マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

使用したPEラインの評価 2018年版

(2018/03/25 更新)
私が今までに使用したことがあるPEラインの簡単な評価を、表にまとめてみました。
2016年版から2018年版に更新しましたが、今年もあまり変わってません
評価はあくまでも主観であり、またハズレ個体を引いた可能性のあるラインも存在するかもしれません。

評価の基準は相対評価であり、いくら「根ズレ強さ」がAであっても、同強力のナイロンやフロロより強いということはありません
また、「飛距離」に関しても、評価Eのラインより評価Aのラインのが5倍飛ぶといったこともありません(笑)。せいぜい10mくらいの差でしょう。
なお、使用期間が短いなどの理由で評価できなかった項目に関しては、"-"(ハイフン)を入れています。

黄色の字は、2018年版で追加、または評価が変わったところです。

製品名 耐久性 強度の安定性 根ズレに対する強さ キンク・バックラッシュの起きにくさ ガイド絡みの起きにくさ 飛距離 導入コスト 備考

ファイヤーライン 1.0, 1.5号(バークレイ)
※廃盤
C E A A A D C 最初に使ったPEライン。今となっては、安定性が最悪で買う気になれません

ファイヤーラインEXT 1.0号(バークレイ)
※廃盤
D B C C C C D かつては一番気に入っていたラインですが、最近は売ってる店を見かけません

パワーエクストラ 0.8, 1.5号(バークレイ)
※廃盤
E C C C B C A 耐久性はイマイチだが、激烈に安いので早期交換なら

ソルトライン シーバスPE 1.0, 1.5号(東レ)
※廃盤
A A C E E B B 初心者の段階ではバックラッシュの嵐でした(泣)

シーバスPE パワーゲーム 0.8, 1.0号(東レ)
A A E B C A D 8本撚りPE。耐久性・安定性・耐トラブル性が高く、個人的には最高評価のライン
製品名 耐久性 強度の安定性 根ズレに対する強さ キンク・バックラッシュの起きにくさ ガイド絡みの起きにくさ 飛距離 導入コスト 備考

G-soul PE 1.0号(YGKよつあみ)
A A C E E B B 初心者の段階ではバックラッシュの嵐でした(泣)

G-soul WX8 1.0号(YGKよつあみ)
C D E B C A E 8本撚りPE。締め込みで切れるなど安定性に不安が。超高かったのに(泣)

スーパーブレイド 1.0号(サンライン)
C B C D C C A 良くも悪くも普通のポリエステルブレイド。価格が魅力か

キャストアウェイPE 1.2号(サンライン)
B B D B B B C ポリエステルブレイドの8本撚り。バランスいいですが、標準より太すぎ(泣)

ファメル PEブルーマーク 0.8号(山豊テグス)
E C B C B D A 色落ちが凄まじいです(泣)。0.8号で8lbとかなり低めなのでエギング用かな・・・
製品名 耐久性 強度の安定性 根ズレに対する強さ キンク・バックラッシュの起きにくさ ガイド絡みの起きにくさ 飛距離 導入コスト 備考

スムーズ 1.0号(デュエル)
※廃盤
E E B A B E A ノーコメント(泣)

アーマードフロロプラス 0.8号(デュエル)
C E B A C D B ノーコメント(泣)

ハードコアX4 1.5号(デュエル)
B B C C C C A 良くも悪くも普通のポリエステルブレイド。価格が魅力か

ラピノヴァX マルチゲーム 0.8, 1.0号(ラパラ)
C C C C B C A 港湾部で常用するライン。全体的に高得点ですが、安定性が・・・

オクタノヴァ 8X 0.6号(ラパラ)
C C E B D A C 安価でコスパが良いが、他の8本撚りラインよりやや性能が劣る
製品名 耐久性 強度の安定性 根ズレに対する強さ キンク・バックラッシュの起きにくさ ガイド絡みの起きにくさ 飛距離 導入コスト 備考

デュラAR-C 1.0号(シマノ)
※廃盤
E E D D D D D 過去に使ったPEの中で最悪のラインでした(泣)

パワープロ 1.0号(シマノ)
※廃盤
C C C B D D A 1号は3本撚りのためか糸ヨレがひどいです

パワープロZ 0.6, 1.0, 1.2, 1.5号(シマノ)
B D A B C D B 使い心地は悪くないんですが、安定性が・・・

ドンペペ8 0.8号(ゴーセン)
C C E B E A C ポリエステルブレイドの8本撚り。ガイド絡みが無ければ・・・

アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 1.0号(モーリス)
C B E A E A E 高価な8本撚りPEラインだがガイド絡みが頻発(泣)。Kガイドなら大丈夫だけど


現時点では、東レのシーバスPE パワーゲームが総合的に一番気に入っています。
耐久性もあり、飛距離も出るし、ライントラブルも少なく、また非常に強いラインです。
ただしやたら汚れるという欠点もあり、また根ズレには非常に弱いので、障害物の少ない大場所向けですね。
私は主に河川ウェーディングで使用しています。

またライムグリーンの選択肢もあるモーリス(バリバス)のアバニ シーバスPE マックスパワーもかなり気に入っています。
しかし、ガイド絡みがやたら多いということ、実売価格4,000円以上とシーバスPEパワーゲームより値引き率が低いので、8本撚りPEでは次点です(笑)
(下のアフィリエイトみたいに、通販だと安いところもあるようですが)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

東レ シーバスPE パワーゲーム 150m 【15〜20lb / 0.8〜1.2号】
価格:3633円(税込、送料別) (2016/8/27時点)


飛距離よりも根ズレとライントラブル、コストが気になる港湾部の釣りでは、ラパラのラピノヴァXを好んで使ってます。
しかし強度が安定せず、耐久性もやや低いです(泣)
とはいえ価格面では最強クラスですし、相対的に見るとそんなに悪いラインではないです(笑)
最近はマルチカラーの200m巻きを買って、100mずつ分けて使ってます。
早期交換でも財布にやさしいので、現時点ではこれがコスパ最強ではないかと思ってます

シマノのパワープロZはコスパと使い心地は良いので、エギングからサーフシーバスまで各種号数揃えて実釣してみました。
ところが締め込みの時に切れたり、キャスト切れを起こしたりで、どうも安定性に不安があります(泣)
これではやはり、常用するには至りませんね・・・

まだ使ってないですが、2018年新製品のピットブルに期待しましょうか。


初心者の方は、「キンク・バックラッシュの起きにくさ」の高いものを優先して選ぶといいと思います。
次に安定性、根ズレ強さを重視するといいでしょう。
ただ、表を見るとわかるように、ライントラブル回避性と安定性が両立できてる製品は多くないです・・・

また、新しいPEラインを使用したら追加していきたいと思います。
私は2010~2012年の3年間のブランクがあるので、この間に新発売されたPEラインはまだ使ってないものばかりです

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/25(日) 20:33:48|
  2. ライン
  3. | コメント:4

三河湾概況(2018年3月第3週)

先週は仕事帰りの平日に、メジャーポイントに寄ってみるも・・・


すでに、竿を出す余地すら無し!!!(泣)


定時に仕事を終わって速攻で釣り場に向かったというのに、ほんと平日からどうなってるんでしょうか???
もともと、最初に俺が開拓したポイントで竿を出すこともできないとか・・・
ほんと、釣りの世界に墾田永年私財法を適用してほしいと切に願います!


日を改めて3/17(土)に、名古屋港シーバス がっ釣りブログ!!のネモさんと、三河湾エリア港湾部に出撃!

03sensi3.jpg
03センシライトMg


「・・・そんな装備で大丈夫か?」




「大丈夫だ、問題ない。」


釣りを開始して10分後・・・

IMGP3055.jpg

・・・


「神は言っている、ここで死ぬ運命ではないと・・・」




まあ釣果としては死んだんですけどね!(泣)
あえてメジャーポイントは避けて、湾奥マイナーポイントのラン&ガンにしたんですが、さすがにそこまでシーバスは遡上してなかったみたいでした。
ただバチはたくさん抜けてたし、湾奥のポイントも3月末には開幕してるかもしれないので、ネモさん頑張ってください。
私は月末は名古屋港に行ってるかもです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】PS3 エルシャダイ ASCENSION OF THE METATRON
価格:280円(税込、送料別) (2018/3/18時点)




mpm286.jpg

ただ唯一、一ヶ所だけシーバスのボイルらしきものを確認できたポイントがありました。
そのポイントは、私が釣行記で「サードポイント」と書いてるポイントで、私が三番目に多く訪れるポイントです。

なお私は、シーバスネットの村岡さんがかつて言っていた、

「マイポイントを3ヶ所持つべし」
「そのマイポイントで、必ず出せるパターンを3つ見つけること」


を、忠実に実現しようとしてます。
「これを実現できれば、どこに行ってもいつでも魚を出せるようになる」とのことですが・・・
3つのパターンを見つけることができてるのは、まだホームポイントだけですね

まあそれはさておきサードポイントなんですが、このポイントはホームポイント、セカンドポイントと大きく異なるところがあります。
それは、バチパターンになることが極めて少ないということなんですね
しかしそれでも、春先からシーバスが入ってきてボイルが出ることは、このポイントではよくあることです。
ではここのベイトは何になるかと、2cmくらいのボラの稚魚になるんです。

chiayu01.jpg

このポイントは近年非常にアングラーが増えたんですが、ほぼ全員バチ用ルアーを使用してます。
もっともたまにバチパターンになることもあるので、その時は釣れるかもしれません。
しかしこのポイントの大半を占める、マイクロベイトパターンだったら絶対バチルアーなんかでは出ません
経験上、バチパターンだったことは1~2割くらいしかありませんでしたからね・・・

ただマイクロベイトパターンだった場合に困るのは使用ルアーで、2cmのボラにマッチザベイトできるルアーなんてありません
経験上、8cm以上のルアーは完全に壊滅でしたね・・・
やはりできるだけ小さいルアーの方が反応が良くて、私はアイスジグW2までサイズを落とすこともあります。

rb66_01.jpg

ただマイクロベイトパターンでも比較的反応が良かったのがローリングベイトで、過去には66、77の両方で実績があります。
今は55サイズもあるのでそっちの方がいいかもですが、飛距離がね・・・
あとはマール・アミーゴ65mmなんかも良かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス ローリングベイト 66 RB66 その1
価格:1447円(税込、送料別) (2018/3/18時点)



なおこのサードポイントですが、過去にはアジが大量に入ってきたこともあります(笑)
http://mikawamadaka.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

その時のベイトはやっぱりボラの稚魚だったんですが、それに混じって3~4cmくらいのセイゴの稚魚も居ました。
ということは、ひょっとしたら、シーバスがアジに食われていたかもしれないということになりますね!
アジングやる人にとっては、アジパターンならぬシーバスパターンでしょうか???(爆)

aji02.jpg

マイクロベイトパターンは私もまだ研究中なので、有効な対策はまだ見つけられてないです。
でも、この時期でも常に、ベイトが魚であることを意識したルアーも持って行くといいですね!

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/18(日) 21:28:22|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

バチ抜けパターン、初体験![2007/4/27(Fri) 思い出の釣行]

さて前々回の記事で、バチ抜けパターン開幕は3月アタマと予想したので、その後2回ほど行ってみました。
んで、2回とも明らかなバチパターンで出ましたよ!!!

bora_34.jpg

bora_35.jpg


ボラがね・・・


バチもけっこう抜けてて、水温もけっこう上がってきてるというのに、シーバスのバイトは一切なしです(泣)
そのかわりボラの群れが大量に入ってきてて、ボラのバイトだけは頻繁に出る状況です
まあせっかくなのでボラを狙ってみてるんですが(爆)、シーバスと違ってアワセのタイミングが非常に難しいです。
なおレンジはちょっと深めなことが多いようなので、狙いたい方はヨレヨレとか潜るシンペンを持って行きましょう



これだけバチが抜けてても開幕しないとなると、昨年のようにまた一か月遅れになりそうですね・・・
しかし今年はかなりの量のバチがもう抜けてしまっているので、「バチ抜け」は早く終わってしまうかもです。
また今年もハズレ年になってしまうのだろうか・・・?


そんなわけでまともな釣行記も書けないので、私が「バチ抜けパターン」というものを初体験した時の釣行記でも書きます
もう11年も前のことになりますが・・・


日時:2007/04/27(Fri)
場所:名古屋港エリア・港湾部
潮汐:若潮 (満潮 15:12)
:北西→南東
天候:曇り


c_04.jpg

2007年、この年はシーバスフィッシングをまともに始めてから実質2年目。
始めた当時は何も考えずにポイント選んで、何も考えずにルアー投げてました(笑)
しかし2年目となり、ネットとかで色々な情報を収集して、シーバスが釣れる色々なパターンがあることを知り始めてた頃でした。

その中で気になったのは、バチ抜けパターンというものがあるということ。
もっとも、三河湾エリアでエサ釣りしてる時に、ゴカイが抜けて泳いでいるのを見たことはあったんです。
しかし大量に抜けて、それをシーバスが捕食するというパターンがあるということは知らなかったので、大変興味がわきました。

そんなわけで2007年は、バチが抜けだすと予想される2月から4月まで三河湾エリアに通い詰めましたが、全然ダメ・・・
まあ今にして思うと、ポイント選びが全然ダメだったので釣れるわけなかったんですけどね(笑)
ただ「釣れなかった」という経験が無ければ、どのポイントがダメであるかもわからないわけなので、無駄な経験ではなかったです。

ちなみに三河湾エリアのエサ師の間では、まことしやかにこう言われてます。


「春の三河湾は釣れない」


これは間違っているようでいて、実は半分当たってます
理由は長くなるのでまたの機会に書こうと思いますが、私も当時はこの考えにとらわれてました。(エサ出身なので・・・)
そんなわけで釣れない三河湾は見切って、当時通い始めていた名古屋港に行ってみることにしました。


c_07.jpg

4月下旬の4/27(金)、17:00過ぎに名古屋港エリア港湾部のポイントに到着。
もともと人に教えてもらったポイントですが、当時からかなり人気があるポイントで、今でも県下ワースト3に入るアングラー密度です
とはいえ「バチ抜けパターン」がこのポイントであるのかどうかは未知数だし、完全に賭けではあるけど・・・


とりあえずストラクチャーの多い場所で、ワンダー80を中心に投げてみるが、全く反応がない。
とにかくこの場所は釣り客が多すぎて攻めにくいので、夕マヅメ時にオープンエリアに移動する。

ところが移動して30分もしないうちに風向きが変わり、向かい風になってしまう(泣)
とにかく寒いのは大嫌いなので、即移動を決断した。
こういうポイントの選び方は、今でもあまり変わってないですね・・・

mpn034.jpg

18:30頃、風裏になる場所に移動。
この場所は教えてもらったポイントではなく、何の変哲もないただのオープンエリアで、釣れるかどうかも全くの未知数だ。
エサ師の数はかなり多いが、広大なポイントなので竿を出す場所には困らない。
(ただしGWに入ると、竿を出す間もないほど釣り客まみれになってしまうけど・・・)

nyo85_01.jpg

ここでルアーを、当時バチ抜けには最高のルアーと言われていた、にょろにょろ8.5を選択。
ちなみににょろにょろはこの前年に買ったんですが、買った当時はバチ抜けパターンなんて知りませんでした(爆)
何も考えずにルアーも買ってましたからね・・・にょろにょろがバチ抜けにいいと知ったのは、買った後です

にょろにょろをオープンエリアに適当にキャスト。
当時勉強していたバチ抜けパターンのセオリー通り、竿を立ててデッドスローで表層を引いてみる。


ガッ!


!?

投げ始めて間もなく、シーバスのバイトが発生!
こ、これがバチ抜けパターンというものなのだろうか・・・?
一気にテンションが上がってしまい、ひたすら同じようにルアーを投げ続ける。


コン!

カッ!



バイトは毎回のように出るんだけど、さっぱり乗らない・・・
ほんとまあ、にょろにょろ8.5のシングルフックって、乗りが最悪なんですよね(泣)
なので今(2018年)では、にょろにょろ8.5のフックはトリプル#12か、ダブル#8に代えてしまってます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がまかつ(Gamakatsu) ダブル12 #8 シルバー 66242
価格:388円(税込、送料別) (2018/3/11時点)


それでもしつこく、にょろにょろ8.5を投げ続けていたらバックラッシュ発生!(死)
にょろにょろ8.5は特に引き抵抗が弱いので、ライントラブルが起きやすいんだよね・・・
当時は替えスプールも無かったしPEラインに慣れてなかったので、復旧に実に40分も費やしてしまう
ああ、絶好の時合いが・・・

時間は20:30を過ぎてしまい、だんだんと干潮潮止まりが近づいてきた・・・
しかし復旧してる間にも、近くでは40cm前後のシーバスをゲットしてる人も居たので、まだ時合いは終わってないかもしれない。

area10_2.jpg

ここでルアーを、同じく前年に買ったエリア10にチェンジ。
このルアーも実はバチ抜け用に買ったわけではなく、「コモモに似ているけど安い」という理由だけで買ったものです
しかもこの当時は、エリア10がバチ抜けに効くという情報はネット上では全く見たことが無かったんですよね。
(今となっては信じられないことですが、当時のネット情報は非常に少なかったです・・・)

ただレンジは表層だし、ほんとに泳がないルアーなので、ひょっとしたらバチ抜けパターンに通用するかもしれない・・・
それに3連トリプルフックなので、にょろにょろみたいに乗らないということも無いだろうし(笑)
そんな期待を込めて、エリア10を沖に向けてキャスト。
ハンドル1回転4秒くらいの超デッドスローでリトリーブしてみる。


ゴゴン!


!!!

エリア10にチェンジしてキャスト一発で、シーバスがヒット!
大したサイズではないけど慎重に寄せて、抜き上げでランディングする。


m02.jpg
当時の写真は無かったので、別の日に釣った同サイズで代用です(笑)

サイズは35cmくらいで、初心者だった当時としても大きくは無かったです。
しかしサイズうんぬんより、初めてバチパターンで釣れた魚だったので、半端なくうれしかったです!

たぶんまだまだ釣れるとは思うけど、長時間釣り続けて疲れてきたので、これで終了することにした。

mpm022.jpg

久しぶりに記録を見返してみて、PEラインの復旧に40分も掛かってるとか最悪ですよね・・・
でも記録を見て意外だったのは、この日がなんと若潮だったということです。
このポイントは今でも年に1~2回行くんですが、ボウズ率は三河湾エリアより低いんですよね。

ちなみにこのポイントに限っては、エリア10に限らずレッドヘッドホロが抜群に良いんですが、他の色だとあまり釣れません
なんでここまでカラーに対して偏食するのかわかりません・・・他のポイントだと、他の色でも釣れるんですけどねえ。

ちなみにこの翌年(2008年)から三河湾エリアのバチ抜けでも、釣果を出せるようになりました。
それもこれもエリア10のおかげで、当時は三河湾エリアでエリア10を使う人は誰も居なかったので良かったのかもです(笑)
もちろん今でも普通に釣れますし、費用対効果が圧倒的なのも変わらないですね!

当日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ 76ML(がまかつ)
リール03センシライトMg C3000(シマノ)
ラインファイヤーライン 1.5号18lb(バークレイ)
リーダーグンター 5号(ユニチカ)
ルアーエリア10(パブリックルアーズ) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガイア エリア10(AREA10) #24
価格:1021円(税込、送料別) (2018/3/11時点)


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/11(日) 06:09:31|
  2. 思い出の釣行
  3. | コメント:2

2018年新作?自作ルアー紹介

さて前回の記事で、「バチ抜け開幕は3/2前後と予測!」とか言っておきながら、釣りに行きませんでした
だって、満月大潮の土曜日とか三河湾エリアでは、もはや竿を出せる状態じゃないことはわかってますからね・・・(泣)
そのかわりまだ早いと思いつつも名古屋港のマイバチ抜けポイントに行きましたが、やっぱりボウズに終わりました。

mpn032.jpg

実は先月末に無理して仕事帰りにポイント調査したおかげで風邪をひいてしまいました(泣)
そんなわけで精魂尽き果てた状態で、今は無理してでもシーバスを釣りたいという気持ちが無くなってます
なので健康な方はぜひとも頑張ってください!(笑)


lure05.jpg

さて先日、今年使う予定のルアーを製作中と書きましたが、ようやく完成しました。
といっても、過去に作った自作5cmバルサペンシルの量産版なんですけどね

今回もまた、バルサ板の貼り合わせでセルロースセメントでコーティングしています。
ただ今回はわりと時間があったので、コーティング回数を増やして丈夫にしたつもりです。
そのかわり、色々な弊害が出てしまいましたが・・・(後述)


◇ Sさん贈呈用高浮力版

jp5s_01.jpg

Sさんへの贈呈用に製作した高浮力版で、5cmなのに細軸#8のフックを使用できるようになってます。
カラーはSさんのリクエストでチャートバックパールとなっております。
市販ルアーって、チャートバッグのルアーはオレンジベリーにしたがるのは何ででしょうね???
私は、腹が白いただのチャートバックパールのが好きです

コーティングを1ヶ月くらい繰り返したこともあって、かなり丈夫になってると思います。
しかしセルロースセメントがもうかなり古びてしまってて、全体的に黄ばんでしまいました(泣)
まあ遅かれ早かれ、セルロースコートはいずれは黄ばんでしまうものなのですが・・・

そういえばUVコート剤入りのセルロースセメントなんてのも販売されていますね。(高いですが・・・)
UVコート入りであれば、紫外線によるコーティングの焼けも、ある程度防いでくれそうな気がします。
しかしUVコートをしてしまったら、せっかくの蛍光色の意味がなくなってしまうのでは?とも思えます。
(蛍光色は、紫外線が当たるとぼわっと発光します。)
そんなわけで、チャートカラーを多用する私はUVコート剤入りの製品は避けています(笑)


◇ タバコ銀紙張り版

jp5_rhs.jpg

え~っと、かなりひどい出来栄えですが、これは自分用だからです。
贈呈するルアーには手抜きをせず完璧に仕上げようとしますが、自分で使う分は徹底して手抜きします!
まあ、釣れればいいですからねえ・・・

ただ作業の途中までは、それなりの見た目をキープできていました。
ところが体調が悪く、たった一日ですがセルロースへのディッピングができなかった日があったんです。
2日後にディッピングしたら・・・バリバリにヒビが入ってしまい一気にやる気が無くなりました(泣)
その後はエラ張りも塗装も、すべてを適当に済ませました・・・

どうやら、タバコの銀紙はセルロースセメントにヒビが入りやすいみたいですね。
あとセルロースセメントがかなり古くなってるのも問題かとも思いますが(汗)
ちなみにコーティングしすぎたせいで、トリプルフックでは沈んでしまうのでダブルフック#8にしてます・・・


◇ スリム版?

jp5_rhp.jpg

レッドヘッドパールという、オールドな感じのルアーを久しぶりに作ってみました
ちょっと体高を落としてスリムな感じにしたんですが、よく見たらオリジナルもこれくらいの体高でした(汗)
いつもオリジナルをベースにしてマジックでなぞって、バルサの型取りしてるから、だんだん大きくなってた・・・
こちらはコーティング回数が少なめなので思ったより浮力があって、#10フックでもまだ余浮力があります。

ところでレッドヘッドなんですが、「赤い部分は魚に見えないから、シルエットが小さく見えてよく釣れる」とする説がありますが、どうなんでしょう?
その理屈で行ったら、全身レッドのルアーでは絶対釣れないということになってしまいますが、実際釣れます(笑)
そんなわけでその説には懐疑的だったのですが、ある魚を見ると納得できるところもあります。

kasago01.jpg

カサゴは三河湾のような浅い海では真っ黒ですが、串本とか深いところで釣れるカサゴは真っ赤です。
おそらく、深いところでは赤は非常に目立ちにくい色ということになると思います。
まあボトムとかの話であって、トップウォーターでその理屈は通用しないとも思いますが
あと、なんでブラックヘッドのルアーとか無いんですかね~?(もしくは過去にあったが、売れなかった・・・?)


◇ 3cmシンキングペンシル(失敗!)

jp3.jpg

私はたまに実験的に異色なルアーを作るんですが、このペンシルは3cmしかありません!(爆)
このサイズになるとベリーフックはつけられない(リアフックと干渉する)ので、リアフックのみとなってます。
またこのサイズになるとキャストするのも難しくなるので、ウェイトは5cmの時と同じにしてシンキングとしています。
つまり狙った動きは、コアユスライドシンカーとかみたいな、シンキングだけどドッグウォークするルアーです!

しかし実際、動かしてみたら大失敗してました・・・(泣)
リアフックを後部ウェイトとして代用したつもりでしたが、キビキビ動いてくれません。
しかもシンキングスピードがけっこう速いので、浅いところでは根掛かりしてしまいそうです

ただ、これはある程度予想してましたが、ただ巻きでテールを振って泳いでくれます。
あと沈むときもフラッシングフォールするので、使い方によっては非常に有効かもしれません!(笑)


m234_64.jpg

まあトップで釣れるシーズンはまだまだ先ですが、今年もきっと活躍してくれると思います。
バルサで作った小型ペンシルは本当によく釣れるので、どこでもいいから製品として出してくれないですかねえ・・・
正直、自分で作るのがめんどくさいです

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/04(日) 02:13:46|
  2. ルアー製作
  3. | コメント:2

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【4件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (198)
ナマズ釣行記 (27)
遠征釣行記 (35)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
その他の釣り (3)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (35)
タックル (52)
ロッド (11)
リール (20)
ライン (6)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (14)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR