マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

名古屋港&サーフで撃沈・・・

さてずっとシーバス釣行記を書いて無いんですが(汗)、行ってることは行ってるんです。
ただ釣れるサイズがもう、MAX30cmくらいになってしまってて、どうも書く気が起きなかったんですね
もう終わりかなあ・・・まあ例年通りではあるけど。

m257_20.jpg

ただこのまま釣行記も書かないようじゃ何のブログかわからなくなるので、「釣行の記録」を一応書いておきます


11/26(土)

mpn045.jpg

17:00頃、名古屋港エリア港湾部のオープンエリアに到着。
この時期、三河湾はかなりキツくなってくるので、名古屋港まで足を延ばすのは毎年恒例になってるのだ。
それにまだ早いかもだけど、サヨリパターンが開幕するかもだし・・・

早めに来たつもりだったけど、入りたかった釣り座にはエサ師の先行者あり(泣)
うう~ん、もっと早く来ないといけないのだろうか・・・でもルアーで場所取りとかあまりしたくないよね
エサ師はダラダラと電気ウキを横に流しているので、潮下でウキが流れてこない場所に入る。


もしサヨリパターンが開幕してるのなら、タックルハウスのコンタクトノード130Sが、このポイントでは最強だ。
ミディアムリトリーブ以下の速度ではほんと動かないルアーなので、そこがいいのかもしれない(笑)

ノード130Sをフルキャストし、50cmほど沈めてからミディアムリトリーブすることを繰り返す。


プルルルルッ!


モロにセイゴだけど、バイトが発生!しかしアワセたらスカ(泣)
遠投用にモアザンブランジーノ95MLを使ってるので、この竿だと40cm未満は弾くことが多いんだよね・・・

ふつう一回バイトが出たら立て続けにバイトが出るのがここの特長だけど、どういうわけか後が続かない。
う~ん、まだサヨリパターンは早かったのかもしれないな・・・移動することにした。

mpn046.jpg

近くの明暗部を探ってみたり、捨て石まわりをトップで探ったりしてみるが、全然反応が出ない(泣)
やむなく後から行く予定だった河川筋に移動してみたが、進入ルートでガキどもがたむろってて入れない
急きょ、ネモさんが最近好調だという場所まで移動してみるが、2バイト拾っただけで終わってしまう。
ネモさん、お時間を取らせてしまいすみませんでした・・・




11/27(日)

名古屋港で釣果が出たならもう釣りに行くつもりはなかったけど、ボウズだったのでサーフに行くことに決定!(汗)
いったん家に帰って2時間ほど睡眠をとって、渥美半島に向かうことにした。

omote12.jpg

5:00頃、渥美半島の砂浜じゃないところに到着。
これだけでもう場所は相当限られてしまうので、どこなのかは想像がつくかと思いますが
砂浜に行っても釣れるのはヒラメだし、釣りたいのはあくまでもシーバスなので・・・

そういえば一昨年だったか、サーフへ行った時の記事をちょろっと書いたことがあります。
「フラッシュマーカー(後部認識灯)使ってる人が多い」「すぐ隣に割り込んでくるアングラーが多い」というようなことを書きました。
そしたら数日後、たまたま見かけた東三河の人?のブログで、


「フラッシュマーカー使ってなかったら暗くて見えないから、割り込まれるのは当然じゃボケ!」


みたいな記事がアップされてて驚きました(爆)
名指しはされてないですがあまりにもタイミングがバッチリだったので、私の記事を受けて書かれたんじゃないかと思います。
てゆうか、私はフラッシュマーカー使ってるんですけどね~
じゃなかったら、フラッシュマーカーの自作記事なんて書くわけがありません(笑)

しかし何よりも、サーフ専門の人が私のブログを見てたということが一番の驚きでしたけどね
サーフの記事なんてほとんど書いてないんですが(笑)

omote13.jpg

5:15頃に釣りを開始するが、夜明け前の6:00頃から続々とアングラーが増えてきた。雨降ってるのに・・・
先行者の人の潮上10mくらいのところに入ってきたアングラーの人も居ました
横風もあって潮流れもあるのに、ほんとに大丈夫か・・・?まあ俺には関係ないからいいけど

7:00頃までやってみたけど、結局何の反応もなく終了!!!(泣)
まだサーフの方は全然知見が足りないので、どうやったら釣れるとか全然わかんないんですよね・・・
いつもやってる港湾部の釣りのように、魚の動きを予測して場所やルアーを考えることが全然できてないです

omote14.jpg

帰り道で堀○海岸を通ったので見てみたら、人、人、人!!!(汗)
見た感じ小○津までずっとこの感じで、7:30の段階でこれとは凄まじい
今年は特に人が多い気がする・・・こりゃ、この付近は竿を出すのにも一苦労だろうなあ・・・

んで、渥美半島まで行って何も得られるものはなかったかというと、得られたものはありました!

lure01.jpg

帰りに寄ったミック天津店で、廃盤のアスリートスリム9Fをゲットしました!!!(爆)
さらに同じく廃盤の、プガチョフコブラ・クルビットも補充できました。
一番下の餌木は特に意味はないです

アスリート9F、よく釣れるのに廃盤になって困ってたんですよね~
まだ数個残ってたので、欲しい人はミックに行ってみてください(笑)
外海メインの釣具店は、むかしの内湾用ルアーが売れ残ってることがけっこうあるので穴場です!



結局、釣行記なんだかよくわからない記事になってしまいました(汗)
そのついでに、釣りとは関係ないことも書いておきます。(注意喚起)



youtubeで有名な東京のバイク屋さんの動画なのですが、西三河の某ネットカフェでiPhoneをスラれたそうです
実は私も、犯人に心当たりがあるんですよね。
いつだったか、西三河のネットカフェ(動画のネットカフェの隣市)に入って、ドリンクを取りに行って戻ってきたら・・・


チャラ小僧が通路から、私のいたセパレート席を上からガン見してました(汗)


同じ人間かどうかはわかりませんが、西三河のネットカフェで金品物色してる輩が居るのは確実です。
なのでネットカフェを利用する時は、ほんとに注意してください。
しかしまたまた、三河人の恥が全国に広まる・・・
  1. 2016/11/27(日) 12:01:00|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

PEラインとリーダーの太さの話

先週アオリイカが釣れたのに気をよくして、また南知多まで行きましたが完全ボウズでした
シーバスも行ったんですが、MAXで30cmくらいで全然ダメでしたね・・・
やっぱりもう、シーズンオフが近づいてるのを実感してます(泣)

mpm260.jpg

そんな感じで釣行記も書けないので、PEラインについてちょっと思ってることを書いておきます

まず、シーバス初心者の方に私がいつもおすすめするPEラインの太さは1.5号と、かなり太めです。
初心者の段階だとPEラインを護岸に乗せてしまったりして、ラインが傷ついてしまったりすることも多いと思います。
また、PEラインがバックラッシュしても、太めの方がリカバリしやすいんですよね。

またラインが強ければ、ノットがしっかりしてることが前提ではありますが、根掛かりしてもフックを伸ばして回収できるメリットがあります。
1.5号ともなるとたしかに飛距離は落ちますが、シーバスフィッシングでは飛距離は必ずしも重要なファクターではないということを知ってもらえると思いますし。


そしてPEラインの釣りに慣れてきたら1.2号、1.0号をおすすめしてます。
エギングとかでもうPEラインを使ったことがある人には1.0号、0.8号をおすすめすることが多いですね。
実際私も、最初は1.5号から始めて、だんだん細くしていった経緯もありますし、これが一番いいんじゃないかと


m220_40.jpg

ところが、某メーカーのPEラインの商品ページで、有名プロが「僕は0.6号を使っている」と書いているところがありました。
しかも8本撚りのPEラインなんですが、0.6号ねえ・・・
私もたまに使ってるんですが、8本撚りのPEで0.6号は、むちゃくちゃ根ズレに弱いですよ(泣)

影響力のあるプロの人が書いてるだけに、初心者の人がこれを真似していきなり0.6号とか使ってしまわないか心配です。
ほんとPEラインはちょっとした傷でもプツンと逝ってしまうので、いきなり細いPEラインを使うのは絶対やめた方がいいです。

なんでこんな記事を書いたかというと、先日0.6号のPEラインで釣りをしたのですが、なんとチビセイゴでラインブレイクしました(泣)
特に何かに根ズレしたとかなかったのですが、切れた時の荷重は100gくらいでした・・・
ほんと、あまりにも細いラインは初心者の方には全然おすすめできないので、PEラインを選ぶときには注意してほしいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東レ シーバスPE パワーゲーム 150m 【12lb / 0.6号】
価格:3883円(税込、送料別) (2016/11/20時点)



んで、PEラインはポンド表記がだいたい書いてありますが、あんなの信用しなくていいです
だいたい、PEラインの強さはナイロンの3~4倍ということをおぼえておけば、リーダーの太さを決めるときに悩むこともないです。
なので1号のPEラインを使用する場合は、4号以上のリーダー、1.5号なら6号以上のリーダーを選べばいいですね。

これでわざわざ、ポンド表記のある高いルアー用ショックリーダーを買う必要もなく、安い海釣り用ハリスを号数で選べます(笑)
ただ、私はエサ釣り歴が長いのでどれが海釣り用ハリスかすぐにわかりますが、ルアーしかしない人は知らないかも。

一昨年の話ですが、エサ釣り歴のないSさんが、イカ釣り用のリーダーは何がいいか釣具屋の店員に聞いたところ・・・
なんと、東レの銀鱗を買わされたそうです
あのさ、銀鱗ってハリスじゃなくて道糸なんだけど・・・釣具屋の店員でもこのレベルなのかよ・・・
俺でも小学生のころから知っていたぞ(汗)




ハリスの特徴は根ズレに強い、復元力がある(引っ張るとまっすぐになる)というところです。リーダー向きですね。
対して道糸は根ズレ強さはあまり考慮されていないので、リーダ向きではありません。
なので間違って買わないようにしましょう。

いちおう、よく売ってるハリスの主要な銘柄を書いておきます。

東レ : トヨフロンシリーズ
クレハ : シーガーシリーズ
ユニチカ : グンター
サンライン : トルネードシリーズ

ナイロンのグンター以外はすべてフロロカーボンです。
なお、ゴーセンのホンテロンもよく売ってますが、あれはガチガチのポリエステルハリスなので、リーダーに使うのはやめた方がいいと思います
私はフロロは東レのトヨフロン(スーパー)Lハード、ナイロンはユニチカのグンターをよく使ってます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユニチカ(UNITIKA) グンター 50M 5号 カモフラージュブラウン
価格:771円(税込、送料別) (2016/11/20時点)


なおリーダーを長くとる場合、リーダーの材質がナイロンかフロロかでルアーの動きに影響が出てきます。
特に小さいプラグを使用する時は顕著なので、そういう場合はナイロンを使った方がいいでしょう。


せっかくシーバスを掛けても、ラインブレイクしたら台無しなのでPEラインとリーダーの選択には気をつけましょう。
まあ、自戒の意味も込めてこんな記事を思い付きで書きました

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/11/20(日) 05:53:14|
  2. ライン
  3. | コメント:2

アオリイカに初トライ![2016/11/12(Sat) 南知多エリア]

シーバスもだんだん釣れなくなってきて(泣)、釣りシーズンもいよいよ終盤ですね。
今年は仕事が忙しすぎであまり釣行できないまま終わってしまった・・・まだ忙しいけど

hiika_02.jpg

さて昨年の晩秋は少し浮気をして、ヒイカに初トライしていちおう釣れました
せっかくなのでアオリイカも狙ってみたいと思いましたが、昨年は結局行くことができずに終わりました。

そんなわけで今年こそは、アオリイカに初トライしてみよう!ってことで、今週末はエギング釣行することに。
といってもタックルはシーバスタックルしかないし、アオリイカ用の餌木も2個しか持ってませんが・・・
まあボウズは確実だろうけど、何事もトライしてみないことには始まりませんからね!

12van_13.jpg

ロッドは先調子の8'5"シーバスロッドでなんとかなるでしょう。
リールは、ヴァンキッシュにセフィアSSのスプールを装着した偽セフィアにします(笑)
しかし「偽セフィア」という響き、なんか伊勢せきやみたいですね。
すみません、激しくどうでもいいことでした


PEラインは超小場所で使ってる、0.6号でちょうどいいでしょう。
リーダーはセイゴのエサ釣りに使ってたフロロカーボン2号ハリスがあったので、それにします。
つまるところ、餌木以外はすべてがシーバスタックルなんだよな・・・


chita01.jpg

20:00頃、南知多エリアの漁港に到着。
釣れる潮時とか全然わからないですが、まあ潮が動いている時間ならいいだろうということで適当です

この漁港はかつて、クロダイ狙いでエサ釣りしていた頃に頻繁に通っていた釣り場だ。
いつもクロダイは釣れずに、なぜかカレイやキスばかり釣れた思い出が・・・といっても10年以上前の話ですが

ある日、なんかルアーロッド持った小僧がすぐ隣に割り込んできて、竿をビシュビシュやり始めて、なんだこいつ?と思ったのです。
後からそれはエギングというものだと知ったのですが、初めて見たのがこれなのでエギングの印象は最悪でしたね(笑)

まあ、小僧が来てたので(小僧といっても、当時は同年代でしたが・・・)、この釣り場はアオリイカは居るんでしょう。
見た感じ、エサ師が数名、エギングやってる人が2名ほど居るようだ。


ここの水深は、むかしウキ釣りをやってるので把握できてて、20m先で5mくらいだ。
そんなに深くないので、まずは2.5号の餌木で探ってみることにした。

といっても、餌木の動かし方は全然知らないんですけどね
とりあえずシャクリを入れればいい(ジャークみたいなの?)ということと、いったんボトムを取るということを知ってるだけです・・・
せめてYoutubeで勉強しておくべきだったか・・・

沖に向けて餌木をキャストし、ボトムを取ろうとしてみるが・・・着底の感触がわからない(汗)
う~ん、どうやったらこんな軽い餌木で着底がわかるのだろうか???


なんとか着底の感触をわかるようにしたいので、3号の餌木にチェンジしてみる。
まあ、餌木は2個しか持ってないんですけどね

これでなんとか着底の感触がわかるようになったので、ボトム付近でアクションをつけてみることにした。
といっても完全自己流で、ボトムを取ったら2~3回シャクリ(ジャーキング風)を入れ、また着底させることを繰り返してみる。


ムーン


!?

開始してから10分後、ゴミを引っかけたような感触だが・・・なんか引いてる???
これは、これはもしかして・・・?絶対バラしたくないけど、まさかのヒットにテンパってしまう
しかしシーバス用の60cmタモで楽々ランディング(笑)


aori01.jpg

ついに、ついに、人生初のアオリイカをゲットしました!!!
って、始めてから10分くらいしか経ってないんだけど
ちなみに今まで、エギングやってる人はたくさん見てきましたが、釣ってるところを見たことは一度もありませんでした。
なので生きてるアオリイカを見るのも、釣ってるところを見るのも?初めてです(笑)

しかし想像以上に引きが弱かったですね・・・なるほど、これなら2号リーダーでも余裕でしょう。
ただカンナが伸びないか、身切れしないかということの方がはるかに心配でした。
まさか釣れるとは思ってなかったので、駐車場所にクーラーボックスを置いてきてしまったので急いで取りに行く(笑)

締めてから再び釣りを再開する。
さっきは遠いところでかつ、ボトム付近でヒットがあったので、また同じようにフルキャスト。
ボトムを取って、3回ほどシャクリを入れてフォールすることを繰り返す。


モモンッ!


!!!

再開してから10分もしないうちに、またヒット!
今度はさっきより引くけど、シーバスと違ってエラ洗いしないから楽勝だ。
それにさっきより落ち着いているので(笑)、速やかに寄せて速やかにランディング。


aori02.jpg

今度のやつは、さっきより少し大きかったです!サイズは・・・アオリイカのサイズの測り方知りません
ちなみにアオリイカに詳しい方に後から見てもらったのですが、「この時期に釣れるサイズとしては大き目」ということでした。
しかし初釣行で短時間で2杯ゲットできてしまうとは・・・ビギナーズラックというものは本当にあるんですね(笑)

しかしこの後、まったく釣れなくなってしまう。
先行者の人たちも帰ってしまったようで、もうダメなのかもしれないが、ヤメ時がわからない
それでも21:30頃にはあきらめ、他のポイントを見に行ってみることにした。

fumei01.jpg

22:00頃に別のポイントに移動してきたが、釣り客はたくさんいるが全員エサ師だ。
う~ん、エギングアングラーが居ないのなら、釣れないかもしれないな・・・
いちおう1時間ほどやってみたけど、全然反応が無いのでアオリイカ狙いは終了、ヒイカ狙いに移行することにした(笑)



昨年Sさんに教えてもらったポイントで、ヒイカを狙ってみるが・・・1時間以上やっても全然バイトが出ない(泣)
うう~ん、まさかヒイカの方が釣るのが難しいとは・・・
もう完全にイカはあきらめることにして、シーバスホームポイントまで大移動してしまうことにした。


mpm235.jpg

2:00頃、シーバス狙いのホームポイントに移動してきた。
アオリ狙いもオールシーバスタックルだったので、スプール(ライン)を変えるだけですぐシーバス狙いに移行できます!
先週来たときはすこぶる反応が悪かったが、今夜はどうなのだろうか・・・しかも上げ潮だし。

とりあえず、5cm自作バルサペンシルで、ブレイクの上をドッグウォークで探ってみることにした。


ポチュッ!

ジュポッ!

ポンッ!



m254_20.jpg
m255_20.jpg
m256_20.jpg

立て続けに3尾ゲットしたけど、すべて20cmくらいのチビセイゴでした
活性は高いみたいだけど、大きいのは居ないみたいだ・・・

回遊を待てば釣れるかもしれないけど、さすがに体が疲れてきたので、今夜はこれで終了することにした。

mpm187.jpg

まさかアオリイカ狙い初釣行で、いきなり釣れてしまうとは思ってませんでした。しかも短時間で
シーバスをルアーで初めて釣るまでには、一年以上かかったというのに・・・(汗)

ただ、これからもアオリイカを狙い続けるかどうかは微妙なところです。
やっぱり、シーバスのが面白いですからね!私は(笑)
でもやっぱり、釣りの幅が広がったのはほんとうによかったです。


本日のタックル(アオリイカ)
ロッドハンタウェイ HT-852LL(メジャークラフト)
リール12ヴァンキッシュ C3000SDH(シマノ)
ラインオクタノヴァ 8X 0.6号13.1lb(ラパラ)
リーダートヨフロンLハード 2号(東レ)
餌木アオリーQ 大分布巻 3号(ヨーヅリ) 他

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】ラパラ オクタノヴァ 8X 0.6号(13.1lb)-150m
価格:2797円(税込、送料無料) (2016/11/13時点)


  1. 2016/11/13(日) 05:57:43|
  2. その他の釣り
  3. | コメント:2

三河湾概況(2016年11月第1週)

体調不良が一か月近く続いてまともな釣りができず、またポイント状況調査から再出発です(泣)

んで、あるポイントでは2時間くらいで20尾くらい釣れました!
・・・と書くと聞こえはいいのですが、サイズは15~35cmのチビセイゴばかりでした

m253_25.jpg

例によってトップにしか反応しない状況でしたが、やっぱり自作5cmバルサペンシルのほぼ独壇場でした
我ながらシーバスルアーとしては会心の出来なので(笑)、他のアングラーの方々にもおすすめしたいところですが・・・
5cmバルサペンシル量産版?製作という記事は書いてますが、エアブラシなど工具をお持ちでない方にはすすめられません。

そんなわけで市販品で代用になるものはないかと探してみたのですが、このルアーが一番反応が良かったです。


http://www.smith.jp/product/trout/paludum/paludum.html

スミスのパルダムというルアーで、なんと極めて珍しい、エリアトラウト用のペンシルベイトです。
バルサ製の私のペンシルベイトほどは動きませんが(笑)、ウッド製なので動きは悪くないです。
ただ問題はシングルフックで全然乗らないので(泣)、私は#12のトリプルフックに交換しましたが、まだ浮きます。
汽水・海水なら細軸#10でも浮きそうな感じでしたので、シーバス用途でも使えそうです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス パルダム グリーンバッタ 04
価格:1749円(税込、送料別) (2016/11/6時点)



さて週末にはガイド釣行をしてみたんですが、そもそも魚が見えてないのでガイドもクソもあったもんじゃありません
ホームポイントに至っては激澄み状態で、これは急激な水温低下があったんだろうな・・・
まるで清流のようで、飲めそうなくらいでした。ほんとに飲んだらたぶん死ぬけど(爆)
ホームはチビセイゴのバイトだけで全然ダメで、ポイント移動してなんとか33cmを釣ってもらいましたが、それっきりです(泣)

m166_35.jpg
写真は撮ってないので、イメージです(笑)


この時期に限らず、ルアーで全然バイトが出ないと「魚が居ない」と言って帰ってしまう人は多いんじゃないでしょうか?
しかし秋シーズン、三河湾エリアのまともな場所なら、ほんとはシーバスはうじゃうじゃいるんですよね。
ルアーしかしない人は信じられないかもですが・・・

私はルアー歴より、青虫でエサ釣りしてた時期のが長いので、そういうことは良く知ってます
しかしエサ釣りで入れ食いになるレンジのシーバスを、ルアーで狙うのが非常に難しいのですね・・・
さらにその中で、ルアーに反応してくれる個体は1/100くらいしか無いかもです

なので「魚が居ない」というのは間違いで、正確には「ルアーで釣れる魚が居ない」ということです。
もしくは、村岡さんが昔言ってましたが「『俺の腕では』が抜けてる」ということですね(笑)

セイゴ

まあ言い換えてしまえば、秋シーズンにエサ釣りでセイゴを狙って、釣れない人は相当ヤバいということです
だいたいそういう人は、ウキ下(レンジ)が全然ダメな人が多いですからね・・・
私はルアーよりもはるかにエサ釣りの知見のが多いので、ダメな釣り方は一瞬で見抜けます(笑)


まあレンジに関しては私もトップばかり使ってるとか(汗)、全然人のこと言えた義理じゃないんですが・・・
この1/100の確立を上げることさえできれば、もっとルアーによる釣果が増えるんじゃないかと思います。
もっとも三河湾エリアの場合、型は全く選べませんけどね


hiika_03.jpg

さてシーバスも釣れないし、そろそろあっちに浮気しようかな・・・(謎)

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/11/06(日) 04:53:03|
  2. マダカ(シーバス)釣行記
  3. | コメント:2

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【4件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (198)
ナマズ釣行記 (27)
遠征釣行記 (35)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
その他の釣り (3)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (35)
タックル (52)
ロッド (11)
リール (20)
ライン (6)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (14)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR