組むことが多いです(笑)
  1. 2018/10/03(水) 23:43:33 |
  2. URL |
  3. bara #eHEs5UOk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【3件】
2018年 09月 【4件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (203)
ナマズ釣行記 (28)
遠征釣行記 (36)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
イカ釣行記(餌木) (3)
その他の釣り (1)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (34)
タックル (52)
ロッド (11)
リール (20)
ライン (6)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (14)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR