マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

使用シーバスロッド紹介 2017年版

2017年8月現在、私が使用しているシーバスロッドの紹介です。
2014年に書いた記事の書き直しですが、画像がいくつかリンクが切れてたので修正しました。
あと、散財によって本数がけっこう増加してます・・・


◇ ソルティーショット S600L (シマノ)

s600l_1.jpg Model : SALTY SHOT S600L
Length : 6'0"
Wt : 100g
Lure : 3-14g
Sec. : 2


2010年に購入した、6フィートしかないシーバスロッドです。
本来はボートシーバス用のレングスだと思うのですが、私はナマズ専用として購入しました(笑)。10,000円ちょっとだったような・・・
ただ、ナマズにはちょっと柔らかすぎで失敗しましたね

そんなわけで6年間ほぼナマズにしか使ってなかったのですが、2016年にようやく、近距離用としてマダカ釣りにも使うことにしました。
ところがその初年の釣行でいきなり、81cmをゲット!さすがに6フィートだとかなり苦戦しました(笑)

7:3くらいのレギュラーファストテーパーの竿で、当時シマノの主流だったAR-Cシリーズと同じように、曲がりの支点が2ヵ所あるような感じです。
このため慣れないとちょっとキャストしにくいのですが、慣れてしまえば低い弾道でルアーの飛距離を伸ばすことができます。
バットパワーはそこそこあるため魚の引きにはのされにくいですが、やはり重いルアーのキャストは難しいです。

現行製品だと、ディアルーナBSが相当すると思いますが、6'0"ライトのラインナップは無いですね。




◇ ラグゼ・ソルテージチータ 76ML (がまかつ)

cheetah1.jpg Model : LAXXE SALTAGE CHEETAH 76ML
Length : 7'6"
Wt : 107g
Lure : 3-21g
Sec. : 2


2006年に購入した、短く柔らかいシーバスロッド。
当時唯一所持していたプレミアブロス902Lでは硬くて、にょろにょろ8.5のキャストができなかったため、やむなく購入したロッドです(笑)
表記はMLですが、硬さはどう見てもLLくらいです

テーパーアクションはレギュラーテーパーで、7'6"とレングスが短いのにも関わらず、ルアーの飛距離は優れています。
また5g程度の軽いルアーも難なくキャストできるので、小場所では重宝しますね。
使いやすいルアーの重量は、5~14gといった感じです。

グリップが非常に短く、バックハンドキャストもやりやすいですし取り回しに困りません。
非常に軽量なので長時間釣りしてても疲れないですし、ラン&ガンにも適したレングスです。

しかし欠点は、アキュラシー性能がかなり悪いことです(泣)
そのため、ストラクチャー打ちなんかには向いていません。
せっかく取り回しのいい竿なだけに、本当にこれは惜しいです・・・

もともと港湾部・小河川の小物用に購入したのですが、実は手持ちの竿の中で70UPを上げた回数が最も多いのがこの竿です
しかしレギュラーテーパーで粘り強いので、大物が来てもけっこう安心できますね。
ティップが柔らかいのでバチ抜けには非常に向いていますが、ジャーキングにはあまり向いていません。

恐ろしいことに、2017年現在でもまだまだ現役バリバリです!(笑)


◇ ディアルーナMB S706L-4 (シマノ)

dmb76_02.jpg Model : DIALUNA MB S706L-4
Length : 7'6"
Wt : 121g
Lure : 5-21g
Sec. : 4


2017年に購入した、4本継ぎのパックロッドです。
持ち運びがしやすいパックロッドが欲しくなったのと、上のチータ76MLのアキュラシー性能が最悪なので買い足しました
購入直後のインプレは、こちらをご覧ください。→ディアルーナMB S706L-4(シマノ) 購入!!!

テーパーアクションはファストテーパーで、キャストアキュラシーも感度も良く、小場所での釣りには最適です。
ただしシマノらしく、ライトという割にはちょっと硬いので、ダイワくらいの硬さをイメージするとハマります(笑)
これがダイワだったら、LML以上の硬さはあるでしょうね・・・

少し残念なのは、パックロッドなのでしょうがないんですが、レングスの割にはちょっと重いんですよね。(121g)
もっとも、レングスが短いので持ち重りが気になることはそんなに無いです。
しかし、ヴァンキッシュとかセフィアみたいな超軽量リールと合わせると、バランスが悪い感じがします。
私の手持ちのリールでは、250gの15セドナC3000が一番しっくりきます




◇ ハンタウェイ HT-852LL (メジャークラフト)

ht852ll1.jpg Model : HUNTAWAY HT-852LL
Length : 8'5"
Wt : 127.5g (実測値)
Lure : 5-20g
Sec. : 2


2009年購入。チータ76MLはアキュラシーがダメダメなので、ストラクチャー打ちのために新しく購入しました。
当時通ってた名古屋港のバース打ちでは、30m以上先のストラクチャーに正確に投げ込めるロッドが必要だったんですよね。

テーパーアクションはファストテーパーで、非常にアキュラシー性能が良く、また感度も非常に良いです。
さすが、発売当時メジャークラフトのフラッグシップモデルだっただけのことはあります。安いけど(笑)
投げやすいルアーの重量は7~16gといった感じです。LLと言う割にはちょっと硬いですね。
ダイワで言ったらL以上の硬さになるかと思います

欠点は、ガイド絡みがやたらと多いことですね(泣)
私の所有するシーバスロッドの中では、ダントツでガイド絡みが多いです・・・設計が悪いんですかね?
特に硬いPEライン(コーティング系)との相性が悪いです。
ガイド絡みさえなければ、最高の性能なんですけどねえ。
あと、グリップが長すぎてバックハンドキャストがやりにくいのもマイナスです。

バチ抜けにも、トゥイッチ&ジャークの釣りにも対応できる比較的万能な竿で、三河湾港湾部および名古屋港用となってます。
レングス的には港湾部の釣りにはベストとも言ってもいいですね!


◇ クロステージ CRK-904L (メジャークラフト)

crk-904l_02.jpg Model : CROSTAGE CRK-904L
Length : 9'0"
Wt : 127g (実測値)
Lure : 7-23g
Sec. : 4


2016年に購入した、4本継ぎのパックロッドです。
遠征時の公共交通機関に持ち込める仕舞寸法のシーバスロッドが欲しかったので購入しました。
購入当初のインプレは、こちらをご覧ください。→メジャークラフト CRK-904L(パックロッド) 購入!

テーパーアクションは6.5:3.5くらいでかなりレギュラーテーパー寄りのアクションです。
硬さはメジャークラフトなのでちょっと硬く、ダイワならLML以上の感じですね
価格が価格なので振り抜けはあまり良くないですが、レギュラー寄りなので飛距離は出しやすいですね。

しかしパックロッドということもありますが、ドッグウォーキングやジャーキングなど、竿を大きく動かす釣りでは、ブランクの違和感が大きいです。
あと、グリップがクッソ長いので、テクニカルな釣りにはかなり向いてないです(泣)
向いてるのはウェーディングとかの回遊待ちで、ルアーのただ巻きを繰り返すような釣りだけですね・・・

結局買ったはいいものの、公共交通機関で遠征することも無く、かなり使用機会が少ないです
新モデルだとどうやら、ライトアクションのラインナップが無くなってしまったようですね・・・




◇ モアザン ブランジーノ 95ML WADING CUSTOM (ダイワ精工)

mt95ml01.jpg Model : morethan BRANZINO MT95ML
Length : 9'5"
Wt : 135g
Lure : 5-28g
Sec. : 2


2008年に購入したシーバスロッド。
この時はとにかく、金に糸目をつけずに、店頭で振ってみて気に入ったものを選びました。
しかしまあ、今にして思うとこんなクソ高い竿、よく購入したよなあ・・・

アクションは、第一印象では7:3のレギュラーファストテーパーといった感じでしたが、重いルアーを背負って投げるとバット近くまで曲がり、3:7くらいのレギュラースローにも感じられます。
これがダイワの「マルチテーパー」ってやつなのかな・・・?
この特性のおかげで7gの軽いルアーから、21gのやや重いルアーまで十分な飛距離を出すことができます。
また、魚を掛けると竿が大きく曲がるため、自由のきかないウェーディング時でも魚を取り込みやすいです。

感度は普通といった感じで、特に良くはないです。
それでも流れの変化やショートバイトなど、必要な情報は得られるので特に問題視していません。

非常に優れた性能を持つ竿ですが、価格に見合った性能かというと、そこまでは行かないと思います(笑)
おもにウェーディング時に使用していますが、陸っぱりでも大場所で遠投が必要な時や、足場が高い場所なんかでもたまに使用しています。
釣果には非常に恵まれない竿で、この竿では70UPは1回しか掛けてないです

2015年にダイワのKガイド交換サービスで、25,000円以上掛けてオールKガイドに換装しました。
これで折れない限り、まだまだ使うことになりそうです


◇ モアザンAGS 109MML SURF GAME COMMANDER (ダイワ)

109mml02.jpg Model : morethan AGS 109MML SURF GAME COMMANDER
Length : 10'9"
Wt : 145g
Lure : 10-50g
Sec. : 2


2015年に、サーフ用に購入したシーバスロッドです。
長いレングスでかつ重いルアーをキャストできる竿が欲しかったのと、AGSを試してみたくて購入しました。
購入当初のインプレは、こちらをご覧ください。→モアザンAGS 109MML(ダイワ)購入!

テーパーアクションはマルチテーパーながらも、基本7:3くらいのレギュラーファストテーパーです。
ブランジーノ95MLより先調子寄りなので、向かい風のキャストにも強いです。
何より、今まで使えなかった1oz(28g)以上のルアーを投げられる竿であるというのが、私にとっては大きかったです

ただAGSはちょっと期待外れでしたね・・・確かに、軽いのでキャスト後のティップのブレは収束しやすいです。
しかし強烈な横風を受ける表浜なんかだと、ガイド絡み確率は通常ガイドの竿と大差なかったです(泣)
たぶん、ガイド絡みという点に限ればKガイドに負けてるでしょうね・・・

しかしタックルバランスがバッチリであれば、ルアーはめちゃくちゃぶっ飛びます!
20g以上のメタルジグだったら、100mは余裕で超えますね。
もちろん20~30gのミノープラグも飛距離が出ますし、状況が良ければ使ってて気持ちがいいです。

ただサーフに行く機会がほとんどないため、私の手持ちシーバスロッドで唯一、シーバスの釣果がありません

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ モアザン AGS (スピニングモデル)109MML 【SURF GAME...
価格:55177円(税込、送料別) (2017/7/30時点)





小場所ではチータ76ML、ディアルーナS706L-4、ハンタウェイ852LLを行く場所や使うルアーに応じて使い分けてます。
中場所以上ではクロステージ904L、モアザンブランジーノ95MLの2本で使い回しています。
しかし、見事に古い竿がやたら多いですね(笑)
折れない限り買い換えることはまずないし、折れても竿先を買うか修復して使うので・・・

もし今後買い足すとすれば、一昨年折って死亡したディアルーナBS S610Mの代わりの竿が欲しいですね。
まあ、どっちにしてもナマズ用に使うんですけどね・・・

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/30(日) 22:16:46|
  2. ロッド
  3. | コメント:2

三河湾概況(2017年7月第5週)

さてまた釣行記が書けてないですが、最近はバイトすらないので釣行記にもならないです
ホームポイントはとにかく最悪で、ボラの稚魚もまばらで生命感が薄いという始末・・・
状況的には12月よりも悪いですね(泣)

ホーム周辺だと、セカンドポイントはベイトも居てまれにボイルも出るけど、マダカの絶対数が少ない感じ。
サードポイントはベイトは死ぬほど居るけど、なぜかマダカは入ってない状態。
まあ毎年この時期は良くないけど、ここまで酷いとは・・・

yahagi30.jpg

そんなわけで先週末はY作川に行ったりしてみたんですが、なんと周囲三方向で花火が・・・
ドンドンうるさくてバイトすら出ず、ウェーディング過去最短記録の90分で切り上げてしまいました(汗)
この季節の週末はほんと、花火が大敵ですねえ・・・

↑昔は相当はまってました(笑)


ただ三河湾全域で希望が持てないかというとそうでもなく、某小河川で上げ潮時にボイルを確認してます!
過去に50cm未満が釣れたことが無いというポイントなので、かなり期待できそうなんですが・・・
しかし、家から遠くてなかなか通えないところなんですよね(泣)


そんなわけで釣行記も書けないので、今回は上げ潮での釣りについて語ってみようと思います

mt_01.jpg

さて上げ潮はシーバスアングラーの方々には大変不人気です(笑)
やっぱり下げ潮と比べて流れが出にくいため、流れを使った攻略がしにくいというのが大きいかと思います。
また淡水が流れ込む河川においては、上げの下潮(海水)と川の水(淡水)が相反してしまい、二枚潮にもなりやすいです。
そういった点で上げ潮は人気が無いんでしょうねえ・・・

ただ、流れが無いから釣れないというのは、ルアー任せのアクションでただ巻きをしている場合です。
流れがある場合、ルアーをただ巻きしててもU字効果が自然に発生するので、その時に食いつく可能性は高くなります。
しかし流れが無い場合は、ただ巻きだとルアーのアクションに変化が出ないので、シーバスが食いつくタイミングが生まれにくいんですよね。

なので流れが無い場合は、ルアーを積極的に動かしてシーバスのリアクションバイトを誘うような釣りをするといいです。
具体的には、ジャークやトゥイッチでルアーを激しく動かすようにしたいですね。
ただルアーによってジャーク&トゥイッチが得手不得手なルアーがあるので、ルアーの選択にも気を使いたいところです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラパラ Xラップ XR8 SB
価格:1500円(税込、送料別) (2017/7/26時点)


ジャーキングはラパラのX-Rapが抜群に良いです!シンキングではメガバスのX-80SWのヒラ打ちも強烈です。
トゥイッチはラッキークラフトのビーフリーズ、ジャクソンのアスリート、邪道のスーサンあたりがいいですね。


またペンシルベイトで高速ドッグウォークするのも、流れが無い時にリアクションバイトを誘うには最適です。
市販品ではやっぱり、ダイワのモアザン ソルトペンシル(TDペンシル)あたりがいいですね。
もっとも、ちゃんとドッグウォークしてくれるペンシルなら何でも釣れますけどね

tdp7f_07.jpg

また上げ潮時には、これからの時期にはシャローにハゼが接岸してきます。
ハゼ釣りやったことがある方ならわかると思いますが、ハゼは上げ潮時のが圧倒的に釣れます。
当然ハゼを狙ってシーバスも入ってくるので、上げ潮時であってもかなり期待ができます!

しかしハゼはボトムに着く魚なので、レンジはボトム近くになります。
なのでハゼの季節はぜひ、バイブレーションで低いレンジも探るようにしたいですね。
あと、流れが緩い時にはバイブレーションのファストリトリーブもかなり有効です。



まあただやっぱり、流れがあるに越したことは無いですよね
そんなわけで、上げ潮でもしっかりと流れが出るポイントというものを、把握しておきたいところです。

雨の後だと厳しいですが、大潮とか潮の動きが大きい日は、河川でも上げ潮で逆流します。
そんな場合、橋下明暗部でドリフトなんて釣りも、下げ潮の時とは反対側の明暗で成立してしまいます!(笑)
また風流れも大きな要素となるので、上げ潮の向きと風向きが一致している場所を選ぶようにしたいですね。

mpn022.jpg

私はかなりひどいあまのじゃくなので(笑)、あえて誰も居ない上げ潮での釣行が増加してます。
上げ潮の場合、下げ潮の時ほど数釣りはできないけど、型が出る傾向が強いです!
まあ、それが何でなのかは全然わからないんですけど・・・

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/26(水) 23:00:13|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

ソルトルアーインプレ : 邪道 スーサン

製品名:スーサン
メーカー:邪道
タイプ:シンキングミノー
重量他:7g, 重心移動

su-san03.jpg

http://www.ja-do.jp/product/muraoka/susan/index.html

言わずと知れた人気ルアー、邪道のスーサンです。
東京シーバスネットの村岡さん監修で、発売は2008年ごろだったと思います。

スーサンの発売前に、DVD「村岡正憲シーバススタイル」でプロトタイプが登場し、村岡さんがスーサンでポンポン釣り上げてました。
こりゃ、発売されたら入手難になるだろうな・・・と思ってたら案の定、当初は入手困難ルアーになりました


私はそういった流行に流されるのが嫌なので(笑)、普通に入手できるようになった翌年に買いました。
しかし常用するには至らず、1.5軍ルアーとして持って行ったり持って行かなかったりでした。
というのも・・・

athm7_05.jpg

アスリート7Sと完全に、アクション・レンジ・サイズがかぶってしまうので、両方持ってく必要性が無かったんですね
村岡さんの釣行記を見てても、アスリートを使わなくなったのはスーサン開発以降なので、アスリートにはかなり影響を受けてたんだと思います。

そんなわけで私は、アスリートよりほんのちょっと遠くに飛ばしたいという場合にのみ、スーサンを使ってました。
しかし一昨年くらいから、ようやくながらもスーサンが一軍入りし、よく使うようになりました。

これも理由は単純で、釣具店でアスリートよりスーサンのが入手性が良くなったということに尽きます(笑)
よく釣れるルアーなのにも関わらず、ほんと最近はアスリート売ってる店が少なくなりました
釣具店の入荷担当のセンスがないのか(爆)、ジャクソンがあまり作ってないのか不明ですが、ほんと頼みますよ・・・
(最近、イシグロはまたアスリート7Sを売り出したみたいですが・・・)


su-san04.jpg

さて話をスーサンに戻しますが、スーサンはリップレスシンキングミノーです。
発売当初は、同類のルアーはTKLMシンキングワークス、サスケSS-95くらいしかなかったんじゃないでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アムズデザイン サスケ SS-95 #SKS116 ライムヘッドクリアー ima...
価格:1465円(税込、送料別) (2017/7/17時点)


アクションはアスリートと同じくローリング主体ですが、重心移動方式なのでアスリート7Sより飛距離は出ます。
といっても7gなので、ぶっ飛ぶというほどでもないですけどね。

シンキングミノーですがリップレスなので、浮き上がりはかなり早いです。
そのため深いレンジを探るのには向いてませんが、シャロー周辺を探るのには非常に優れています。
特に三河湾エリアは、足元の水深が30cmしかない場所も多いので、スーサンは使いやすいですね

使い方としては、ブレイクのショルダーの向こうにキャストし、任意のレンジに沈めてリトリーブすればいいです。
私の場合は、スーサンはほぼ100%、トゥイッチを入れながらリトリーブしてます。
アスリート7Sと同じく、ただ巻きでも釣れますがトゥイッチ入れた方が食いが良いですね。

su-san05.jpg

スーサンのいいところは、ダウンクロスになっても暴れにくいという点です。
例えば橋下明暗部でドリフトさせながら流し込んだ場合、暗部でU字を描いた後はルアーが水の抵抗を強く受けます。
こんな時、動きの大きいリップ付きミノーだと激しく動いてしまい、スレた魚はヒットしません(泣)
しかしスーサンなら、激しく動くことが無いのでダウンクロスでもヒット確率はかなり高いです!

そんなわけで私の場合は、明暗部で小さなトゥイッチを入れつつスローリトリーブ、というのが鉄板になってます。
しかしこのメソッドは問題点がありまして、ボラが異常に釣れるという大問題を抱えてます
ボラも、ただ巻きでは食ってこないんですけどね・・・

su-san06.jpg

ちなみにラインアイについてるスプリットリングは、スナップ使う場合は取るのが常識です。
しかしこのスーサンは、リングがついてること前提で設計されてるらしく、スプリットリングはつけたまま使用するのが正しいようです・・・
いちおうリングつけてますが、暗闇でのルアー交換がやりにくいので、本当は取りたいです

スーサンのオリジナルのフックは、ST-46 #10となっています。
しかし一時期、どういうわけかST-36TN #6と思われるフックが装着されたスーサンが出回ってました
これを購入したことがありましたが、明らかにローリングアクションが悪くなってて、すぐST-46 #10に交換してしまいました。
今は普通に、ST-46 #10に戻ってますね・・・何だったんでしょうか?

交換フックとしてはST-46 #10以外だと、トレブルRB M #7、デコイY-S21 #8あたりが近い重量となっています。
軽くなる分にはローリングアクションに影響は小さいので、ST-31 #8でもいいと思います。

su-san07.jpg

ベイトが小さくて9cmルアーでは食ってこない、ドシャローなので潜るルアーは使えないなんて場合に役に立つルアーです。
私もまともに使い始めてあんまり年月が経ってないのですが、これからは使う機会が増えると思います。
何せ、アスリートよりもちょっと安いですからね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ja-Do 邪道 スーサン SU-SAN
価格:1315円(税込、送料別) (2017/7/17時点)

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/20(木) 21:48:43|
  2. ソルトルアーインプレッション
  3. | コメント:0

スレてて、釣れない!!![2017/07/14(Fri) 三河湾エリア]

最近にわかに仕事が忙しくなってきて、仕事帰りに釣りに行けなくなりました(泣)
まあ今週は後中潮と潮回りが「私にとっては」悪かったので、行けなくてもよかったんですけどね
(後中潮は、仕事帰りの時間には潮位が高すぎるんですよ・・・)

金曜日だけは早めに帰れたので、帰り際にホームポイントに寄ってみるも、チビセイゴすら無し!
なんだこれ・・・ホームポイント最悪じゃないか・・・
やむなく、いったん帰宅して下げ潮の時間に再出撃することにしました。


日時:2017/07/14(Fri)
場所:三河湾エリア・港湾部
潮汐:中潮 (満潮 21:37)
:南東 0~2m/s
天候:晴れ時々曇り


mpm227.jpg

23:50頃、三河湾エリア港湾部の大人気ポイントに到着。
後中潮最後で下げ潮ということもあって、見た限りでも3人ほど先行者が居るようだ。
ということは、全体では7~8人以上は居るんだろう。
セカンドポイントなんだけど、アングラーが多すぎるのであんまり好きじゃないんだよね・・・
秋の大潮の日なんかには、橋下明暗部にアングラー5人とか酷いことになることもあるし

とりあえず橋下明暗部に入ってみるが、たぶんもう叩かれた後なんだろうな・・・
流れは緩いながらも、正常な方向に流れてはいるようだ。


ボッ!


!!!

明暗の境のところで、ボイルが発生!
どうやらボラの稚魚が相当数入ってきているようで、下げ潮で流されてくるのを待ち構えているようだ。
ボイル発生地点は20mくらい向こうのところで、わりと近いようだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) モアザン ソルトペンシル 70F マイワシRB
価格:1383円(税込、送料別) (2017/7/15時点)


ルアーはモアザンソルトペンシル70Fをセットし、流れに乗せてドッグウォークしながら明暗部に流し込んでみる。
しかし、全く反応が無い(泣)
絶対に居るはずなのに、マジか・・・?アングラーが多いだけに、スレてるんだろうな・・・

自作5cmバルサペンシルにしてみたり、TKLMでドリフトさせながら流し込んでみるが、やっぱり無反応だ。
ベイトはまだかなり警戒してるし、絶対に居るはずなんだけど・・・

10分以上探って反応が無かったのでいつもなら移動するところだけど、居るのはわかってるのでもう少しやってみることに。
10分ほど場を休めてみることにした。

mpm221.jpg

場を休ませたあとに再開するが、やっぱり反応が出ない(泣)。居るはずなのに!!!
もう来てから30分も経ってしまったので、これはもうさすがにあきらめることにした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス ローリングベイト 55 RB55
価格:1357円(税込、送料別) (2017/7/15時点)


しかし移動するその前に、最後にローリングベイト55で探ってから帰ることにした。
ローリングベイト55ですが、明暗部では非常にいいんですが、明暗部以外だとなぜか釣れません・・・

明部に着水させ、100cmほど沈ませてから暗部に向けてファストリトリーブしてみる。


グーッ


!?

ローリングベイト55にチェンジしてキャスト一発で、ヒット!!!
しかし全然エラ洗いしないし、首はグングン振るしで、なんかボラっぽい・・・
完全にボラだと思ったけど、近くまで寄せたらなんとマダカ!(笑)
かなり元気が良くて苦労したけど、なんとか寄せてタモでランディングする。


m281_66.jpg

サイズは66cmで、体高も重量もあってナイスコンディションのマダカでした!
ほら、私はトップだけしか能がない男ではないんです!!!(爆)
しかし今夜持ってきた40cmタモだとかなり苦労しました・・・やっぱり小さいタモはダメですね

ヒット地点はやっぱり20mくらいのところで、さんざんトップを通したけど食わなかったところだ。
やっぱりスレてるんだろうな・・・こういったこともあるのでトップだけ使うというのはやめましょうね(笑)

mpm129.jpg

この後ホーム近隣のポイントを回ってみるが、サードポイントは雰囲気はあるもののボウズ。
ホーム、セカンド、サードの3ポイントの中で、セカンドポイントが一番良くて、ホームが最悪みたいだ・・・(泣)
2:00頃、終了することにした。


これから三連休ということで、まだ比較的アングラーが少ない金曜夜に釣果が出たので良かったです
連休中は家でじっとしてるか、三河湾以外の場所に遠征するか考え中です(笑)

本日のタックル
ロッドディアルーナMB S706L-4(シマノ)
リール12セフィアCI4+ C3000HGS改(シマノ)
ラインラピノヴァX マルチカラー 0.8号17.8lb(ラパラ)
リーダートヨフロンL-SE 4号(東レ)
ルアーローリングベイト55(タックルハウス) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料5】シマノ '17ディアルーナMB S706L-4
価格:20007円(税込、送料無料) (2017/7/15時点)

  1. 2017/07/15(土) 04:04:11|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:0

コ式好調![2017/07/09(Sun) 鯉・草魚釣行記]

この週末は大潮ということで、港湾部周辺はアングラーが多そうなのでヤメ。
しかたなく、久しぶりに某河川へウェーディングしに行きました。

しかし、釣りをしてたら後行者が思いっきり水面を照らしながら出現
当然のように何の断りもなく、ガンガン下げ潮が効いてるのに、潮下20m弱のところに入ってきました。

baka0003.jpg
(写真は記事とは関係ありません)

腹が立つと言うほどでもありませんでしたが、この人のあまりのレベルの低さに幻滅してしまいましたね・・・
大潮下げの河川で釣りをしたことがあるなら、ルアーをドリフトさせたら下流に20mくらいすぐ流されることくらいわかるはずです。
それにそんなところに入ったら、アップクロスキャストできないでしょ?(俺はダウンクロスキャストができなくなる)
私の場合、先行者が居たら河川だったら最低でも60m以上は離れて入りますね。

別にこの場所は混んでたわけでもなく、私の上流下流ともに500m以上誰も居ませんでした(爆)
せめて潮下に入ることに断りを入れるとか、そういうのがあったら気分を悪くすることも無かったんですが・・・
こんな感じで気分が滅入ったので、早々に撤収してしまいました。


ちなみに港湾部のホームポイントですが、梅雨明け前に早々に終了してしまったようです(泣)
仕事帰りに一回行ったんですが、チビセイゴ1尾だけで終了・・・
まあ全然釣れないということもないだろうけど、6月下旬のような釣果は今年はもう無いでしょう

m280_10.jpg


ホームポイントも全然ダメだし、今週末はこれ以上釣りに行く気は無くなってしまいました。
しかし、スーパーに飲食物を調達しに行ったところ・・・

bread14.jpg

なんと、ヤマザキの超芳醇を含めた、賞味期限間近の食パンが半額以下!
安いものでは58円なんてのもあったりして超お買い得!!!
これを見ちゃったらもう・・・コ式の釣りに行くしかないでしょう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマザキ 超芳醇 6枚切
価格:231円(税込、送料別) (2017/7/9時点)



fp09.jpg

というわけで急きょ、コ式でコイ、ソウギョを狙うため4:30頃、マイソウギョポイントに到着。
ところがなんとソウギョ用のロッドを忘れてしまって(汗)、使えるロッドは常に車載してるチータ76MLしかない・・・
ちなみに名称こそ76MLですが、実際の硬さはLLくらいのかなりライトなロッドです
もっともこの竿で、シーバスの70UPも何度も釣り上げていますが・・・

まずは超熟を3枚ほど、大きめにちぎって水面にばら撒いておく。
ちなみに今回は、食パンを何と4斤も買ってきたので、潤沢にばら撒けます!(爆)

ところがさっそくミドリガメがわらわらと湧いてきて、10分もしないうちにほとんど食われてしまう(泣)
ほんとめちゃくちゃ増えたようなあ・・・私が一番消えて欲しいと思ってるな外来種は、ダントツでミドリガメです。(次点はブルーギル)
まあ、もっともソウギョも外来種なんだけどね


しかし5:00前、わずかに残ってるパンを狙って、ソウギョが回遊してきた!
慌ててコ式を投入してみるが、投入地点と真逆の方向に泳いで行ってしまった
スレてるのかなあ・・・?やむなく、別の釣り座に小移動することにした。

fp11.jpg

5:15頃、コ式を水面に放置できるポイントに到着
ここなら流れが速いのでコ式がミドリガメに襲われにくいし、じっくり回遊を待つこともできる。
まあ三年前の動画ですが、こんな感じの釣りができるので見てなかったら見てください(笑)
https://youtu.be/UY10Whb1s9g

この場所ならコイもソウギョも両方狙えるけど、まずはソウギョを狙ってみることにした。

koshiki7.jpg

コ式でソウギョを狙う場合、食パンは大きくつけるのがミソです。
大きくつけても、80cm以上のソウギョだったらだいたい一発で食います!

コ式は水面に放置した状態で、周辺に細かくちぎった食パンをばら撒いておく。


パフッ!


!?

コ式を投入してから10分も経たないうちに、ソウギョが食ってきた!!!
コ式が水中に引き込まれたのを確認し、しっかりとアワセを入れてファイト開始。
しかしロッドが柔らかすぎて寄せきれず、寄せては走られを5分以上繰り返してしまう
ソウギョは竿を上げて空気を吸わせても、弱らないんだよね・・・
ソウギョの体力は果てることが無いと判断し、ソウギョが岸に寄ってきたタイミングで強引にランディングする。


sougyo18.jpg

サイズは92cmで、ここのレギュラーサイズのソウギョでした。
しっかしよく引いたわ・・・でもソウギョって、優しく扱えばわりとすんなり寄ってきてくれるので、ライトタックルでもなんとかなります!
逆にガチガチの竿でわざと暴れさせて、引きを楽しむ人も多いみたいですけどね。


リリース後パン撒きを再開するが、あれだけファイトに時間がかかったのにコイがすぐ近くに入ってきてる!(笑)
さっそくコ式にパンを刺して投入するが、パンが大きすぎて食いつけないようだ。
ソウギョと違ってコイの口は下向きなので、パンが大きすぎると吸い込めないんだよね・・・

koshiki8.jpg

そんなわけでコ式に刺すパンのサイズを小さくします。
食パンにもよりますが、パンの耳部分のが硬いので針持ちは良くなりますね。

この状態でコ式を投入し、コイが食いついてくるのをじっと待つ。


パックン!


!!!

6:00前、ようやくコイがヒット!
ソウギョと違ってコイはよく暴れるけど、サイズが小さいので絶対的なトルクは無い。
あとコイは竿を上げて空気を吸わせてやればだんだんおとなしくなってくるので、ずっと楽です。


carp_09.jpg

サイズは72cmで、標準的な体型のコイでした。
シーバスなんかと違って、70UPがいとも簡単に釣れてしまうのが淡水大魚釣りです!
しかもエサは58円のパンだったし、費用対効果が高すぎます!(笑)

この後も同じようにコ式を水面に放置し、コイが食いつくのを待ってみる。


carp_10.jpg

6:30過ぎに、今度は71cmをゲット!
いや、さっきと同じくらいの魚だったので、同じ魚が食ってきたかと思いましたよ・・・

7:00には終了する予定なので、残りの食パンはすべて撒いてしまい、コ式に残ったパンだけで食いつくのを待ってみる。


carp_11.jpg

そしてタイムアップ直前の7:00前、本日3尾目のコイをゲット。
実はサイズ測り忘れましたが(笑)、体高もあってコイの中では本日一番の引きでした!

ちなみに上唇にフィッシュグリップを掛けてますが、コイは下唇にフィッシュグリップ掛けると口が裂けるので要注意です
ノズルみたいにニュッと伸びてくる口なので、弱いんでしょうねえ・・・
たまに下唇にフィッシュグリップで吊り下げてる釣果写真撮ってる人いますが、あれはやっちゃいけません

これだけ釣れたら満足なので、予定通り7:00に終了することにした。

fp12.jpg

潮回りやアングラーの過多に左右されるシーバス釣りと違って、こういう釣りは場所さえ知ってればいつでも釣れますね。
自宅の近くで70UP、90UPが簡単に釣れるなんて、こんな楽しいことは無いと思います
こういう釣りに興味があったら、名古屋のでんでんまるさんが非常に詳しいので、ぜひ行ってみてください!

本日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ76ML(がまかつ)
リールCy.(サイ) 2500改(ダイワ)
ラインハードコアX4 1.5号25lb(デュエル)
リーダーモアザンリーダー X'treme TYPE-N 7号25lb(ダイワ)
ルアー神田型コ式(小林重工/櫻井釣漁具)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DUEL デュエル ハードコア X4 150m 1.5号 25LB ホワイト
価格:1360円(税込、送料別) (2017/7/9時点)

  1. 2017/07/09(日) 09:26:26|
  2. コイ, ソウギョ等
  3. | コメント:2

小潮の上げ潮でも出撃![2017/06/30(Fri) 三河湾エリア]

さて先々週末の大潮下げでも釣りに行ったんですが、大潮の週末とあってアングラーだらけ
思うようなポイントも選べず、おまけにボイルも一発も起こらずでノーバイトで終了しました(泣)
ほんと、大潮の週末とか最悪ですね・・・私にとっては

ところで、どうしてシーバスアングラーの人たちの大半って、大潮・中潮の下げにしか来ないんでしょうか?
まあ、おかげさまでそういう潮回り・潮時を外して行けば誰も居ないので、その傾向は続いてほしいんですけどね(爆)


日時:2017/06/30(Fri)
場所:三河湾エリア・港湾部
潮汐:小潮 (干潮 16:28)
:北西→南東 0~2m/s
天候:曇り


mpm298.jpg

6/30(金)の仕事帰り、19:00過ぎに三河湾エリア港湾部のホームポイントに到着。
秋の大潮ならともかく、初夏の小潮の上げ潮にここに来るアングラーなんて、絶対私しかいません!
しかもまだかなり明るいという・・・(爆)

潮時は小潮の上げ5分で、潮流れは緩いものの動いてはいるし、本日はベイトの気配も濃厚だ。
今日は午前中に雨が降ったので、たぶん状況は良くなってるはず?

jp5cm_18.jpg

まずはいつもどおり、トップバッターはもちろん自作5cmバルサペンシルをチョイス。
まだ今年は岸際では出てないけど、とりあえず岸際のドシャローを探ってみる。


ポチュ!


明らかにチビセイゴだけど(笑)、キャスト一発目からバイトが発生!
岸際でセイゴが反応するようになったということは、最盛期になったということだろうか?
再び、同じように岸際のストラクチャー付近を狙って、高速ドッグウォークで探ってみる。


パチャン!


3投目でヒット!


m276_23.jpg

したけど、サイズは目測で23cmくらいのセイゴでした
フラッシュ炊いてるので夜みたいに見えますが、まだ相当明るかったです。

このまま、岸際を探り歩いてみる。


ポチュッ!


m277_10.jpg

ち、ちっちゃ!!!10cmくらいの新子のセイゴでした
う~ん、エサ釣りでもこのサイズを釣るのは難しいというのに・・・

どうやら活性はけっこう高いみたいで、キャスト3回につき2回くらいの割合で、シーバスがバイトしてくる!
しかしセイゴサイズばっかりのようで、なかなか乗らない(泣)
でもまだ明るいので、セイゴがバイトしてくるところが丸見えでめちゃ楽しいです!!!(笑)

先週60UPが出てる瀬のところに到着したのだけど、やっぱりミスバイトだらけでなかなか乗らない。
何度もバイトを拾ってたら、ついには反応が無くなってしまった。

jp01_02.jpg

ルアーは間違いないけど反応が無い、こんな場合の常套手段はカラーチェンジでしょう(笑)
チャートバックの自作5cmペンシルにチェンジし、たまにポーズを入れつつドッグウォークしてみる。


パコッ!


カラーチェンジしてキャスト一発で、ヒット!


m278_35.jpg

このポイントのアベレージサイズである、目測で35cmくらいのセイゴでした。
あ、ちなみにあくまでもアベレージサイズであって、この35cmくらいのサイズって実はあんまり釣れなくて希少です!
20~30cmくらいと、40~50cmくらいはそこそこ居るんですけどね(笑)

この後、19:30を過ぎて暗くなってきたら、バイトもあまり出なくなってしまった(泣)
暗くなるにつれて釣れなくなるとは・・・スーサンで下のレンジも探ってみるが、全く反応がない。

mpm299.jpg
20:00前なのにけっこう明るい・・・

やむなく、20:00頃まで場を休めてボイルが発生するのを待ってみるが、ますます水面は静かになってしまった
ちょっと潮位が上がりすぎたかなあ・・・
この場所はあきらめて、駐車場所に戻りつつ探っていくことにした。


ここでルアーは、T.D.サイレントバイブレーション106S(シーバスチューン)にチェンジ。
いや、いつもトップばかり使ってるから、俺はいちおう他のルアーでも釣れるんだぞってことを証明しないと・・・
それに俺はもともとバイブ使いであって、かつては釣果の7割がバイブだったんですよね。
もっともここ数年だと、トップが釣果の8割を占めてるけど(爆)

ちなみにこのポイントは、TDバイブかコーモランのプライアルバイブのような中空バイブがいいです。
特に上げ潮の場合は塩水くさびが発生しやすいので、ボトムを探れるバイブレーションは必須ですね。

TDバイブをブレイクラインに対して斜めにキャストし、ボトムまで沈めてからリトリーブすることを繰り返す。


ガッ


ゴッ


バイトは頻繁に出るんだけど、全然乗らない・・・
たぶん小さいヤツがバイトして来てるので、なかなか乗らないのかもしれない。
このまま探りつつ帰る予定だったけど足を止めて、バイトが多い付近にしつこくキャストを繰り返してみる。


グン!


!!!

ブレイクの向こうの深いところで、ヒット!
追いアワセを入れて完全にフッキングさせたら、かなりの速さでこっちに向かって逃げてきたので楽に寄せられた(笑)
それでもバイブだとバレるのが怖いので、タモを目いっぱい伸ばして早めにランディングする。


m279_64.jpg

サイズは64cmで、久しぶりにバイブで60UP釣りました!
ほら、私はトップじゃなくてもいちおうシーバス釣ることができるんです!!!
もっとも、トップとバイブでしか釣ってないという両極端だけど(爆)

この後もバイブで探ってみるが、バイトは相変わらず出るものの、やっぱり乗らない。
まあ、小潮の上げ潮で60UPが出たなら上出来なので、20:45頃終了することにした。

mpm050.jpg

私の釣果の傾向からしても、潮回りと釣果の良し悪しは必ずしも連動してないですね。
どこに行ってもアングラーだらけの大潮より、小潮や若潮・長潮の方がずっとポイント選びやすいですし

ちなみに後日確認したんですが、今年のホームポイントはハゼが相当数入ってきてるみたいです!
まだ4~5cmくらいなんですが、ドシャローのところにびっしり張り付いてて、ここ数年では見られなかったことです。
今年はトップに反応悪い日がちょこちょこあるので、そういう日はハゼパターンなのかもですね・・・
ハゼが倍以上のサイズになったら、ハゼ釣りに行きたいです(笑)

本日のタックル
ロッドラグゼ・ソルテージチータ 76ML(がまかつ)
リール15セドナ C3000改(シマノ)
ラインパワープロZ 1.0号20lb(シマノ)
リーダーグンター 5号(ユニチカ)
ルアー5cmバルサペンシル(自作)
T.D.サイレントバイブレーション106S シーバスチューン(ダイワ) 他

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/03(月) 20:11:25|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【4件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (198)
ナマズ釣行記 (27)
遠征釣行記 (35)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
その他の釣り (3)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (35)
タックル (52)
ロッド (11)
リール (20)
ライン (6)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (14)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR