マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

今夜も単発だけど・・・[2018/06/20(Wed) 三河湾エリア]

さて最近はトップでぼちぼち釣れ始めてきたので、先週の土曜日も釣りに行ってきました。
ところが後中潮の下げ潮ということもあって、入りたかった場所にはしっかりと先行者あり!(泣)
やむなく別の場所で竿を出すも、ポイントには次から次へ続々と後行者が・・・
ライトで水面照らしまくりのホームラン級の○○アングラーもやってくるし、うんざりしてポイント移動することに。

baka0008.jpg

しかし移動先でも先行者ありで竿が出せず!(泣)
思い切って10kmくらい離れたポイントまで移動するも、ここでも先行者あり!!!
もう、ここまでしても竿を出せないとなると、残念とかいう気持ちをはるかに通り越してブチ切れです。
釣れる釣れないじゃなくって、そもそも釣りができない状態ですからねえ・・・

居ないとは思いますが、もしこのブログを見て三河湾エリアでシーバス釣りを始めてみようと思われてる方がいらっしゃったら、全力でおすすめしないです
三河湾エリアはただでさえポイント少ないのに、すでにアングラーのキャパシティを大幅に超過している状態です。
平日深夜に釣行できる人であれば何とかなりますが、土曜日しか釣りに行けないようであれば、まともな場所で竿も出せません!(死)

私はこのブログを始める前の3年間、シーバスフィッシングをやめていたのですが、それはリーマンショック以降アングラーが急増して釣りをするのも難しくなったからです。
(パチンコとか金のかかる娯楽から、釣りに流れてきたため・・・?)
しかし今ではその頃よりもさらに増加しているので、このブログもいつまで続けられるかどうか・・・


n75_40.jpg

n74_40.jpg

そんなわけで土曜はその後さっさとナマズ釣りに切り替えたんですが、40cm台が2尾だけとイマイチでした。
ただこれでも、バイトが出て釣れるだけでもここ数年のうちでは一番いいです
一昨年、昨年はこのハイシーズンでも、全くのノーバイトだったということがありましたからねえ・・・


まあそんなわけで土曜日は釣りもさせてもらえないので、やはり平日、しかもアングラーが少ない上げ潮時に行くしかないようです
しかし最近、仕事の分量が急激に増えてしまったため、仕事帰りの釣行も難しい状態に・・・(泣)
それでもこのまま釣りに行けないままだとストレスが溜まるので、6/20(水)、何とか早めに仕事を終わらせて行くことにしました。


日時:2018/06/20(Wed)
場所:三河湾エリア・港湾部
潮汐:小潮 (満潮 23:56)
:南東 1~2m/s
天候:


mpn040.jpg

仕事帰りの20:30過ぎに、三河湾エリア港湾部のホームポイントに到着。
どうあがいても、これより早く来ることはできませんでした・・・

本日もまたもや、小潮・上げ潮・平日・雨という条件なので、こんな日に来るアングラーはまず俺以外に居ない
70UPをゲットした6/6の釣行と似た条件だが、本日は雨水が表層を流れて二枚潮となってしまっており、状況はやや悪いようだ。
今夜も相変わらずベイトの気配は薄く(泣)、ボイルは一切発生していない。
今年はどうなっちゃってるのかなあ・・・?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス パルダム
価格:1749円(税込、送料別) (2018/6/21時点)


まずは極小ペンシルのパルダムで、岸際のストラクチャー際を狙ってみるが、全く反応がない。
このストラクチャーまわり、例年ならセイゴが必ず着いてたんだけど、今年はまだ1バイトも拾えず・・・
今年は型はまあまあ出るけど数が全然出ないので、セイゴクラスが入ってきてないということになりそうだ。
まあ数が出るより型が出る方のがいいんだけど、これはこれで少しさびしいですね(笑)

岸際を探っても全く反応が出ないので、いつものドシャローエリアへ移動してしまう。
水面を見てると、ボラの稚魚はほとんど見当たらないけど、40cm級のボラと思われる群れが波紋を立てているのが見える
マダカの可能性もゼロではないのでその近辺にキャストしてみるが無反応で、やっぱりボラのようだ・・・

あ、トップでボラが釣れやすい条件というものがあって、それはやはりクルクルバチが抜けてる時ですね。
クルクルバチが抜けない時期になると、ボラもトップに反応しにくくなるようですので、安心してトップを使いましょう?

mpn027.jpg

10分ほどシャロー帯をトップで探ってみたが、全く反応が出ない。
二枚潮とはいえそんなに流れは強くないし、全然期待できない状況ではないんだけどなあ・・・
例年ならボイルが出るのを待って狙い撃ちして釣ることができるんだけど、今年はボイルが全然出ないのでそれもできない。

ルアーを投げつつ水面を観察していると、何かが三角波を立てながら泳いでいるのが確認できた。
ボラだとあんなにゆったりとは泳がないし、やや深さのある所なのでコイでもなさそうだ。
ひょっとしたら、良型のシーバスなのかも・・・?

jp5_rhp.jpg

ここでルアーを、自作5cmバルサペンシルのレッドヘッドパールにチェンジ。
なんだかんだで、これがやっぱり一番高確率で釣れてますからね(笑)
ドシャロー帯の周辺にキャストし、たまにポーズを入れつつ高速ドッグウォークすることを繰り返してみる。


コポッ!


!!!

20:50頃、やっとシーバスがヒット!
ヒット音は小さかったし、最初はあまり引かなかったので40cm台かと思ったが、寄せてきたら思ったよりでかい。
寄せてきてタモですくおうとすると、人が変わったように?急に猛烈に走り出してしまう。
寄せては走られ、寄せては走られを何度か繰り返した末、タモでランディング成功。
お、重い・・・


m341_72.jpg

体格が良くて重い、72cmのスズキクラスでした!
今月2尾目の70UPなんですが、私のホームポイントで月に2尾も70UPが釣れるのは初めてのことです
もともと雨が降ると強いポイントなんだけど、だいたい入ってきても60cm台前半がせいぜいだったのに、今年はやはりなんか違いますね。
まあとにかく、これで釣りすらもできなかった先週土曜日の鬱憤を晴らすことができました!(笑)

jp5_rhp2.jpg

なお自作5cmバルサペンシルには#10のフックを装着してますが、思いっきり曲げられてました
この番手だと、掛かりどころが悪いと30cm台にすら曲げられますからね・・・小さいルアーの悩みどころです。
あ、そういえば何気に自作ルアーでの最高記録を2cm更新です!(笑)

↓極小フックだとトレブル13が一番丈夫な気がします
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がまかつ トレブル13
価格:340円(税込、送料別) (2018/6/22時点)


この後も後続を狙ってトップのキャストを繰り返すが、全く反応がない。
やっぱり今年は、なんか違いますね・・・(泣)
ローリングベイト55でドシャローの上を早引きしてもボラにぶつかるだけで、シーバスの反応は全く無い。

明日も当然仕事で長居はできないので、プライアルバイブで車に向かって探り歩いてゆく。
数回バイトがあったが乗らず、駐車場所に着いてしまったので21:45頃終了することにした。

mpm280.jpg

相変わらずこの日も単発だったのですが、まあ型が出ないホームポイントで70UPなら上出来です
休日前夜、特に大潮・中潮の下げだとどこに行っても竿を出せないので、こういう日を狙って行くしかないようですね・・・
アングラーの多い三河湾エリアでシーバスフィッシングを続けられるかどうかは、「潮の悪い日」と「上げ潮」でも出せるかどうかが重要かもです(笑)

本日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ76ML(がまかつ)
リール15セドナ C3000HG改(シマノ)
ラインラピノヴァX マルチカラー 0.8号17.8lb(ラパラ)
リーダートヨフロンLハード 4号(東レ)
ルアー5cmバルサペンシル(自作) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) 17セドナ C3000HG 03685【あす楽対応】
価格:4425円(税込、送料別) (2018/6/22時点)


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/23(土) 23:15:26|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:6

平日釣行3連発?[2018/06/08(Fri), 12(Tue), 14(Thu) 三河湾エリア]

さて先日の釣行で、ホームポイントで1尾だけですがトップ初釣果がありました。
梅雨入りもしたし、これはホーム本格開幕も近いのでは・・・と思い、その後3回、短時間ですが行ってきました。
もちろん、すべて平日です・・・



6/8(金)

mpm368.jpg

21:30頃、三河湾エリア港湾部のホームポイントに到着。
この日は前の記事で書いたように平日休みで、早朝は琵琶湖に行ったんですが・・・
さすがにあれだけの釣果では納得できないので、この夜も釣りに行こうと来てみたのだ。

この日もまた、長潮で上げ潮、しかも雨まで降っているというまず誰も来ない日となりました(爆)
昔だったら、長潮の上げ潮なんて攻め口がわからず釣りに行くことも無かったけど、今ではむしろ得意な方です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パルダムPaludum <スミス/SMITH>【〇ゆうパケット便可】
価格:1644円(税込、送料別) (2018/6/15時点)


まずは極小ペンシルベイトのパルダムで、岸際を中心に探っていくが反応がない。
う~ん、本格的に開幕してるのだったら、岸際でチビセイゴくらいはヒットするんだけどなあ・・・


ゴロゴロッ!


わりと近いところで、雷が発生!!!(泣)
むむ・・・雷は東の方に去っていったと思ってたのに、また新手が来たのか・・・
やむなく橋下に避難すると、ほどなく土砂降りとなってしまい、これではさすがにトップで出すのは厳しいです

雨がいくぶん弱まったところで釣り再開。
パルダムを沖に向けてキャストし、ドッグウォークしてみる。


パコッ!


ヒット!したけど、その1秒後にはその引き方から、すぐにアイツだとわかってしまう・・・


bora_38.jpg

はいもちろん、40UPのボラです!(泣)
ほんと、トップにいい食い方をするのはやめてもらえませんかね・・・
その後パルダムで、また同じくらいのボラをゲット(死)

その後また雷雲が接近し、また橋下に慌てて非難する。
せっかく来たのに、まともに釣りができてないではないか・・・

また雨が弱まったところで釣りを再開するが、やはり雨の影響なのかシーバスの反応は全くない。
居ると思うんだけどなあ・・・やっぱり土砂降りで、レンジが下がってしまってるのかもしれない。

jv60s_11.jpg

ここで、本日購入したプライアルバイブ(JV60S)のニューカラーを初使用してみることにした。
レッドヘッド部分がソリッドレッドからクリアレッドに変更されたため、シーバスの反応に変化があるのか、不安と期待が半々ですが・・・
あ、フックはメーカー物に交換してます。(前カルティバST-31 #6, 後デコイY-S81 #8)
デフォルトのフックは、写真のようないいフックじゃないのでご注意を

ブレイクに対して斜めにキャストし、一番深いところに沈めてから竿を立ててファストリトリーブ。
探りつつ、駐車場所に向かって歩いてゆく。


グッ!


!!!

ようやく、シーバスがヒット!
引きも強くないし大きくもないけど、せっかく掛けたのでバラシは嫌なので、念のためタモでランディング。


m338_40.jpg

サイズは40cmくらいしかありませんでしたが、プライアルバイブのニューカラーで初ゲットです!(笑)
あ、いちおうホームポイントでバイブ今年初釣果でもありますね。
ということは完全に、バチパターンから魚パターンに移行したということなんだろうな・・・

この後、2回バイブで反応を拾うが、乗らず。
なんかのどが痛くなってきたし疲れてきたので、23:15頃終了することにした。


なんか体調がおかしいな・・・と思ってたけど、翌日は熱でダウンしてしまいました!(泣)
どうやら不眠不休で琵琶湖に行ったのと、大雨の中無理して釣りしてたせいで、夏風邪をひいてしまったようだ・・・
土曜日に釣りに行かなかったのは若潮だからではなく、家で死んでたからです



6/12(火)

mpm369.jpg

火曜日の仕事帰りの20:00頃、ホームポイントに到着。
まだ風邪は全然完治してないけど、土曜日行けなかった悔しさを晴らすため無理して来ました
土曜日の若潮の上げなんて、ここ最近では俺にとっては最高の状態だったはずなのになあ・・・

んでこの夜は大潮だったんですが、実は私が一番嫌いな潮回りだったりします
だって大潮ともなるとアングラーがドバッと増えて、竿も出せないことがザラですからねえ・・・
特に下げ潮ともなると増加度はすさまじく、目も当てられない状態ですね。
大潮・中潮の下げだけ釣りに来るとか・・・潮回りと釣果は比例しないんですけどねえ。

ただ幸いにして、今夜は先行者は居ない。
しかし水面は強風で荒れてしまってるし、潮流れも殺されてしまっている状態で最悪だ。
これだったら、若潮の上げ潮のがよっぽど釣れるわ・・・やっぱり土曜日に来たかった

jp5_rhs.jpg

まずは琵琶湖でケタバス、ギルをゲットした(笑)、自作大失敗5cmバルサペンシルをチョイス。
高確率で着く岸際を探り歩いてみるが、やっぱり反応が出ない。
いくら大潮で状況が悪いとはいえ、この場所で全く無反応とは・・・

そのまま、最も高確率でシーバスが着くドシャロー帯も探ってみるが、ここでも全く反応が出ない。
やっぱり、まだトップは早いのかもしれないなあ・・・


明日ももちろん仕事だし、風邪も完治してなくて無理はできない。
いつものように、プライアルバイブでブレイクを探りつつ帰ることにした。

ニューカラーのレッドヘッドを、ドシャロー帯の向こうのブレイクにキャスト。
着底と同時に、竿を立ててファストリトリーブしてくる。


グンッ!


!?

さんざんトップで攻めて出なかったシャロー帯で、ヒット!
激しくエラ洗いを出すし走り回るので気が抜けないが、絶対的なトルクは無いので落ち着いてファイト。
しばらく格闘し、おとなしくなってきたところでタモでランディングする。


m339_53.jpg

サイズは53cmで、アベレージサイズが小さいホームポイントでは、50UPでも十分良型です!
しかしこのプライアルバイブのニューレッドヘッド、前のカラーより良く釣れるようになったんじゃ・・・?(笑)

このまま探り歩いてゆくが、一回バイトを拾ったものの乗らず、駐車場所に着いてしまったので20:45頃終了することにした。
この日も相変わらず、ルアーはトップとバイブしか使ってないです(爆)



6/14(木)

mpm370.jpg

木曜日の仕事帰り、21:00前にホームポイントに到着。
相変わらず風邪は完治してないけど、やっぱり釣りがしたいので無理を押してきました
本当は大潮だし行く予定はなかったんだけど、行く予定だった金・土曜日の風向き予報が変わってしまったため仕方なく・・・
しかし今夜も、大潮なのに珍しく先行者が一人も居ない。

まずはいつものようにトップで岸際を探ってみるが、やはり反応が出ない。
状況は悪くはないんだけど、まだ潮位がちょっと高すぎたなあ・・・

jp5_rhp.jpg

そのまま自作ペンシルで探り歩きつつ、高確率ヒットゾーンのドシャローエリアに到着。
ここは下げ4分以降に岸から10mくらいのところで出ることが多いのだけれど、まだ下げ3分だ。
潮位が高いのでひょっとしたら岸近くについてるかもしれない・・・と思い、岸から5mくらいにダウンクロスでキャスト。
細かく首振りをさせつつ、リトリーブしてくる。


パゴッ!


!!!

今夜は、トップでシーバスがヒット!
前に釣ったマダカと同じくらい良く引いて暴れるが、やはりトルクは無いので落ち着いてファイト。
岸まで寄せてきたところで、タモでランディングする。


m340_52.jpg

サイズは52cmと前回と変わらないサイズでしたが、トップで釣れるのはやっぱり楽しいです!
やっぱりこのドシャロー帯、今年もシーバスがちゃんと着くようで一安心です。

しかしこの後はバイトが全く続かない。
またいつものようにプライアルバイブで探り歩くが、全く反応が無く21:40頃終了することにした。

mpm277.jpg

いちおうトップで1尾だけ出ましたが、これだけでは本格開幕したとは言えない状況ですね。
あと今年気になるのは、ボラの稚魚が少なく、全くボイルが出ないことです。
セカンドポイント、サードポイントなんかはボラの稚魚はわんさといるのに、なぜホームだけ少ない・・・?
このままだと、例年のようなトップでの爆釣劇は起こらないかもしれません。
まあ、私としては50UPが1尾釣れたら、それだけで満足なのでいいんですが

本日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ76ML(がまかつ)
リール12セフィアCI4+ C3000HGS(シマノ)
ラインピットブル12 0.6号13.9lb(シマノ)
リーダーモアザンリーダー X’treme TYPE-N 4号16lb(ダイワ)
ルアー5cmバルサペンシル(自作) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がまかつ ラグゼ ソルテージチータRR 86L
価格:28917円(税込、送料別) (2018/6/16時点)


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/18(月) 23:13:06|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:10

琵琶湖遠征2018

例年、6月には恒例のビワコオオナマズ狙いに毎年行ってました。
しかし数年前、NHKの某番組でビワコオオナマズを特集した際、ご丁寧にマップ付きで、ポイントをバラしやがりました
それからというもの、そのポイントはまるでバチシーズンの三河湾エリアのごとく、ズラリ横並びの混雑状態に・・・
そんなわけで幻滅してしまい、昨年は一度も琵琶湖に行きませんでした。

kohoku12.jpg

しかし今年の6/8(金)は、会社の休日で久しぶりの平日休み!
正直、ビワコオオナマズは時期的にちょっと早いし、産卵に適した状況でもないことはわかってるけど・・・
竿を出せるのはこの平日早朝しかない!ので、久しぶりに琵琶湖に行くことにしました。


6/7(木)の深夜に自宅を出発し、東名・名神・北陸道のルートで湖北を目指す。

vlcsnap-2018-06-09-15h29m52s413.jpg

がしかし、名神集中工事のおかげで大渋滞で、全然動かない!!!
こんなことだったら、下道走った方がよっぽど早かった・・・お金返して!(泣)
工事を全然してない区間であっても意味も無く車線規制してて、な~んかお役所体質ですよねえ。
せめて、乗る前に高速道路情報をチェックしておくべきだった・・・

kohoku21.jpg

予定到着時刻を大幅に超過して(泣)、1:00前にとある河川の橋下明暗部に到着。
橋下明暗と言っても完全に淡水でかなりの上流なので、シーバスは絶対に居ません
しかしこのポイントはマナマズが高確率で明暗に着くので、琵琶湖に行く前にボウズ逃れとして寄ってみたのです。
ただ、前回来たときはナマズは1尾だけ釣れたもののその後はニゴイラッシュで、今回もどうなるかわからないけど・・・


ルアーはジョインテッドジッターバグクリッカー5/8oz(G675)をチョイス。
明暗の境付近にキャストし、明暗の境沿いにリトリーブしてみる。


コポッ!


バイトが発生!したけど乗らず。
その後もバイトは出るけど乗らないままで、上流側の明暗の境は反応が無くなってしまう。
う~ん、明暗の境でしかバイトしてこないことといい、見切って反応が無くなることといい、もしかして・・・

jsmodokijpg.jpg

ここでルアーを、自作ジッタースティックもどきにチェンジ。
あまりにも釣れすぎるのと、ロストが怖いので封印してたけど、せっかくの遠征なので使います
上流側は反応が無くなってしまったので、下流側の照明の真下付近にキャスト。
暗部へ向けてリトリーブしてみる。


ゴパッ!


!!!

今度はしっかりと、ヒット!
引きはそれほどでもないけど、かなり暴れまわって素直に寄ってこない。
ああ、これはもしかして・・・と思いつつ寄せてきたら、やっぱりニゴイ
これならバレてもいいか・・・と思いつつ適当にブチ抜きしたら、やっぱり途中で落下してバラシ。

気を取り直して再びナマズを釣るべくキャストを繰り返すが、全く反応がない。
ニゴイの反応だけはたまに出ていたけど、そのうちニゴイの反応すらも出なくなってきてしまった(泣)
うう~ん、とりあえずニゴイだけでも釣ってボウズ逃れだけはしたいなあ・・・

sl14_02.jpg

ここで車に戻って、オオナマズ用に持ってきたショアラインシャイナーSL14 F-Gをチョイスする。
ニゴイ相手なら小さい7~9cmのプラグのが良いんだけど、そのサイズだとバイブしか持ってきておらず、ドシャローのここでは使えない。
フローティングミノーで持ってきた中で一番小さかったのは、この14cmミノーだったので

明暗部は叩ききってしまったので、明暗部の上流側の暗いゾーンにSL14をキャスト。


ゴッ

コン


頻繁にニゴイのバイトは出るけど、どういうわけか見切っているのか全く乗らない。
見ていると足元までニゴイはルアーを追ってくるけど、ピックアップするまで食いつかない。
こういう場面を見せられると、何としてでもニゴイを釣り上げてやる!!!と燃えることになってしまう。
最初の目的と変わってるけど・・・

色々なリトリーブ速度を試してみると、ファストとスローは反応が悪く、ミディアムリトリーブが一番バイトが多く出ることがわかってきた。
ジャークやトゥイッチは全く反応が無いので、ミディアムリトリーブでただ巻きすることを繰り返すことにした。


ゴッ!


1:50頃、ようやくヒット!
シーバスの50UPくらいの引きと暴れ方はするが、これくらいなら苦労することも無い。
足元まで寄せ、竿でブチ抜いてしまう。


nigoi11.jpg

サイズは52cmで、ここで釣れるサイズとしては小ぶりですが、何とか釣れたのでよかったです(笑)
しかしショアラインシャイナーSL14、過去にはビワコオオナマズも掛けてるし、淡水魚にはめっぽう強いですね!
あ、もちろんシーバスも釣れたことはありますが

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ダイワ】ショアラインシャイナー SL14 F-G 3Dイナッ子
価格:1728円(税込、送料別) (2018/6/9時点)



ニゴイは釣れたしボウズ逃れもできたので、満足してポイント移動することにした。
しかし周辺のポイントは全くダメで、どうやらマナマズの状況はかなり良くないみたいだ・・・
例年ならよく見られるヘイケボタルも全く居らずで、今年は例年のようにはいかないようだ。

マナマズはあきらめることにして、琵琶湖本湖へ移動してビワコオオナマズ狙いに切り替えることにした。


kohoku22.jpg

2:45頃、湖北のビワコオオナマズメジャーポイントに到着。
さすがに平日早朝ということもあって、先行者はゼロ!
まあ仮に先行者が居た時の代替ポイントも見つけてるけど、せっかく居ないのでここで竿を出すことにした。

ちなみにタックルは先日購入したスカイロード962Mに、16セルテート3012Hの組み合わせ。
PEライン2号にナイロン8号リーダーという、琵琶湖にはおよそ似つかわしくないタックルバランスです(爆)

金曜早朝なので、ここ4日間くらいはそれほど叩かれてないはず。
ショアラインシャイナーSL14で岸際をジャーキングしながら探り歩いていくが、全く反応がない。
やっぱり、時期がちょっと早すぎたかもしれない・・・
岸際は探りきってしまったので回遊を待とうと、腰を据えて沖にCD11のキャストを繰り返すが、全く反応がない。

kohoku23.jpg

4:00前になると、うっすらと空が明るくなってきた・・・が、デジカメで撮るとまだこんなですが
そろそろベイトのコアユが接岸して来てもいい頃だし、ルアーをヘドンソナーにチェンジして投げ倒すが、全くの無反応だ。
さらに明るくなってきても水面は静かで、どうもベイトが今年は少ない感じだなあ・・・


チュボッ!


わりと岸際のところで、魚種は不明だけどボイルが発生!
まあだいたい犯人はわかってるけど(笑)、予想より出るのが早かったなあ・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パルダムPaludum <スミス/SMITH>【〇ゆうパケット便可】
価格:1644円(税込、送料別) (2018/6/9時点)


こんな時のためにと、前回の記事でシーバス70UPをゲットしている、スミスのパルダムにチェンジ
さっそくキャストしてみるが・・・まともに飛ばないし、まともに動いてくれない(泣)
それもそのはずで、ミディアムアクションのシーバスロッドにリーダー8号1.5mでは、飛ぶわけも無く動くわけも無く

jp5_rhs.jpg

そんなわけでルアーを、自作(大失敗)5cmバルサペンシルにチェンジ。
まあ重量は同じくらい(3.5g)しかないので飛ばないのは同じだけど、こっちはバルサなのでもっと動くはず。
しかしこんな軽いルアーを、ガチガチのタックルで投げるアホは他に居るのだろうか?(笑)

自作ペンシルを岸際にキャストし、シーバス狙いの時と同じように、高速ドッグウォークしてみる。


ジョポ!


自作ペンシルにチェンジして、キャスト一発でヒット!!!
ここで釣れるサイズにしては大きいけど、ガチガチタックルなので余裕で一気に引き抜いてしまう。


hasu05.jpg

釣れたのはここで釣れるサイズとしては大き目の、30cm弱のハス(ケタバス)でした。
自作ペンシル、これでケタバスにも有効なことが証明されました!(笑)
それにこれが、スカイロード962Mの入魂完了です???(爆)
しかしこのタックルで釣り続けるのは無理があるので、ケタバス狙いはこれっきりにすることにした

ふたたびヘドンソナーで探り歩いてみるが、全く何の反応も出ない。
結局探りきってしまったので、5:00過ぎにはビワコオオナマズ狙いはあきらめることにした。


kohoku11.jpg

車に戻って、今度はケタバス&ブラックバスでも狙おうとライトなタックルに交換する。
しかし入りたかったポイントには、平日早朝なのにアングラーが入ってしまっている(泣)。さすが琵琶湖だ・・・
やむなく先ほどまで探っていたポイントで竿を出してみるが、やはり今年はベイトが少なく、水面は静かで全く反応がない。

水がよどんだ一角に移動してみると、ブルーギルが何尾か中層でたたずんでいるのが見える。
よし、こいつを釣ってやろう!と思い(笑)、再びパルダムをキャストしてみる。
追っては来るのだが、ルアーが岸に近づき動きが悪くなると、反転してしまい食いついてこないようだ。
ギルのくせに生意気な・・・

というわけで再び、自作(大失敗)5cmバルサペンシルにチェンジ。
着水してからシェイクしたり、ドッグウォークせずただ巻きしてみたり、ギルが食いつくよう様々な手段でキャストを繰り返す。


ポシュ!


色々やって結局は、着水ヒット!(笑)


gill02.jpg

25cmあるかないかの、琵琶湖では標準的なサイズのギルでした。
しかし自作ペンシル、過去にはバスも釣っているのでこれで、スズキ、ブラックバス、ハス、ブルーギルの4魚種達成です!(笑)
まあメバルとかも狙えば釣れるかと思いますが・・・

しかし昨夜仕事から帰って来てから出撃したので、もう22時間以上寝てないことになる・・・
さすがに疲れてきたので、5:30頃、これで終了することにした。

vlcsnap-2018-06-09-17h23m19s409.jpg

ちなみに帰りは、もう名神の渋滞はこりごりなので大桑国道→名四国道の下道で帰ってきました。
三河の貧乏バサー(おもに知人)が、琵琶湖に行く時によく使うルートですね
しかし23号線、特に庄○新○橋のあたりの大渋滞が凄まじく、全然動かない!!!(死)
これは、高い金払ってでも伊勢湾岸道に乗るべきだった・・・と、激しく後悔しました

本日のタックル(ビワコオオナマズ用)
ロッドスカイロード SKR-962M(メジャークラフト)
リール16セルテート 3012H(ダイワ)
ラインラピノヴァX マルチゲーム 2.0号32.8lb(ラパラ)
リーダーVARIVAS VEP ショックリーダー 8号30lb(モーリス)
ルアーソナー X0433(ヘドン) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HEDDON ヘドン Sonar ソナー X0433
価格:712円(税込、送料別) (2018/6/9時点)





あ、記事がこれだけだとシーバス関連の情報がゼロになってしまうので、ちょっと追加で記事を書きます(笑)

lure06.jpg

琵琶湖からの帰り道、尾張の某激安釣具店に寄って、今年ロストした分のルアーを補充&予備を購入しました。
まあこの値札を見たら、行って買ったことがある方ならどこかすぐにわかるかもしれませんね

んで、私のバリバリ一軍ルアーである、コーモランのプライアルバイブも補充したのですが、ちょっと気になることが・・・

jv60s_10.jpg

今まで見たことが無いカラーのプライアルバイブが売ってました!
カラーはこのほか、イワシや銀黒のようなニューカラーが売ってました。
そのかわり旧来のカラーは売れ残りっぽいものが少数あるだけになってしまってましたね。

これはカラーが一新されたのか、問屋特注カラーが大量入荷しただけなのか、どっちでしょうかね?
(店長が忙しそうだったので聞けなかった・・・)
特に気になるのは私のお気に入りカラーであるレッドヘッドですが、赤の部分がソリッドレッドからクリアレッドになってます。
これだけでも、シーバスの反応が異なることが予測されます。

私はレッドヘッドシルバーはクリアレッドの方が好きなのですが、それはチャートバックとセットで揃える場合の話です。
新カラーには相変わらず、チャートバックはありません・・・ほんとカラーセレクトのセンスないですね
この新色レッドヘッド、もっと釣れるようになるのか、釣れなくなるのか・・・
不安でもありますが、楽しみでもありますね(笑)


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/14(木) 22:22:28|
  2. 遠征釣行記
  3. | コメント:2

トップのシーズン、開幕の兆し?[2018/06/06(Wed) 三河湾エリア]

例年であればそろそろ開幕しててもおかしくない私のホームポイントですが、今年はまだ1尾も釣れてません(泣)
ホームポイントには4~5月のバチシーズンで出る場所はあるんですが、例によっていつ行っても先行者有りで入れず・・・
たった一回だけその場所に運良く入れましたが全くのノーバイトで、今年のバチ不調はホームも例外ではありませんでした。

いちおう、5月中に2回だけ様子を見に行ってみたのですが、1回目はエリア10でボラが入れ食い!
まあ、クルクルバチのパターンだったんだろうけど・・・

bora_37.jpg

2回目は、ペンシルベイトの高速ドッグウォークで、「パゴッ!」といい音させて、40UPのボラが食いついてきました
シーバス外道図鑑という記事でも書いてますが、ボラって魚も食ってるんじゃないかとも思えますね・・・


さて季節も6月になったしまた調査に行きたいのですが、問題はここ最近の異常なまでのアングラーの多さ。
前回の記事で書いたみたいに、たとえ平日であってもまともな場所で竿を出すのは難しい状況です
これはホームポイントも例外ではなく、全然釣れない4月でも、平日に先行者有りで竿も出せませんでしたからねえ・・・

そんなわけで6/6(水)、小潮・上げ潮・平日・雨という四重苦で、俺以外のアングラーなら絶対来ない状況を狙って行ってきました


日時:2018/06/06(Wed)
場所:三河湾エリア・港湾部
潮汐:小潮 (満潮 23:56)
:南東 0~1m/s
天候:


mpm296.jpg

仕事帰りの20:15頃、三河湾エリア港湾部のホームポイントに到着。
雨は降ってはいるけどパラパラという状態で、釣りをするのには全く問題ない状況だ。
もちろん、先行者は誰一人として居ない(笑)

あ、そうそう、雨の中で釣りをすることがあるのであれば、絶対的にゴアテックスのレインウェアをおすすめします!
防水透湿で比較的廉価なカッパをむかし使ってましたが、大雨だとはっきり言って役に立たなかったです(泣)
ゴアテックスにしてから、大雨でも出撃できるようになって釣りに行ける機会が大幅に増えました


雨水が表層を流れて二枚潮になってることを懸念してたけど、雨も弱まってきたので大丈夫なようだ。
てゆうか、表層は全く潮が流れていない。
しかし、潮が流れてなければ、ルアーを動かしてやればいいだけの話で、何も考えこむ必要もない。

jp5_rhp.jpg

というわけで全く迷わず、自作5cmバルサペンシルをチョイス(笑)
まずは高確率でセイゴが居着く、岸際のストラクチャーまわりを探ってみるが、反応がない。
潮時としてはまだ上げ5分で潮位が低く、ちょっと来るのが早すぎたかもなあ・・・
ベイトの気配はあるけど今年はまばらで、ボイルも全く発生していない。

仕方なく潮下に向かって岸際を探り歩いていくが、全く反応がない。
まだ、トップの季節には早かったかなあ・・・?


ドボッ!


潮下のかなり遠くの方で、シーバスのボイルとも、大きなボラの着水音とも取れない音が発生。
仮にもしシーバスだったとしたら、60UPは確実そうな音だったけど・・・
さすがに遠すぎてどっちかわからなかったけど、とりあえずその場所に移動して自作ペンシルをキャスト。
しかしやっぱり反応が無く、やっぱりボラの着水音だったか???

そのまますぐ潮下の、高ヒットゾーンまで移動。

pal1.jpg

ここでルアーを、スミスのパルダムにチェンジ。
たった4.5cmしかないエリアトラウト用ペンシルベイトで、ウッド製なので自作バルサペンシルには及ばないものの、良く動きます。
正直ルアー作るのもめんどくさいので、市販ルアーで釣れるならそっちの方がいいです
なおデフォルトはシングルフックでしたが、あまりにも乗りが悪かったのでトレブルRB #12に交換してます。

まずは高ヒットゾーンのドシャロー帯をアップクロス(流れてないけど)で探ってみるが、全く反応がない。
最も高確率でバイトが出るはずのここで出ないとは、やっぱりまだ開幕してないのかな・・・
次にドシャロー帯のブレイクの向こうにキャストし、たまにポーズを入れつつ、高速ドッグウォークしてみる。


ゴポンッ!


!?

沖合のブレイク付近で、ヒット!
ホームポイントで釣れるマダカにしてはやたらと引きが強く、エラ洗いもほとんど出さないのでなかなか寄せることができない。
ドラグを締めて一気に寄せたいところだけど、フックが#12なのでそれもできない
なんとか寄せても、妙にスタミナがあってまた走られてしまい、なかなかランディングの体勢に持ち込むことができない。
5分くらいファイトし、ようやく少しおとなしくなってきたところでタモでランディング。


m337_70.jpg

サイズは70cmで、重くてまさにスズキといった体格でした!
これがホームポイント今年初釣果となるんですが、まさか今年一発目が70UPになるとは思いませんでしたね
昨年は70UPは1尾も釣れませんでしたが、今年はこれで釣れたので一安心です!(笑)
それに何といっても、ホームポイントで今年トップ初釣果であるということも、何よりも大きいです!!!

ちなみに今年から、タモ枠(玉枠)を60cmの丸型から、オーバル型のものに変えました。
やっぱり、シーバスのランディングはこっちのがやりやすいですね。

↓ちなみにこの安物です(笑)


このままこの場所でトップを投げ続けてみるが、暴れさせてしまったためか全く反応がない。
21:00頃になると上げ潮の流れも出てきたんだけど状況は変わらずで、ボイルも何も起こらない。
最後に、バイブレーションで探り歩いてみるが全く反応が無かったので、21:15頃終了することにした。

mpm367.jpg

今回は型が出ないはずのホームポイントで、70UPが出たのは本当に大きかったです!
おそらくホームポイントではトータル400尾以上は釣ってると思いますが、70cmオーバーはうち4尾だけです
ちなみに全部を平均したサイズは、たぶん30~35cmくらいにしかなりません(爆)

さてこれでトップが開幕したかというと、バイトもこの一発だけだったのでまだまだだと思います。
梅雨で雨が降り続いて、ボラの稚魚が大量に入ってきたら6月中旬には本格開幕するかもです。
まあ開幕しても、40cmクラスばかり釣れ続くという展開になることが多いんですけどね

本日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ76ML(がまかつ)
リール12セフィアCI4+ C3000HGS(シマノ)
ラインラピノヴァX マルチカラー 0.8号17.8lb(ラパラ)
リーダートヨフロンLハード 4号(東レ)
ルアーパルダム(スミス) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス パルダム
価格:1749円(税込、送料別) (2018/6/6時点)


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/09(土) 00:28:44|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

三河湾概況(2018年6月第1週)

さて、前回の記事でクルクルバチパターンのヒットがあったので、先週も仕事帰りに釣りに行ってみました。
その日は残業となってしまい(泣)、仕事で疲れた体に鞭打って出撃。
まあ2ヶ所ほど、ポイント探ってみようと思って行ったのですが・・・


その2ヶ所中2ヶ所、先行者あり!(泣)


げえっ、マジかよ・・・
土曜とか、百歩譲って金曜の夜であったらそういうこともあるかもだけど、次の日も平日のバリバリ平日ですよ!(死)
もはや釣れる釣れないじゃなく、釣りができないんですが・・・

せっかく無理して仕事帰りに行ったのに竿も出せずで完全に幻滅してしまい、もうマダカ釣りに行く気も無くなってしまいました(泣)
そんなわけで土曜夜もマダカ釣りには行ってないので、今週も釣行記は無しです。

mpm247.jpg

せめてホームポイントが開幕すれば、他のアングラーの来ない潮時・潮回りを狙って釣ることもできるんですが・・・
今年のホームポイントとその周辺、ボラの稚魚が非常に少ない状態です。
そのため湾奥のシャローでボイルが起こることも無く、トップの開幕はかなり先になってしまいそうです。
いや、もしかして今年はこのまま開幕しないんじゃ・・・?



ちなみに抜けまくっていたと前回の記事で書いたクルクルバチですが、最近は激減しました(汗)
なのでクルクルバチのパターンは、今後はあまり期待できないかもですね・・・
それでも相変わらずクルクルバチポイントはアングラーまみれで、クルクルバチよりアングラーの方が多いです


ところで先日、クルクルバチとトリッキーバチ(チビバチ)が両方抜けてる状況に遭遇しました。



そのトリッキーバチの方なんですが、バチパターンの解説サイトとかではクルクルバチと別にされることが多く、私の解説記事でも別にしてます。
三河湾の春パターン(バチ抜けパターン他)
確かに大きさも全然違うし、動きもけっこう違うので別種だと思ってました。
しかしトリッキーバチは、クルクルバチと抜ける場所がほとんど同じということが多いので、気になってたんですよね。

先日確認したトリッキーバチは1~2月によく見かけるものより大きく、姿をじっくり観察することができました。



よく見てみると、クルクルバチと姿はほとんど同じでした。
ということは、クルクルバチはトリッキーバチが成長した姿、ということになるのかもしれません
しかしゴカイが何年も生きて成長することは考えにくいので(笑)、近縁種の可能性も捨てきれませんが・・・


なおバチ抜け解説の記事の方でも書いてますが、トリッキーバチ、クルクルバチともに、淡水量の多い河川ではあまり見かけません。
水ゴカイが河川筋まわりに多いのに対し、クルクル、トリッキーバチは港湾部のやや塩分の濃いところの方で多く見かける傾向があります。
クルクルバチは外来種であるとの説もありますが、外来のバチは貨物船のバラスト水に(卵が?)混じってやって来るようです。

例えば日本有数の貿易港である名古屋港に行くと、見たことのないような変なバチもけっこう居ますね・・・
今まで見た中で一番衝撃的だったのは、頭と尾の先端部分が鮮やかな赤、胴体が鮮やかな白というバチを見たことがあります。
それ以来、名古屋港のバチパターンでは、レッドヘッドばかり使うようになりましたね(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガイア エリア10(AREA10) #20
価格:1021円(税込、送料別) (2018/6/3時点)



しかしクルクルバチも抜けなくなって、ボラの稚魚も入って来ないというこの状況・・・どうしたらいいのかわかりません(泣)
梅雨入りして、状況が変わるまで待ちですかね・・・

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/03(日) 05:26:09|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【3件】
2018年 09月 【4件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (203)
ナマズ釣行記 (28)
遠征釣行記 (36)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
イカ釣行記(餌木) (3)
その他の釣り (1)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (34)
タックル (52)
ロッド (11)
リール (20)
ライン (6)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (14)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR