マダカ(シーバス)をルアーで狙っています

ソルトルアーインプレ : タックルハウス ローリングベイト55

製品名:ローリングベイト55
メーカー:タックルハウス
タイプ:バイブレーション?
重量他:8g

http://www.tacklehouse.co.jp/product/rb_ul.html

rb55_03.jpg

かなり久々となるソルトルアーインプレッションですが、今回はタックルハウスのローリングベイト55です。
以前にローリングベイト66をインプレしてるので、ローリングベイトとしては2回目になりますね。

ローリングベイト55は比較的最近発売されたルアーで、発売年はたしか2015年か2016年頃だったかと思います。
ただでさえ良く釣れるローリングベイト77や66のダウンサイジング版なので釣れないわけがなく(笑)、私も手放せないルアーです。
何しろ、ホームポイントで80UPを出せたのもこのローリングベイト55のおかげでしたからね

m237_81.jpg

さてこのローリングベイト55ですが、66のインプレでも書きましたがひたすらローリングアクションするルアーです。
ふつうローリングアクションをするミノーやシャッドなんかは、ファストリトリーブするとウォブリングが入って激しく暴れてしまいます。
しかしこのローリングベイトは、速く引いてもダウンストリームの中でもローリングアクションを失うことがありません!

ローリングベイトにはもう一つ小さいサイズの48なんてのもありますが、こちらはたった4.8gしかなくてシーバスタックルだとややつらいです
しかし55は8gあるのでライトアクションのロッドはもちろん、MLクラスでも使えるだけの重量があって使いやすいです。
まあ、飛距離を出そうと思ったらライトアクションのロッドを使った方がいいですけどね

rb55_02.jpg

この55のサイズが生きるのは何といってもマイクロベイトパターンの時ですね。
66や77でもマイクロベイトにはけっこう強かったですが、55になってさらに強くなったので攻略の幅が広がりました。
まあベイトが2~3cmだとさすがに厳しいですが・・・

ローリングベイト全般で言えることですが、通常のバイブレーションと比べると浮き上がりが極めて良いです。
そのためドシャローでも根掛かりしにくいですし、ドシャローに逃げてゆくベイトを演出することもできますね。
ローリングベイト55は、77や66と比べても特に浮き上がりが良いため、表層を高速で探るのに向いています。
深場を攻めるのにはまったく向かないですが、クッソ浅いところばかりで釣りをする私にとっては欠かせないです

私のホーム周辺で特に強いのはコボ(ボラの稚魚)がベイトの時です。
コボのサイズが小さい時期なんかは普通の7cm以上のプラグは全く見向きもされませんが、トップとロリベ55だけは別です。
なので私の場合、明暗部をトップとロリベ55で探って反応が無ければ、シーバスは居ないものとして移動してしまいますね(笑)



基本的な使い方としては特に何も考えずに、キャストして着水したら巻いてくるだけでOKです(笑)
(もちろん、明暗の境であったり瀬の上だったりの「変化」を攻める必要はありますが・・・)
ただあまり速く引くと水面から飛び出したりしてしまうので、竿先の高さなどでレンジを調整する必要はありますけどね。
他には、ボトムまで沈めてから一気に巻き上げてくるというバイブレーションのような運用方法もあります。

rb55_04.jpg

ちょっと変わった運用法としては、ジャーキングによるリフト&フォールという使い方もあります。
基本的にはバイブレーションのジャーキングと同じですが、ロリベ55ならこれをやっても根掛かりしにくいです。
これは特に、スレてしまってただ巻きでは食わないシーバスなんかに有効ですね。
ただやっぱり鬼のように浮き上がりが良いので、至近でジャークしたりして水面から飛び出して、自分が釣れないように気を付けましょう

rb55_06.jpg

おすすめのカラーは特に指定は無いですが、背中と胴体の色、または腹部と胴体の色が異なるカラーがおすすめですね。
とにかくローリングするルアーなんで、シーバスが下から見た時背中の色がチラチラッと見えるような感じになって良い感じです。
しかしまあ、特に色の変化が無いレッドヘッドでも普通に釣れるので関係ないかもですが(笑)
オリジナルのカラーラインナップはやや貧弱ですが、1091カラーなんかも出てるので選択肢はあるかと思います。

残念なことに66以上のサイズにはある、「プレートプラス」はまだ出てないみたいですね・・・
あったらめちゃめちゃ釣れそうな気もするんですが、サイズ的に難しいんですかね?

rb55_07.jpg

ローリングベイト55の最大の弱点と言えば何といってもこのフックで、ST-36TN #12という小さくて超弱いフックが標準です
私はたまたまこれで80UP上がりましたが運が良かっただけで、下手すりゃ30cm台にすら曲げられてしまいますからね!(泣)

なので私は最近、がまかつのダブル12の#8に交換してしまうことが多いです。
ダブル12はオーナーSD-36などより開き角が大きいので魚の掛かりは悪くないですし、#8にすることで曲げられる確率が減ります。
フック重量としてはST-36TN #12とスプリットリングの重量を足したものとほぼ同等なので、ローリングアクションを損なうこともありません。
もちろん、根掛かりのリスクも低下するのでけっこうおすすめです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がまかつ ダブル12
価格:388円(税込、送料別) (2019/5/28時点)




rb55_08.jpg

ロリベ66の記事でも書きましたが、私はかつてローリングベイトを「全然釣れないルアー」として二軍落ちさせてた時期もありました。
それはかつてはローリングベイトを深場用のルアーとしてバイブみたいな扱いをしてたのが、釣れなかった一番の理由だったんですよね。
ローリングベイトは表層を狙うルアーとして、三河湾エリアみたいなシャローで使うと非常に有効です。
もし昔の私みたいに「ローリングベイトは釣れない!」という方がいらっしゃいましたら、だまされたと思って表層ファストリトリーブを試してみて下さい!


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/28(火) 00:38:15|
  2. ソルトルアーインプレッション
  3. | コメント:2

ソルトルアーインプレ : スミス パルダム

製品名:パルダム
メーカー:スミス
タイプ:ペンシルベイト
重量他:3g


pal02.jpg

http://www.smith.jp/product/trout/paludum/paludum.html

すみません、「ソルトルアーインプレ」のコーナーですが、これはソルトルアーではありません
これはスミスのパルダムという、珍しいエリアトラウト用のウッド製ペンシルベイトです。
なお私は、エリアもトラウトも全く経験したことが無いので、そっちで釣れるかどうかは知らないです(笑)

私がこのルアーを購入したのはたしか2~3年前でした。
その前の年、私のホームポイント周辺では自作5cmペンシルベイトが猛威を振るい、極小ペンシルベイトの有用性を強く認識しました。

jp01.jpg

しかし問題は、このルアーは自作しないといけないというのが一番の大問題でした。
もともとずぼらな性格なので作るのは超めんどくさいし、ルアー製作はラッカーがかぶらない冬まではすることができません。
作成工程は完全に公開してはいますが、エアブラシ持ってない人におすすめすることもできませんからね。
金を出せば買える市販品があるなら、それが一番なんですよね・・・

しかしながら、5cm以下のミニマムなペンシルベイトなんてシーバスルアーはもちろん、バスルアーにすら存在しません
メバル用のペンシルベイトならあるんですが、メバル用はプラルアーなので動きが悪く、自作バルサペンシルの代替にはなりません。
そんなわけで色々探したところ、ウッド製のこのパルダムに行きついたのでした。

ところで、小さなルアーでシーバスを狙うことに否定的な人はけっこう居るかと思います。
実際、私のホーム周辺ではチビセイゴ狙いで極小ワーム使ったりしてるアングラーも多いんですよね・・・

bora_01.jpg

しかしながら、大きいシーバスであっても、小さなルアーにしか反応しないという状況は往々にしてあるんですよね。
例えば初夏のシーズン、4~5cmのボラの稚魚がシャローに押し寄せてくるタイミングで、シーバスのボイルが頻発する時があります。
こんな時、港湾部で一般的な9cmミノーどころか、シーバスルアーとして最小クラスの7cmミノーでも全然釣れません(泣)
こういったマイクロベイトパターンや、状況が悪くて激渋な時はこういった極小ルアーじゃないとどうにもならないケースが多いです。
特に三河湾エリアは、他の地方と比べてすべての魚のサイズが小さい(シーバスも・・・)ので、その傾向はなおさらです。

なので私は、小さなルアーで小さなセイゴを狙っているわけではなく、その日のシーバスの嗜好を探るパイロットルアーとして使用してます。
まあ結果的に、お呼びじゃないチビセイゴが先に食ってきてしまうことが多いのですが・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パルダムPaludum <スミス/SMITH>【〇ゆうパケット便可】
価格:1644円(税込、送料別) (2018/11/29時点)


さてこのパルダムは、たった3gしかないペンシルベイトです。
なので正直、かなりライトなシーバスロッドを使用しないとキャストはしにくいです(笑)
ただペンシルベイトは後方重心なので飛行特性はいいですし、私は下限5gのシーバスロッドでも普通に使ってます。
といってももちろん、飛距離はせいぜい25mくらいが限度ですかねえ・・・

pal06.jpg

塗装が剥げたところから見えている通り、このパルダムはウッド製です。(フックがえらい錆びてた・・・)
ただスミスが明記してないため、木材の種類は何なのかわかりません
だいたいルアーメーカーは、バルサ製であればそれを売り物にして明記するので、「ウッド製」と言えばたいていバルサ以外の木材ですね。
アガチスやヒノキなどのハードウッドよりは軽い感じがするので、桐とかファルカタとかそのあたりですかねえ・・・?
なおアイの金具はかなり細いので、おそらくヒートンではないと思われます。(貫通ワイヤー?)

ペンシルベイトなのでもちろん水に浮きますが、浮き姿勢は斜め浮きとなっています。
垂直浮きに近くてバルサ製の私のペンシルベイトと比べるとやはり動きは劣っていますが、それでもプラ製よりは断然動きはいいです。
ダウンストリームでも引きが重くなり過ぎず使いやすいという点では、自作バルサペンシルより勝っていますね。

pal04.jpg

このベリーフックまわりの塗装の剥げ具合から、いかに良く動くルアーかがわかるかと思います

ちなみにデフォルトの状態では、エリアトラウト用らしくシングルバーブレスフックが使用されています。
ところがこのシングルフック、口が大きいシーバスはほんと全然乗らないんですよ・・・

このフックの選択が悩みの種で、上の写真ではトレブルRB MH #12を装着しています。
もともと淡水用のルアーなので余浮力はかなりあるため、トリプルフック#12でも十分浮きます。
しかしロングシャンクのトレブルRBだと、サミングミスした時などにベリーフックとテールフックが絡むことが多いです(泣)

pal03.jpg

そんなわけで最近は、がまかつのダブル12の#8を試しています。
ダブルフックなので乗りは少し悪くなりますが、フックの軸も太くできるのでなかなかいい感じです。
がまかつダブル12は、ダブルフックですが開き角が大きいのでかなり気に入ってます!
最近は、あまり売ってないですけどね・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がまかつ ダブル12
価格:388円(税込、送料別) (2018/11/29時点)



さて私のパルダムの使い方ですが、主に使用する場所は岸近くのドシャローや、岸際ギリギリです。
なので飛距離が出なくても全く問題は無いんですよね(笑)
一番実績があるのはアップストリームでキャストし、ドシャロー帯に向けて高速ドッグウォークというパターンです。
パルダムに限った話ではないですが、ドシャローに追いつめられるベイト・・・を演じられるようなコースを取れるとベストですね。

m337_70_2.jpg

今年(2018年)は、破損したりロストしたりした自作5cmバルサペンシルに変わって、パルダムが大活躍でした。
7月には70cmジャストを釣り上げてますし、秋以降はボウズの日が無かったというのもパルダムのおかげです!
まあ、秋以降はチビセイゴ地獄ではあったんですけどね・・・

動きとしても釣果にしても自作5cmペンシルには及ばないのですが、市販品としてはこれ以上のものはないと思ってます。
正直、下手したらエサ釣りよりも釣れるルアーなので(笑)、マイクロベイトパターン用に持っていても損はないと思います!


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/12/15(土) 22:54:01|
  2. ソルトルアーインプレッション
  3. | コメント:4

実績あるのに二軍ルアー?紹介!

さて前回の記事で三河湾エリアのホームポイントの終了宣言をしました。
そんなわけで先週末はセカンドポイント、サードポイントに行ったんですが、こっちも終わってました・・・
いちおうトップでチビセイゴのバイトだけは拾ったんですが、これはもう完全終了かもですね。

omote17.jpg

そして、まだ早いとは思いつつも我慢しきれず、表浜に今年初釣行しました
しかしナブラも全く無く、やっぱりノーバイトで終了しました。記事にもならん・・・(泣)
風速10m/s以上でバックスイングもままならないほどクソ寒い中、これはもう苦行としか言えません

んで、渥美半島から朝帰りする時の本当の試練は、国道259号線(通称地獄線)、国道42号線(通称死に線)にあるんですよね・・・
だいたい、農家の軽トラが制限速度をはるかに下回る速度でゆっく~り走ってくれてるので、マジたまんないです
この日も、こんな場面に遭遇しました。



気持ちはわからんでもないけど、その追い越しはいくらなんでもダメでしょ。
ドラレコ付けてるだけで、どんどん危険運転の動画が撮れていく愛知って・・・



さて、ルアー歴が10年以上(実質8年だけど)ともなるとかなりルアーもたまってくるのですが、当然一軍ルアー、二軍ルアーと分かれてきます。
ルアー休止期間中に相当数ヤフオクで売っぱらったんですが(汗)、再開してからまた徐々に増えてきてしまいました・・・

2gun_00.jpg

二軍ルアーは段ボール箱にポイしてますが、これでも二軍ルアーの半分くらいです
今回はこの中から、実績があるけど二軍という不遇なルアーを紹介したいと思います!
ひょっとしたら、ご覧になってる方々のバリバリ一軍ルアーもあるかもしれません(笑)


◇ スライドスイムミノー85(ジップベイツ)

2gun_01.jpg

ブルースコードと同じく、珍しい重心移動式のシンキングペンシルです。
飛距離はかなり出るんですが、ブルースコードほどは飛びません。
しかしブルースコードほど比重が高くなく浮き上がりも良いため、特に激浅のY作川水系で活躍してました。
動きはシンキングペンシル特有のフラフラ系です。

しかし問題は重心移動のマグドライブで、シャフトが劣化?したのか、重心が非常に移動しにくくなってしまいました(泣)
ダイワのショアラインシャイナーとかと同じ方式(たぶん作ってる場所も同じ)なんですが、こんなことになったのはスライドスイムミノーだけです・・・
よく釣れたプラグだっただけに、これは本当に惜しいと思います。


◇ コモモSF-90(アムズデザイン)

2gun_02.jpg

コモモSF-125のショートバージョンですが、多分にTKLMを意識している感じがします
動きはTKLMと同じくローリング主体のウォブンロールで、レンジもTKLMとあまり変わりません。

飛距離もかなり出るし普通に釣れるんですが、TKLMを持ってるので、このルアーの必要性が全くありませんでした
まあアイマ専属プロとかだったらTKLMを使えないので、使う意味はあるんでしょうけどね・・・
もしTKLMをロストしたら、代わりに持って行くとは思います(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイマ(ima) コモモ SF-90 #KM90-015 ゴールドイワシ
価格:1799円(税込、送料別) (2017/11/30時点)



◇ ポケッツ ペンシルF55(マリアオフィス)

2gun_03.jpg

5.5cmのかなり小ぶりなペンシルベイトです。
動きも悪くなく、距離の短い首振りで素直に動いてくれる使いやすいペンシルベイトだと思います。
また小さいので、ベイトが小さい時でも食いは良いです。

ただ気に入らないのは、ラトル音がゴトゴトうるさすぎるんですよね・・・
まあ釣れるときは釣れるんですが、釣れない時は釣り場にラトル音が響いて、これが原因で釣れないんじゃないか?と思ってしまいます
また釣れっぷりではバリバリ一軍のTDペンシル70Fを超えることができませんでしたので、結局お蔵入りしてます。
ちなみにラトルは、穴をあけて接着剤を流し込んで固定してしまいました


◇ モルモ80(アムズデザイン)

2gun_04.jpg

リップが垂直に立った、フローティングシャローランナーです。
動きはほぼローリングで、ほとんど潜らずに水面直下で引き波を立てながらアクションします。
三河湾に流れ込む某小河川での初釣果(68cm)をもたらしてくれたのもこのルアーでした。

しかし、買った時に想定していた動きと全然違っていたというのが、使う機会が無い一番の理由です
ファットな体型でリップが垂直に立ってるので、エスフォーみたいな水面ウォブリングを期待して買ったのですが、なんとローリング・・・
ローリング系のシャローランナーは有り余っているので、モルモ80を選択する必要が無いのです
ただここで紹介したルアーの中では一番使っているので、1.8軍くらいでしょうか(笑)


◇ アスリート9S(ジャクソン)

2gun_05.jpg

「実績あるのに二軍ルアー」のラストは、なんとあの名作、ジャクソンのアスリート9Sです
アスリートは「基本的には」(後述)ローリングアクションで、スレた魚を獲っていくには非常に優れたミノーです。
私が知りうる限り最もスレている名古屋港の○○橋ですらも、キャスト一発で出るほどの実力を秘めています。

ところが問題は、たまにウォブリングがやたら強い個体があるということです(泣)
私が常用してるアスリート7Sではハズレ率は低めですが、9Sではかなりの確率でハズレを引いてます・・・
ただまあ、そういう個体であっても普通に釣れるんですが(笑)、ルアーローテからは外されがちになりますね。
ウォブンロールならビーフリーズ、ウォブリングだったらカウントダウンもあるわけだし、使う理由がありませんからねえ。


m41_25.jpg

以上、優れたルアーなのにわりと自分勝手な理由で二軍になってるルアーたちでした
ただここで紹介したルアーは、もっとも一軍に近いルアーとも言えます(笑)
過去には、全然釣れなくて二軍落ちしてたローリングベイトがバリバリ一軍に昇格した例もあるので(汗)、たまには使って行こうと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャクソン アスリート 9S
価格:1652円(税込、送料別) (2017/11/28時点)

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/01(金) 22:01:36|
  2. ソルトルアーインプレッション
  3. | コメント:2

ソルトルアーインプレ : ダイワ T.D.サイレントバイブレーション106S シーバスチューン

製品名:T.D.サイレントバイブレーション106S シーバスチューン
メーカー:ダイワ
タイプ:バイブレーション
重量他:14g


tdv01.jpg

ダイワの、T.D.サイレントバイブレーション106S シーバスチューン、いわゆる「TDバイブ」です。
残念ながら、「シーバスチューン」は現在は廃盤となってしまっています(泣)

原型となったT.D.バイブレーションは、加藤誠司さんの設計で、日本の中空バイブの原型とも言えます。
(海外バイブの基本型だとラトルトラップ・・・かな?)
ジャクソンのアスリートバイブや、私がよく使うコーモランのプライアルバイブも、TDバイブと基本構造はほとんど同じですね
ただ最近は、ソルト用ではこの形状のバイブレーションは少なくなってきてますが・・・

tdv06.jpg
↑ジャクソンのアスリートバイブですが、キャストすると回転するのでお蔵入りしてます(泣)

さてこのオーソドックスな形状のTDバイブですが、比較的ゆっくりリトリーブしても良く動くのが特徴です。
またファストリトリーブすると激しく振動するため、魚へのアピール力も非常に高いです。
そのためナイトゲームでゆっくり見せて食わせたい場合や、活性の高い魚をテンポよく釣っていくには非常に優れています。

しかし中空なので、最近流行りの鉄板や、ソリッドタイプなどのバイブレーションと比較して沈むのが遅く、浮き上がりもやや早めです。
そのためドン深の釣り場でボトム付近を探るのにはあまり向いていませんが、あんまり深くない釣り場であれば、根掛かりせずに探れるといった利点があります!
もっともそういった釣り場では浮き上がりの早いローリングベイトを使うという手もありますが、普通のバイブじゃないと食ってこないというケースもよくあるんですよね・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス ローリングベイト 66 RB66 その1
価格:1447円(税込、送料別) (2017/11/16時点)



私がよく使うのは14g(1/2oz)の106Sです。
1/2ozクラスのバイブレーションなら、ライトタックルでもミディアムライトタックルでも使えるので重宝してます。
バイブの主流と思われる21g(3/4oz)はライトタックルだとカツカツなので、ほとんど使ってません
あとこのサイズなら、ベイトが小さい場合でも食いが良いんですよね。

海外(おもにアメリカ)のバイブや、激安のカゴ売りバイブ(プライアルバイブ除く)は、キャスト時に回転してしまったりするものも多いですが、TDバイブはまず回転することはありません。
(ルアーが回転するのはたいていキャストに問題がありますが、粗悪品はどう投げても回転します・・・)
適当に投げても普通に飛んでいくので、誰が使っても使いやすいバイブだと思います。

tdv02.jpg

この手のバイブは頭部に水受け面が持たせてあって、先端には小さなくぼみが設けられています。
バイブレーションの構造上、水受け面は無くても振動するはずですが、浮き上がりをできるだけ抑えるためでしょうかね?

(2017/11/24 追記)
頭を下げて腹をできるだけ浮かせて、根掛かりを防ぐためかもしれませんね。
実際のところ、水受け面の無いレンジバイブなどと比べて根掛かり率は低めです。


tdv04.jpg
バス用のTDサイレントバイブ(18g)

かつてTDバイブは、ラトル入りは普通の目玉、ラトル無し(サイレント)は赤い目玉となっていて、見分けができるようになってました。
しかし今売ってるTDバイブは、そういう区分けは無くなってしまったみたいですね・・・
もっともバス釣りはやらないので、詳しいことは全然わからないんですが


もう無いですが、シーバス用TDバイブはすべてサイレントモデルだったと思います。
シーバスのラトルの有無は賛否両論あるかと思いますが、私自身としてはラトル入りバイブでシーバスを釣ったためしがありません
しかしラトルがうるさいペンシルベイトや、重心移動球がガタガタうるさいミノーでは普通に釣れてるので、たまたまなのかもですが・・・
でもやっぱり、ラトルが無い物の方が私は好きです(笑)

tdv05.jpg

下のバイブは、かつて私の最主力ルアーだった、コーモランのプライアルバイブレーション(JV60S)です。
こうやって並べてみるとパクリ…いや、よく似てますが(爆)、コーモランの方が少し小さいですね。
重量は同じなので、プライアルバイブの方が高比重ということになります。
実際のところ飛距離などに大きな違いは無いですが、TDバイブの方が少し浮き上がりが早く、良く動きます。

tdv03.jpg

写真にあるとおり、中空バイブの宿命で、ストラクチャーにぶつけた際に割れてしまってます(泣)
瞬間接着剤とセルロースセメントでコーティングして、浸水も無くなんとか使えてますが・・・
良く釣れるのにもかかわらず、もう廃盤ということで、ロストが怖くてあまり使えていません。
まあだからこそ、手に入りやすいコーモランの方にお鉢が回ってくるのですが・・・
プライアルバイブはカラーバリエーションがあまりにも貧弱で、こういうチャートカラーは無いから困るんですよね

現在ダイワからは、安い中空バイブとしてはシーバスハンターバイブというのが出てます。
でもあれって、形状からしてパシフィックバイブの型を使ってるんでしょうねえ・・・パシフィックバイブ、釣れたおぼえが無いです
TDバイブのシーバスチューン、ぜひとも復活させてほしいです!!!

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/17(金) 20:05:50|
  2. ソルトルアーインプレッション
  3. | コメント:2

ソルトルアーインプレ : 邪道 スーサン

製品名:スーサン
メーカー:邪道
タイプ:シンキングミノー
重量他:7g, 重心移動

su-san03.jpg

http://www.ja-do.jp/product/muraoka/susan/index.html

言わずと知れた人気ルアー、邪道のスーサンです。
東京シーバスネットの村岡さん監修で、発売は2008年ごろだったと思います。

スーサンの発売前に、DVD「村岡正憲シーバススタイル」でプロトタイプが登場し、村岡さんがスーサンでポンポン釣り上げてました。
こりゃ、発売されたら入手難になるだろうな・・・と思ってたら案の定、当初は入手困難ルアーになりました


私はそういった流行に流されるのが嫌なので(笑)、普通に入手できるようになった翌年に買いました。
しかし常用するには至らず、1.5軍ルアーとして持って行ったり持って行かなかったりでした。
というのも・・・

athm7_05.jpg

アスリート7Sと完全に、アクション・レンジ・サイズがかぶってしまうので、両方持ってく必要性が無かったんですね
村岡さんの釣行記を見てても、アスリートを使わなくなったのはスーサン開発以降なので、アスリートにはかなり影響を受けてたんだと思います。

そんなわけで私は、アスリートよりほんのちょっと遠くに飛ばしたいという場合にのみ、スーサンを使ってました。
しかし一昨年くらいから、ようやくながらもスーサンが一軍入りし、よく使うようになりました。

これも理由は単純で、釣具店でアスリートよりスーサンのが入手性が良くなったということに尽きます(笑)
よく釣れるルアーなのにも関わらず、ほんと最近はアスリート売ってる店が少なくなりました
釣具店の入荷担当のセンスがないのか(爆)、ジャクソンがあまり作ってないのか不明ですが、ほんと頼みますよ・・・
(最近、イシグロはまたアスリート7Sを売り出したみたいですが・・・)


su-san04.jpg

さて話をスーサンに戻しますが、スーサンはリップレスシンキングミノーです。
発売当初は、同類のルアーはTKLMシンキングワークス、サスケSS-95くらいしかなかったんじゃないでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アムズデザイン サスケ SS-95 #SKS116 ライムヘッドクリアー ima...
価格:1465円(税込、送料別) (2017/7/17時点)


アクションはアスリートと同じくローリング主体ですが、重心移動方式なのでアスリート7Sより飛距離は出ます。
といっても7gなので、ぶっ飛ぶというほどでもないですけどね。

シンキングミノーですがリップレスなので、浮き上がりはかなり早いです。
そのため深いレンジを探るのには向いてませんが、シャロー周辺を探るのには非常に優れています。
特に三河湾エリアは、足元の水深が30cmしかない場所も多いので、スーサンは使いやすいですね

使い方としては、ブレイクのショルダーの向こうにキャストし、任意のレンジに沈めてリトリーブすればいいです。
私の場合は、スーサンはほぼ100%、トゥイッチを入れながらリトリーブしてます。
アスリート7Sと同じく、ただ巻きでも釣れますがトゥイッチ入れた方が食いが良いですね。

su-san05.jpg

スーサンのいいところは、ダウンクロスになっても暴れにくいという点です。
例えば橋下明暗部でドリフトさせながら流し込んだ場合、暗部でU字を描いた後はルアーが水の抵抗を強く受けます。
こんな時、動きの大きいリップ付きミノーだと激しく動いてしまい、スレた魚はヒットしません(泣)
しかしスーサンなら、激しく動くことが無いのでダウンクロスでもヒット確率はかなり高いです!

そんなわけで私の場合は、明暗部で小さなトゥイッチを入れつつスローリトリーブ、というのが鉄板になってます。
しかしこのメソッドは問題点がありまして、ボラが異常に釣れるという大問題を抱えてます
ボラも、ただ巻きでは食ってこないんですけどね・・・

su-san06.jpg

ちなみにラインアイについてるスプリットリングは、スナップ使う場合は取るのが常識です。
しかしこのスーサンは、リングがついてること前提で設計されてるらしく、スプリットリングはつけたまま使用するのが正しいようです・・・
いちおうリングつけてますが、暗闇でのルアー交換がやりにくいので、本当は取りたいです

スーサンのオリジナルのフックは、ST-46 #10となっています。
しかし一時期、どういうわけかST-36TN #6と思われるフックが装着されたスーサンが出回ってました
これを購入したことがありましたが、明らかにローリングアクションが悪くなってて、すぐST-46 #10に交換してしまいました。
今は普通に、ST-46 #10に戻ってますね・・・何だったんでしょうか?

交換フックとしてはST-46 #10以外だと、トレブルRB M #7、デコイY-S21 #8あたりが近い重量となっています。
軽くなる分にはローリングアクションに影響は小さいので、ST-31 #8でもいいと思います。

su-san07.jpg

ベイトが小さくて9cmルアーでは食ってこない、ドシャローなので潜るルアーは使えないなんて場合に役に立つルアーです。
私もまともに使い始めてあんまり年月が経ってないのですが、これからは使う機会が増えると思います。
何せ、アスリートよりもちょっと安いですからね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ja-Do 邪道 スーサン SU-SAN
価格:1315円(税込、送料別) (2017/7/17時点)

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/20(木) 21:48:43|
  2. ソルトルアーインプレッション
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bara

Author:bara

三河湾エリアおよび、たまに名古屋港でマダカ(シーバス)をルアーで狙っています。
ただしマダカ釣りを3年ほど休止していたので、また勉強し直しです。

かつてはナマズ釣り(トップ専門)にもハマっていました。そんなわけでこのブログではナマズ釣行記もアップすることがあります。
正直、マダカより面白いと思うこともしばしば・・・(汗)

最新記事

最新コメント

過去ログ +

2019年 06月 【2件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【4件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【3件】
2018年 09月 【4件】
2018年 08月 【5件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【6件】
2018年 04月 【5件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【6件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【6件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【6件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【4件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【6件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【6件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【5件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【15件】
2014年 09月 【12件】
2014年 08月 【9件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【5件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【7件】
2013年 02月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【21件】
2012年 08月 【5件】

カテゴリ

マダカ(シーバス)釣行記 (214)
ナマズ釣行記 (28)
遠征釣行記 (42)
筏・カセ釣り (5)
へら釣り (12)
コイ, ソウギョ等 (12)
イカ釣行記(餌木) (3)
その他の釣り (1)
思い出の釣行 (7)
ソルトルアーインプレッション (36)
タックル (54)
ロッド (12)
リール (20)
ライン (7)
フック (4)
その他用品 (11)
リールのメンテ・改造 (10)
パターン, メソッド(シーバス) (16)
ナマズ講座 (5)
ルアー製作 (5)
電子工作 (2)
雑多ジャンル (4)
未分類 (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR